Engadget Japanese

トヨタ、自動運転の「Parallel Domain」に出資 公道を走らず試験できるシミュレータを提供

1日 1時間 ago
Parallel Domainは自動運転ソフト開発のためのシミュレーションを提供するスタートアップだ。自動車メーカーはシステムを利用してVR空間で自動運転車を走らせ、挙動を確認することができる。今回Costanoa Venturesがリードし、Ubiquity Venturesなどが参加した今ラウンドでParallel Domainは265万ドルのシード資金を得た。このラウンドで新たに獲得した投資家にToyota AI Venturesが含まれていることが分かった。 Toyota AI Venturesnの創立マネージャー、ディレクターのJim Adlerは「Parallel Domainはテクノロジーが優秀であるだけでなく、チームにも強い印象を受けた。彼らは自動運転車が路上で安全に走行するために必要な課題について明確なビジョンを持っており、同時にそれらを解決する能力がある」」と書いている。 Parallel Domainのプラットフォームは現実の地図情報を用いて、その上にアルゴリズムで他車を含むさまざまな交通状況を設定する。ユーザーはシミュレーションによって自動運転車がどのように走行するか、また自動運転ソフトウェアがどのように学習するかを知ることができるという。シミュレーションであるため重大なミスがあっても全く安全だ。VR世界の要素はすべてプログラム可能であり、レーン数、カーブの曲率、路面状態、地形などを必要に応じてカスタマイズできる。 Parallel Domainのビジネスモデルはこのプラットフォームを自動車メーカーに販売するというものだ。メーカーは3Dで仮想現実を構成し、そこで自社の自動運転車をテストすることができる。今月、スタートアップのファウンダー、Kevin McNamaraはLinkedInに次のように投稿している。. 自動運転車のテスト走行距離は毎年何百万キロにもなっている。自動運転車の安全性を高めるのは緊急の課題だ。シミュレーションはソフトウェアを改良すると同時にテスト運転に伴う危険性を減少させるために非常に有効な手段だ。自動車メーカーは資金や人員などのリソースを自動運転車のエンジニアリングそのものに集中できる。今日〔シード・ラウンド〕の発表は、この目標の実現に向けてわれわれがさらに一歩を進めることができたことを意味する。 〔原文へ〕 (滑川海彦@Facebook Google+
TechCrunch Japan Staff

アップルが独自モデムチップを開発中?2021年以降のiPhoneに採用のうわさ

1日 2時間 ago
アップルはiPhone XSなどのA12 Bionicプロセッサをはじめ独自チップの開発と採用を拡大していますが、新たにモデムチップの開発に取り組んでいるとの噂が報じられています。 テクノロジー系メディアThe Informationによると、アップルは「モデムチップの技術者」を募集しているとのこと。iPhoneを含むスマートフォンを構成する部品の中でも最も複雑で高価とされるハードウェアまでも、アップルは自社開発を目論んでいる可能性が伝えられています。
Kiyoshi Tane

「文字入力できるマウス」が1万6800円で発売、翻訳も可

1日 3時間 ago
電子機器の企画や開発、製造販売などを手掛けるアイティーオーエスが、クラウド翻訳との連携機能を備えたワイヤレスマウス「翻訳しマウス」を発売しました。価格は1万6800円。 翻訳しマウスは2.4GHz帯のワイヤレスマウスで、6ボタン+ホイールを装備。バッテリーはUSBによる充電式です。対応OSはWindows XP/7/8/10。 本体にマイクを内蔵しており、専用ソフトと組み合わせることで、音声入力に対応。WordやSkype、各種SNSにその内容をテキスト入力可能です。 また、クラウド翻訳機能と連携し、音声入力した内容の翻訳もできます。翻訳は23か国語に対応しており、使用回数が増えるほど翻訳精度は向上するとのことです。 単に翻訳するだけであれば、Google翻訳やBing翻訳などを使えば済む話ではあります。それらでも、別途マイクを用意すれば、音声入力は可能です。 それでも、そのマイクを用意するのが手間であったり、翻訳せずに直接音声入力を行いたいような場合には、多少便利になるのかもしれません。 マウスに話しける様子が、傍から見ると少し異様なことが難点ですが。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

PayPay「100億円狂騒曲」ついに終幕、キャンペーンは13日限り

1日 15時間 ago
PayPayは、12月4日より実施していた「100億円あげちゃうキャンペーン」を、12月13日23時59分で打ち切ると発表しました。 本来のキャンペーン期限は2019年3月31日となっていましたが、「キャンペーンの還元額が100億円に達した時点で終了」と案内されていました。わずか10日間で100億円のキャンペーン原資を使い切ったことになります。 キャンペーン終了後の還元率は、通常レートの0.5%となります。 "100億円"が使えるようになるのは来年1月 「100億円キャンペーン」は、PayPayで決済したユーザー全員に20%を還元するほか、抽選で全額還元となるという内容。ビックカメラやヤマダ電機といった家電量販店が対象となっていたこともあり、SNS上では高額商品の購入報告や高額還元の当選報告が相次ぐ「プチバブル」状態となっていました。 今回のキャンペーンで出資された100億円の還元がユーザーに付与される(使えるようになる)のは、来年2019年1月10日。キャッシュバックは「PayPay残高」として付与されることになっています。 PayPay残高の口座出金機能は12月13日時点では提供されていません。キャンペーンの還元は、PayPay支払いで消費されることになります。 これはつまり、100億円が"PayPay経済圏"に一斉に投下されることを意味します。キャンペーン終了後、来年1月10日までの期間、PayPayは中小店舗向けの加盟店開拓を加速させることになるでしょう。 「PayPay狂騒曲」関連記事をもっと読む 還元率20%の衝撃──スマホ決済のPayPay、100億円バラマキでキャッシュレス市場に攻勢 還元率20%のスマホ決済「PayPay」を「LINE Pay」と比較する LINE Pay、20%還元のPayPayに対抗せず 「我々が戦っているのは現金、一緒に盛り上げよう」 まだまだ続くPayPayキャンペーン祭り押さえておきたいお得な裏技はコレだ! PayPayキャンペーン本日終了? 怪文書出回る。PayPayは「公表したものではない」と否定
石井徹(TORU ISHII)

アップルがヘルスケア製品に向け50人以上の医者を雇用か。深刻な医療問題にも取り組んでいるとの噂も

1日 16時間 ago
アップルが現在、Apple WatchやiPad、iPhoneに医療技術を統合するため、40~50人以上もの医師を雇用しているとの噂が報じられています。 米CNBCはビジネス特化型の大手SNSであるLinkedInの検索と独自の情報源により、同社に勤務する20人の内科医を見つけ出し、他分野も含めて50人もの医師がそこで働いていると突き止めたとのこと。 近年のアップルはApple Watch Series 4へのECG(心電図)機能の搭載など健康分野に力を注いでいますが、より深刻な医療問題に取り組んでいることも示唆されています。
Kiyoshi Tane

米警察、おとりのAmazon箱で「玄関先泥棒」検挙作戦展開中。その効果やいかに?

1日 17時間 ago
ニュージャージー州の警察が、アマゾンから届いた荷物に見立てたニセの梱包箱を民家の玄関先に置き、それを持ち去る盗っ人を逮捕する作戦を展開中です。 クリスマスも近づくこの時期の米国では、受け取り署名指定をしておらず、玄関先に置き去りにされる荷物の盗難が増加します。
Munenori Taniguchi

スマホがNintendo Switch風になる両手用コントローラー、シャオミから発売

1日 17時間 ago
中国シャオミが同社製スマートフォン用のオプションとして、両手用ゲームコントローラー「Black Shark Gamepad 2.0」の販売を開始しました。 Black Shark Gamepad 2.0は左右分の2つのコントローラー、そしてコントローラーをスマートフォンに装着するためのケースの3つパーツから構成されています。ただし残念ながらこのケースは、同社のゲーミングスマートフォン「Black Shark」シリーズにしか装着できません。 コントローラーとしては同社製スマホに対応しますが、合体できるのはBlack Shark系のみ、という扱いです。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

Sペンの書き味を2in1ノートで。「Notebook 9 Pen」をサムスンが発表、13型と15型の2サイズ

1日 18時間 ago
Samsungは12月13日、Sペンを内蔵する2-in-1タイプのノートPC「Notebook 9 Pen」を発表しました。13.3インチと15インチの2モデルで、韓国では12月14日に発売。米国や中国、香港などでは2019年初頭に発売されます。 Notebook 9 PenはCES 2018で13インチモデルが発表されており、今回発表されたのはそのモデルチェンジ版、および画面サイズのバリエーションモデルとなります。

【ギャラリー】Samsung Notebook 9 Pen (12枚)

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

ソニーの「AROMASTIC」カスタムカートリッジをガチユーザーがレビュー

1日 18時間 ago
以前、ソニーの「AROMASTIC」をレビューしました。AROMASTICとはハンディサイズで携帯しやすく、自分だけに香るUSB充電式のアロマディフューザー。カートリッジ式で、1つのカートリッジに5つの香りが封入されており、カチカチっとダイヤルを回して、ボタンを押すだけで好きな香りを切り替えて楽しめます。水や熱は使わない気体拡散方式なので、アロマ本来の自然な香りが楽しめて、1つのカートリッジでだいたい2か月利用できるのもメリットです。 ■関連記事 ソニーのアロマ「AROMASTIC」実機レビュー:熟女のガジェットライフ 使うほどにオリジナルな香りが欲しくなる カートリッジはすでに6種類販売されており、私はこれまで「Freshness」と「Study」の2種類を使ってきました。疲れているとき、気分が落ち込んでいるとき、しゃっきりしたいときなどに香りをかぐと、ふっとリフレッシュできるんですよね。眠りにいい香り、学習にいい香りなど香りに関するエビデンスもかなりあり、健康的な生活をサポートするアイテムとしてもっと取り入れるといいのではないかと思います。 少しずつアロマの知識が増えてきたところで、商品化されていない組み合わせの自分専用のカートリッジが欲しくなってきました。単品の香りはショップの店頭で試せますが、ブレンドされた香りは自分の好みかどうかわからないため、手を出しにくいというのも理由の1つ。 そんなことを考えていたら、それを解決する製品が登場しました! それが11月27日から発売されている「AROMASTIC Custom Cartridge」。ソニーストアでの直販価格は税込みで単品が1944円、本体とセットになったギフトボックス「AROMASTIC Gift Box W001/B001」が6242円です。 マイカートリッジが簡単に作れる ▲これが1カートリッジ分の作成キット。1パッケージに2セット入っています 「AROMASTIC Custom Cartridge」は2種類のアロマオイルを使って、オリジナルのカートリッジが作れるアイテムです。 作り方は非常に簡単! 好きなアロマオイルを用意したら、カートリッジがセットされている専用トレイに数滴垂らすだけ。15分待つと、アロマオイルがカートリッジに浸透するので、あとは取り出して付属のフタをすれば完成です。 ▲香料は「ニールズヤードレメディーズ」と「yuica」の2ブランドの製品に対応しています ▲アロマオイルを2〜3滴垂らします ▲15分待ちます ▲15分経ったらシールを剥がします ▲カートリッジを取り外して、逆さまにして付属のピンでフタをしたら完成 ▲AROMASTICにセットして使います 携帯できる香りの数は既成のカートリッジでは1つで5種類ですが、AROMASTIC Custom Cartridgeでは2種類のみ。しかし、自分のニーズに最も合った自分独自の組み合わせで持ち運ぶことができます。 AROMASTICの専用カートリッジに好みの組み合わせがなかったという方でも、これを使えば誰にでも簡単にカートリッジが作れるわけです。すでに対応のアロマオイルを持っている方なら、本体のAROMASTICとAROMASTIC Custom CartridgeだけでもOKですね。 ▲好きなときに好きな香りを楽しめる! ビジネス用、リラックス用とシーンを想定してカートリッジに入れる2つのアロマオイルをチョイスするのもいいでしょう。香りによる癒やしを追求するなら、AROMASTICの本体をビジネス用とリラックス用に1本ずつ持つと便利です。AROMASTIC Custom Cartridgeなら4つの香り、既成のカートリッジであれば最大10種類の香りを持ち歩けます。 ▲ビジネス用とリラックス用の贅沢な2本使いはいかが? 実はAROMASTIC Custom Cartridgeの発表会にも参加しておりまして、会場ではビジネスにいいと案内された「ローズマリー」と「ラバンディン」の2つを試しました。 今回のレビューでは、ニールズヤード レメディーズのアロマを使用。気持ちをリフレッシュさせたり向上させたりしてくれるという「ジュニパーベリー」と、不安を取り除いたり、緊張やストレスをやわらげたりしてくれるという「オレンジ・スイート」をチョイスしました。おかげで気分アガりそうです。12月は忙しくてストレス溜まりますからね。イラッとしたらプシュ〜っとやって、〆切りの催促なども笑顔でやりすごしたいと思います!!
すずまり

PayPayキャンペーン本日終了? 怪文書出回る。PayPayは「公表したものではない」と否定

1日 19時間 ago
13日、SNS上に「PayPayの"100億円キャンペーン"ついに終了か」という噂が流れました。 100億円キャンペーンとは、バーコード決済アプリの「PayPay」が12月4日に開始したキャンペーン。決済金額の20%が全員に還元され、しかも数十人に1人には100%キャッシュバックもあるという太っ腹な内容です。 実施期間は「2019年3月31日まで」とされていますが、「(キャンペーン予算の)100億円を使い切ったら終了」とも案内されています。対象店舗にビックカメラなどの家電量販店も含まれており、高額キャッシュバックの報告が相次ぐなどして、SNSを賑わせていました。 "100億円キャンペーン"終了の噂は、それこそ開始3日目ごろから頻繁に目にする内容でしたが、今回の噂がやや異色なのが、「ファミマ発」の文書が添付されていること。文書はファミリーマート本部が店舗スタッフ向けに、PayPayのキャンペーン終了を案内する内容で、キャンペーンポップなどの撤去も指示されています。 文書では、キャンペーン終了日時は12月13日23時59分となっており、13日の22時まで秘密にすることとされています。 PayPayの広報はこの文書について「当社が発表した内容ではない」と否定しました。一方で、この文書の内容が事実であるかどうかについては、肯定も否定もしていません。キャンペーン終了を発表を案内する際は、ユーザーに迷惑をかけない形で発表するとしています。 キャンペーン終了の真偽は不明ですが、キャンペーンを使って買いたいものがあるなら、早めに買っておいた方がよさそうです。 18時30頃から緊急メンテナンス【追記:13日18時57分】 13日18時30分ごろより、PayPayは緊急メンテナンスを実施。支払い、ログイン、チャージなど全機能が利用できない状態となっています。PayPayアプリ内から表示できるお知らせページにメンテナンスの案内が掲載されています。 19時26分に復旧【追記:13日20時12分】 PayPayの緊急メンテナンスが終了し、サービスが復旧しています。メンテナンス期間は18時5分頃~19時26分頃だったと案内されています。 【追記】公式発表されました PayPayは13日22時、「100億円あげちゃうキャンペーン」の終了を発表しました。 【詳しくは以下にて】 PayPay「100億円狂騒曲」ついに終幕、キャンペーンは13日限り 「PayPay狂騒曲」関連記事をもっと読む 還元率20%の衝撃──スマホ決済のPayPay、100億円バラマキでキャッシュレス市場に攻勢 還元率20%のスマホ決済「PayPay」を「LINE Pay」と比較する LINE Pay、20%還元のPayPayに対抗せず 「我々が戦っているのは現金、一緒に盛り上げよう」 まだまだ続くPayPayキャンペーン祭り押さえておきたいお得な裏技はコレだ!
石井徹(TORU ISHII)

米AmazonがChromecastの販売を再開。Googleとの和解に向けて進展?

1日 19時間 ago
米Amazonが、GoogleのストリーミングデバイスChromecastの販売を再開しました。第3世代のChromecastが35ドル、Chromecast Ultraが69ドルで、それぞれGoogle Storeでの価格と同じです。 Amazonは、2015年10月に「プライムビデオをサポートしないストリーミングデバイスは取り扱わない」とのルールを発表し、Chromecastの販売を中止していました。2017年12月には、ChromecastがAmazonに復帰するとの話もありましたが、結局そこから1年かかったことになります。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

ファーウェイ販売トップインタビュー「2019年はハイエンドにフォーカス」

1日 20時間 ago
中国のスマートフォンメーカー、HUAWEI(ファーウェイ/華為技術)の副社長インタビューをお届けします。 このインタビューは、ファーウェイ本社の副社長Jim Xu氏(Huawei Consumer Business Group,Vice President)の来日にあわせて、11月30日に実施されたものです。 12月以降、ファーウェイ本社のCFOの逮捕を発端として、米中対立のさなかにあるファーウェイですが、このインタビューではスマートフォン市場での今後の展開を中心に語っています。なお、「米国政府のファーウェイ製品使用中止要請」についての受け答えは、23日付けの記事でも紹介しています。 関連記事: ファーウェイ、「米国の中止要請」に見解示す
石井徹(TORU ISHII)

2019年のiPhoneは薄型&軽量化?サムスンのタッチ一体型OLED採用のうわさ

1日 20時間 ago
アップルが新たなタイプのディスプレイパネル技術を採用して、2019年の新型iPhoneモデルのうち少なくとも1つを薄く軽量化する予定、との噂が報じられています。 韓国ETNewsが得たサプライチェーンからの情報によると、アップルは従来のiPhoneの画面とは構造が異なるタッチ一体型フレキシブルOLEDパネルの採用を決めたとのこと。OLEDスクリーンにタッチ機能を統合することで、デバイスの薄型・軽量化が実現されると伝えられています。
Kiyoshi Tane

インテル、3Dチップ構成技術「Foveros」発表。CPU・GPU積層で省スペース・高性能化

1日 21時間 ago
12月12日、インテルが「Architecture Day」イベントを開催し、次世代のCPUアーキテクチャーに用いる"3Dチップ"構築技術「Foveros」を発表しました。 近年チップ内にトランジスターを詰め込む隙間は年々なくなりつつあり、それはムーアの法則の終わりが迫りつつあることを示しているとも言われています。そして、その解決方法のひとつとして考えられたのは、高さ方向にもトランジスターを並べるということです。 この記事で言う3Dチップとは3次元で設計・パッケージされた集積回路のこと。そしてインテルのFoveros技術は研究室ベースのプロジェクトでなく、2019年後半には製品化される予定です。
Munenori Taniguchi

『サプライチェーンリスクある機器』の民間への排除要請「予定ない」──菅長官

1日 21時間 ago
菅官房長官は12月13日午前の定例会見で、サプライチェーン・リスクのある製品の主要インフラからの排除について、民間への要請は「現段階では予定していない」と語りました。 日本政府は12月10日、各省庁おけるIT機器調達についての申し合わせを実施。サプライチェーンリスクのある調達について、内閣官房と協議のうえ必要な措置を講ずることを求めています。この申し合わせについて政府は「特定企業を対象としたものではない」としていますが、事実上ファーウェイ・ZTE製品を対象にしたものと思われます。 報道について「民間への要請は予定していない」 また日本経済新聞は13日、政府が民間企業に対しても「排除」を要請する方針だと報じています。具体的には、水道・金融・情報通信・鉄道など14分野を担う民間企業・団体が対象であるとのこと。この報道について菅官房長官は『申し合わせは政府調達を対象としたものであり、現段階において民間企業に対して要請を行う予定はない』とコメントしました。 なお、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社は、携帯基地局からの"中国ベンダー排除"についてそれぞれコメント。ドコモとauは「決まった事実はない」とする一方、ソフトバンクは「政府の方針に準拠する方向で議論をしていく」と表明しています。 中国ベンダーを排除する動きについて中国政府は「ファーウェイとZTEは長期間、日本で合法的に経営してきた」「日本政府は中国企業に公平な競争環境を提供してほしい」と反発しています。
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

6980円で「本格スマートTV体験」の衝撃度。Amazon新Fire TV Stick 4Kを試す

1日 22時間 ago
アマゾンが12月12日に発売した新型「Fire TV Stick 4K」を早速使ってみました。 この「Fire TV Stick」シリーズは、テレビのHDMI端子に直挿しして使う、ドングル型のセットトップボックスです。特徴は、既存のテレビを簡単にスマート化できる点。見た目はGoogleのChromecastにそっくりですが、付属のリモコンを使って自由にコンテンツを選択できます。
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

サムスン、Supremeのフェイクブランドとのコラボを見直すと発表

1日 22時間 ago
韓国サムスンは先日、中国にてファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」の模倣ブランドとの提携を発表しましたが、現在同社は「提携を見直している」として、その姿勢を変化させています。 そもそもことの始まりは、サムスンが2018年12月10日に中国での「Galaxy A8s」のローンチイベントにて、「Supreme」との提携を発表したことにあります。実はこの「Supreme」、今流行りのニューヨーク発のストリートブランド......ではなく、なんとイタリアに存在するフェイクブランド「Supreme Italia」だったのです。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
チェック済
1時間 19 分 ago
Engadget Japanese
Engadget Japanese
Engadget Japanese フィード を購読