Engadget Japanese

さよならホームボタン 新iPhoneは3機種とも全画面に

3ヶ月 ago
ついにiPhoneからホームボタンが姿を消しました。 アップルが本日(9月13日)未明に発表した「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3モデルは、いずれもベゼルレスの全面ディスプレイを採用。2007年に発売された初代iPhoneからの伝統である、画面下のホームボタンが全モデルで非搭載となっています。 関連記事: アップル最新情報まとめ 「iPhone XS / XS Max / XR」「Apple Watch Series 4」「iOS 12」など盛りだくさん 姿を消したのはホームボタンだけではありません。「iPhone 5s」で初導入された指紋認証「Touch ID」にも非対応。顔認証の「Face ID」にその役割を譲っています。 ▲左から6.5インチの「iPhone XS Max」と5.8インチの「iPhone XS」 ▲6色展開の「iPhone XR」もiPhone Xスタイルの全画面を採用した 2017年に登場した「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が、(今後復活することがない限り)ホームボタン&Touch IDを搭載する最後のiPhoneです。 なおiPadシリーズでも次期モデルでホームボタンが廃止され、ベゼルレスでFace ID搭載のiPhone Xに似たスタイルを採用すると噂されています。 iPhoneのアイデンティティは、もはや画面下の丸いホームボタンではなくなりました。 ▲往年の「iPhone 5s」 関連記事: ・カラフル6色展開! iPhone XRの実機を最速レビュー ・「iPhone XS Max」の実機を最速レビュー
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

最新 macOS Mojave(モハベ)は9月25日配信。ダークモードや快絶整頓「スタック」、スクショ強化など新機能多数

3ヶ月 ago
アップルはmacOSの最新版、10.14 Mojave (モハベ)を9月25日に配信します。 モハベはシステム全体を目に優しく切り替えられるダークモードや、乱雑なデスクトップを一瞬で分類整頓できるスタックなど、「パワーユーザーのみなさんからインスピレーションを得た」新機能を多数導入するアップデート。 ほか開発環境の統合で iOSアプリのホームやボイスメモがMacでも使えるようになるなど、多数の変更が加わります。

【ギャラリー】macOS Mojave (モハベ)新機能 WWDC 2018 (9枚)

Ittousai

新iPhoneはnano SIMとeSIMのDSDS対応。中国モデルのみnano SIM x2に

3ヶ月 ago
Appleが発表した新iPhone、iPhone XS、XS Max、XR。従前の噂通り、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応することが明らかになりました。 関連記事: アップル最新情報まとめ 「iPhone XS / XS Max / XR」「Apple Watch Series 4」「iOS 12」など盛りだくさん デュアルSIMとは言っても、eSIMとnano SIMの組み合わせ。物理SIMが2枚挿せるわけではありません。ただし、中国で販売されるモデルのみeSIMではなくnano SIM x 2枚の構成となります。 デュアルスタンバイとは、2つのSIMカードを使い、同時に待ち受けができる機能。片方に通話専用のSIMを挿し、もう片方にデータ通信専用のSIMを挿して使えるほか、プライベートと仕事用など2つの電話番号を使い分けることも可能です。 Apple端末でのデュアルSIMでは、これまでもiPad、iPad Proがnano SIMと内蔵Apple SIMのデュアルSIMに対応していました。ただ、これまでのApple SIMで利用できるのはデータ通信のみで、音声通話には非対応。しかし、iPhone XS / XS Max / XRで利用するeSIMでは、音声通話にも対応します。 Appleのヘルプを見ると、下記の組み合わせで利用できるようです。 プライマリをデフォルト回線として使用:プライマリで音声、SMS、データ通信、iMessage、FaceTimeをデフォルトに。セカンダリは音声とSMSのみ。 セカンダリをデフォルト回線として使用:セカンダリで音声、SMS、データ通信、iMessage、FaceTimeをデフォルトに。プライマリは音声とSMSのみ。 データ通信のみにセカンダリを使用:プライマリで音声、SMS、データ通信、iMessage、FaceTimeを使用。セカンダリはデータ通信のみ。 なお、今回発表されたeSIM対応、Apple SIM対応とは言われていないのが気になるところ。実際、eSIMをサポートする通信キャリアとして、Apple SIMとは別にサイトが用意されています。 データ通信のみであれば、既存のApple SIM対応キャリアのプランが利用できるのではないかと思いますが「eSIMはソフトウェアアップデートで年内に利用可能になります」との記述もあり、利用に際しては注意する必要がありそうです。 関連記事: iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上 iPhone XR発表。8万4800円/749ドルからと手頃な6.1インチ液晶モデル
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

新iPhoneの正しい表記は iPhone XS / XS Max / XR。大文字で空白なし二文字、MaxはMだけ大文字(訂正)

3ヶ月 ago
ついに発表された新iPhone。直前に名称が漏れていたものの、その読み方にも注目が集まっていました。正式な読み方としては「iPhone XS(テンエス)」「iPhone XS Max(テンエス マックス)」「iPhone XR(テンアール)」。 関連記事: アップル最新情報まとめ 「iPhone XS / XS Max / XR」「Apple Watch Series 4」「iOS 12」など盛りだくさん ここで気になるのが名称の表記方法です。Appleのサイトを見ても、XsのSとXRのRが□で囲まれていたり、「XS」と「Xs」、「XR」と「XR」のようになっていたりするなど場所により表記がマチマチ。 ▲画像だと□で囲まれている表示 そこで、Appleに確認したところ、正式には「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」とすべて大文字表記になるとのことです。 (訂正:9/13 7:15)初掲時、Apple広報に確認した内容で、Xsも大文字としていましたが、その後Xsは小文字との連絡がありました。このため記事内容も修正しています。 (訂正:9/13 8:20)XsのSは小文字とのことでしたが、やはり大文字との連絡があったため、再度修正しています。Apple内部でも混乱しているようです。 ロゴ(意匠)としては□で囲まれているのが正式で、表現できる場合はSとRを小さく表示、テキストでは「XS」「XR」といったところでしょうか。少なくとも「Xr」の表記はありません。 細かいことですが、覚えておくとどこかで役に立つかもしれませんよ。 関連記事: iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上 iPhone XR発表。8万4800円/749ドルからと手頃な6.1インチ液晶モデル
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

カラフル6色展開! iPhone XRの実機を最速レビュー

3ヶ月 ago
日本時間の9月13日未明に開催されたアップルスペシャルイベント会場より。今回発表されたiPhone 3機種中で最も低価格な「iPhone XR」の実機インプレをお届けします。 関連: ・iPhone XR発表。8万4800円/749ドルからと手頃な6.1インチ液晶モデル ・iPhone XRの日本価格は8万4800円から iPhone XR、なかなかの高級感です。液晶で少し厚いですが。ジャーナリスト陣のウケも上々 pic.twitter.com/KE9wUIznPL - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 XRによるマップのデモ pic.twitter.com/MmjJ7thXf8 - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 ベゼルは有機ELのXよりは太めです pic.twitter.com/bsIgkk4zS6 - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 iPhone XR、赤はProduct (RED)なんですね。色味も8と同じ感じです pic.twitter.com/A3ZZlGzd07 - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 厚みはXシリーズよりはあります pic.twitter.com/RqhmpdtPuh - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 どの色も高級感ありますね pic.twitter.com/aMTyH6UPS7 - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 iPhone XR、シングルカメラですが、いいボケ具合! pic.twitter.com/Rlr2Lmls8I - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 速報: アップル 新iPhone 発表イベント (ライブ更新完了)
Engadget JP Staff

iPhone XS / XS Maxの日本価格が発表 予約開始は9月14日16:01から

3ヶ月 ago
先ほどのアップル『Gather Round』スペシャルイベントにて発表された5.8インチOLEDモデルの『iPhone XS』と、6.5インチOLEDモデルの『iPhone XS Max』。イベント終了と同時にアップル公式サイトが更新され、日本での販売価格と予約日時が掲載されました。 予約開始は、9月14日16時01分(日本時間)から。日本でのアップル直販一括価格は、いずれもストレージ容量別に3種類とされています。
Kiyoshi Tane

「iPhone XS Max」の実機を最速レビュー、実はそんなに重くない

3ヶ月 ago
日本時間の9月13日未明に開催されたアップルスペシャルイベントより。史上最も大画面なiPhone「iPhone Xs Max」はそんなに重く感じません。現地より最速実機インプレをお送りします。 関連: iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上 XS Maxのゴールドです via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/Fl6GvWc1yc - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 iPhone XS Maxゴールドです、あまり重たくは感じないですね via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/7ZzUjqwnhp - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 「iPhone XS Max」は、歴代で最も大きい6.5インチディスプレイを搭載。さぞかし重量級かと思いきや、重さは208gとなっており、5.5インチの「iPhone 8 Plus」(202g)とさほど変わりません。これは、iPhone 8 Plusから本体サイズをそのままに、上下のベゼルレス化によって大画面化を推し進めたため。 私のXとXS Maxを並べてみますと... pic.twitter.com/dXRO3E7Kdm - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 画面の向きでレイアウトが変わります。メールアプリの挙動もPlus同様に pic.twitter.com/0kob8aQBBy - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 さらに音量アップしたスピーカー。この環境ですらよく聴こえます pic.twitter.com/TTNt8a8OM7 - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 Maxの筐体は過去のPlusとほぼ同サイ pic.twitter.com/47W9GEPIhL - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 XとXS。ゴールド以外の見分けポイントはアンテナです pic.twitter.com/S60fJVgMgc - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 ゴールド、いいですね pic.twitter.com/xPo4DTzZZF - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 アップルスペシャルイベントの詳細は下記記事もご覧ください。 ・速報: アップル 新iPhone 発表イベント
Engadget JP Staff

iPhone XRの日本価格は8万4800円から、予約開始は10月19日16時1分から

3ヶ月 ago
アップルが発表した新iPhoneの中で、やはり最も注目のモデルと呼べそうなのが『iPhone XR』(テンアール)。 発表会終了と同時にアップル公式サイトが更新され、日本での予約日時と価格が公開されました。 予約開始は、10月19日の16時01分(日本時間)から。 日本でのアップル直販一括価格はストレージ容量別に3種。64GB版が8万4800円、128GB版が9万800円、256GB版が10万1800円(それぞれ税別)となります。

【ギャラリー】アップル iPhone XR実機ギャラリー (8枚)

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)

大画面になった「Apple Watch Series 4」実機を最速レビュー

3ヶ月 ago
日本時間の9月13日未明に開催されたアップルスペシャルイベントより。シリーズ登場以来、初の大刷新となった「Apple Watch Series 4」の最速実機インプレをお送りします。 関連: 新Apple Watch(Series 4)発表 広い画面・心電図測定対応など大刷新 Apple Watch Series 4、動画でまず via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/7DVaW3vipS - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 表示域、かなり上がってますね。40ミリも大きいほうに見える... via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/O3TL02FdYY - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 文字盤も新しく via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/BRDs0csov0 - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 Digital Crown、回すたびにカチカチいって心地いいです pic.twitter.com/XklUiBdK3R - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 裏面の印象も変わりました。ここはサファイアに。ガラスがサファイアなのはステンレスモデルのほうのみです via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/nvP1r3NN6y - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 裏面の印象も変わりました。ここはサファイアに。ガラスがサファイアなのはステンレスモデルのほうのみです via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/nvP1r3NN6y - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 薄くなってすごくいいですね via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/ECJBMZLQdQ - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 Apple Watch、今回セラミックのモデルはないそう - ACCN @EngadgetJP (@ACCN) 2018年9月12日 スペースブラックのステンレスモデルです via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/8awC7Omg0j - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 同シルバーとエルメス via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/h25jEiQ4fZ - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 同シルバーとエルメス via. @ACCN #AppleEvent pic.twitter.com/h25jEiQ4fZ - Engadget 日本版 (@engadgetjp) 2018年9月12日 関連記事: 新Apple Watch(Series 4)発表 30%広い画面・心電図測定対応など大刷新

【ギャラリー】Apple Watch Series 4実機ギャラリー (19枚)

Engadget JP Staff

速報:iPhone向けARアーケード第一弾『Galaga AR』発表。敵の群れを撃ち落とすマルチプレイヤーゲーム

3ヶ月 ago
アップルのスペシャルイベントにて、iPhone向けのARアーケード第一弾『Galaga AR』のデモが発表されました。古典的シューティングゲーム『ギャラガ』を3D化した上で、現実と仮想とを重ね合わせるARの技術により新生させています。 開発を担当したのは、iOS 11のAR機能を活かした本格RTS(リアルタイムストラテジーゲーム)「The Machines」を手がけたDirective Games。一人遊びではなく、ARにより複数の人が「同じ代替現実」を共有するマルチプレイヤーゲームで、最新技術ながらオールドファンの郷愁を誘う趣きとなっています。
Kiyoshi Tane

速報:iPhone XR発表。8万4800円/749ドルからと手頃な6.1インチ液晶モデル

3ヶ月 ago
アップルの『Gather Round.』スペシャルイベントでは、ある意味で最注目モデルとなる6.1インチ液晶版iPhoneも発表となりました。注目のモデル名は『iPhone XR』。発音は「テン・アー(ル)」となります。 カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDの6色。人気の(PRODUCT)REDも最初から投入されます。 予約開始は同時発表のXSとMaxより遅れて、10月19日の16時01分から(日本時間)。アップル直販一括価格は、64GB版が8万4800円、128GB版が9万800円、256GB版が10万1800円(それぞれ税別)。(RED)を含めて、色による価格の違いはありません。 米国では価格749ドルから、予約は日本と同日の10月19日、発売は26日となります。

【ギャラリー】アップル iPhone XR実機ギャラリー (8枚)

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)

速報:iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上

3ヶ月 ago
『Gather Round.』アップルスペシャルイベントより。噂されていたiPhone Xの改良型がついに発表されました。5.8インチ版のモデル名は『iPhone XS』となりました。焦点だった発音は「テンエス」となります。さらに6.5インチモデル『iPhone XS Max』(テンエス マックス)も同時発表となりました。 両モデルとも、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレイ、そしてウワサのゴールド。ストレージ容量は、64GBと128GB、そして新設された512GB(前世代は256GB)の3種類です。 日本での予約開始は9月14日の16時01分から、発売(出荷)は9月21日。 アップル直販一括価格は、XSの64GB版が11万2800円、256GB版が12万9800円、512GB版が15万2800円(それぞれ税別)。 XS Maxは64GB版が12万4800円、256GB版が14万1800円、512GB版が16万4800円(同)となります。 米国ではXSが999ドルから、XS Maxが1099ドルからという設定です。

【ギャラリー】アップル iPhone XS / XS Max実機写真ギャラリー (10枚)

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)

新Apple Watch(Series 4)発表 30%広い画面・心電図測定対応など大刷新

3ヶ月 ago
アップルがApple Watchの新モデル「Series 4」を発表しました。価格は399ドル〜 9月14日予約開始、発売は9月21日を予定します。 ディスプレイを従来比30%大型化した本モデルは、刷新したジャイロセンサーや、待望されていた心電図センサーを新搭載。また、新プロセッサの採用で処理速度も2倍に向上しています。

【ギャラリー】Apple Watch Series 4 製品写真ギャラリー(高解像度版) (24枚)

Apple Watch初のデザイン刷新 2015年に初代Apple Watchが発表されて以来、初のデザイン刷新となる本モデルは、Series 3比で30%以上ディスプレイを大型化。(40mmモデルで35%、44mmモデルで32%拡大)。なお、ベゼルレス化で筐体サイズは先代と大きく変わらず、むしろ僅かにコンパクトになっているほど。 大画面化に伴い、地図・カレンダー・写真などが見やすくなったほか、複雑な通知の表示にも対応。ウォッチフェイスには最大8つのコンプリケーションを表示できます。 ジャイロセンサーが進化、心電図測定にも対応 それ以上に注目したいのが、ジャイロ&加速度センサーの刷新です。これまで区別できなかった「落ちる・転ぶ・滑る」といった挙動を検知可能に。もし転落を検知した場合には、緊急通報ボタンが自動表示されます。それから1分以上装着者が動かなければ、自動で緊急通報する機能も備えます。 心拍センサーも進化しました。心拍数があまりにも低い場合、血液量が少ない場合があるため装着者にアラートを出します。また、心室細動を検知する機能も備え、精度は完璧ではないものの、検知した場合に装着者に警告し、より深刻な症状への発展を防止します。 心電図(ECG)の作成にも対応。デジタルクラウンに指を置くと心臓の活動を開始し、約30秒で病院で得られるような心電図を測定できるとアピールします。 処理速度は2倍、スピーカー音量もアップ 基本スペックも強化しました。64bitデュアルコアプロセッサーを搭載し、GPUも刷新。前モデルに比べて処理速度は2倍に向上。前モデルと同様にセルラー接続にも対応するほか、丸一日持続するバッテリーも売りにします。 スピーカー音量も50%アップし、音声通話もより快適になりました。また、マイクロフォンの位置を反対側に移したことで、より集音能力を高めています。 命を落とす確率を減らす新機能など、もはや「生活のインフラ」と言えるまで機能を進化させたモデルと言えそうです。 関連記事: 大画面になった「Apple Watch Series 4」実機を最速レビュー

【ギャラリー】Apple Watch Series 4発表スライド (35枚)

小口貴宏(Takahiro Koguchi)

速報: アップル 新iPhone 発表イベント (ライブ更新)

3ヶ月 ago
(速報更新ページ) アップルの新製品発表イベントは日本時間でまもなく、13日午前2時から始まります。 イベントからの速報はこちらのページをご覧ください。開始前にリアルタイム更新ページに切り替わります。(変わらない場合はこちらからもう一度開いてください)。
Ittousai

新iPad Proの発表はナシ?流出サイトマップに「リンクがない」ことが発覚

3ヶ月 ago
MySmartPrice 正式に発表されるスペシャルイベントを控えた数時間前に、アップル公式サイトのサイトマップxmlファイルから「公式リーク」されてしまった新型iPhoneの名称。 このxmlファイルから、逆に「新型iPad Proが発表される可能性はとても低い」ことが判明しました。今夜発表される予定の新製品はURLリンクが含まれているはずですが、それが「存在しない」という事実から推測されています。
Kiyoshi Tane

新Apple Watchは40mmと44mm追加の4サイズ展開?公式から発覚

3ヶ月 ago
まもなく発表される新 iPhone の名称( iPhone XS, XS Max, XR) やカラバリ(Xsは3色、Xrは6色)が発覚した公式サイトマップからは、新 Apple Watchと思しき商品も見つかりました。 うわさで使われてきた通称「Series 4」の文字はないものの、従来の38mmと42mmに加えて、新たに40mmと44mmの新しいApple Watchが加わるようです。
Ittousai

新iPhoneは何種類? アップル スペシャルイベントを日本語同時通訳で楽しもう。今夜25時20分より直前予想

3ヶ月 ago
新型iPhoneだけでなく、ほかに何が出てくるのか期待が高まるアップルのスペシャルイベント。 最新のアップル噂まとめ 新iPhoneは『iPhone XS』『iPhone XS Max』『iPhone XR』。アップル公式から発覚 新iPhone Xrはカラバリ6色の6.1インチ、iPhone XS / XS Maxはゴールド追加の3色。公式サイトマップから発覚 新Apple Watchの解像度は384×480?Series 3から大幅アップのうわさ Apple Watchに常時画面オンモードが実現?アップルが2つの特許を出願 新iPad Proの予想レンダリング画像が公開。デザインはiPhone SE風? 新iPhoneは699ドルから?ドイツの情報サイトが価格を予想 イベントは日本時間の9月12日深夜26時からいよいよ始まります。Engadgetではテキストでによる実況中継のほか、macwebcaster.com の協力により当日はこのページで日本語同時通訳の音声を中継します。 イベント開始の日本語同時通訳の中継のほか、開始直前の12日深夜25時20分からはmacwebcaster.com 関係者らによる直前予想や、イベント終了後にはEngadgetスタッフも交えた反省会/感想戦番組も配信する予定です。
Engadget JP Staff
チェック済
1時間 21 分 ago
Engadget Japanese
Engadget Japanese
Engadget Japanese フィード を購読