Engadget Japanese

レジなし小売店「Amazon Go」、2店舗目もシアトルでオープン準備中

3ヶ月 2週 ago
[Engadget US版より(原文へ)] アマゾンの実験的なレジなし小売店(コンビニ)が今年1月にシアトルで一般オープンし、アプリによる入店から雑貨をピックアップしてドアから出るだけで会計が完了するというコンセプトを実証してみせました。この店舗ではカメラ一式と顔認証技術を利用し、持ち出した商品に課金するシステムが導入されています。 そしてその成功にもとづき、アマゾンは2018年にさらなる6店舗のオープンを予定しており、そのうちの1つが特定されたようです。海外テックサイトのGeekWireによれば、2店舗目となる「Amazon Go」はシアトルのダウンタウンに2018年秋にオープンする見込みです。 GeekWireは新店舗らしき場所をのぞき見し、1店舗目となるAmazon Goと共通する入出店用のゲートや、窓からのぞく「行列なし、会計なし(本当に)」というスローガンを確認しています。店舗はマディソン・センターのオフィスの1階に位置しており、ここはシアトルの公立図書館の隣、かつアマゾン本社建物に設置された1号店のそばという立地になります。 シアトルはアマゾンがAmazon Goの追加店舗を設置するであろう都市の有力候補として数えられていました。一方、アマゾンはシカゴとサンフランシスコに新店舗の開店を予定していると5月に認めています。今後の具体的な店舗のオープン計画は不明ですが、アマゾンがレジなし小売店の展開に力を入れていることは間違いなさそうです。 編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。 原文著者:David Lumb
Engadget US(翻訳 塚本直樹)

家のカギ、スマホで開け締め 新Qrio Lockが7月19日発売

3ヶ月 2週 ago
ソニーなどが出資するIoTベンチャーQrioは、スマートロック新商品「Qrio Lock」を7月19日に発売します。 ●工事不要で自宅のカギをスマート化 Qrio Lockは、家のカギをスマホで開け締めできるIoT機器です。工事不要、既存の鍵に両面テープで設置できる簡易さが売りです。 前モデル「Qrio Smart Lock」からの進化は、対応する鍵の増加や、本体の小型化でドアとの干渉が減ったこと。また、スマホを操作してから鍵が動作するまでの反応時間が8分の1になったほか、電波強度を高めることで、より安定して通信できるようになったといいます。 そのほか、新たにオートロック機能にも対応。これはスマホのGPSを使用して、外出すると自動で施錠・帰宅すると自動で解錠する機能。いちいちスマホを操作しなくていいハンズフリーの利便性を売りにします。 なお前モデルでは、両面テープが剥がれて本体が落下し、家の鍵が空けられなくなる... というトラブルも聞きました。「Qrio Lock」ではその対策として、本体を40%軽量化。また両面テープを4分割し気泡を入りづらくしたことで、落下の可能性を低減しています。 その他、スマホから1度に2つのQrio Lockを操作できるため、上下に2つ鍵のある玄関ドアにも対応。合鍵もスマホ上の操作で簡単に発行できます。また、「Qrio Lock」を設置した鍵は手動・スマホ、いずれの方法で解錠・施錠しても履歴が残るため、セキュリティー面も安心だといいます。 新Qrio Lock、反応速い! 家のカギ、スマホで開け締め 新Qrio Lockが7月19日発売 https://t.co/hRdyZrXyuX pic.twitter.com/c3bSx45cbD - 小口貴宏 / Engadget JP (@TKoguchi787) 2018年7月5日 「Qrio Lock」の本体価格は直販サイトで税別2万3000円。Amazonや家電量販店でも発売予定です。 家の鍵は紛失すると困る私物の代表格。これがスマホで代用できるのは大きな魅力と言えそうです。
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

被写体をラクガキにして印刷する「AIカメラ」が公開。画像認識+ニューラルネットワークを活用

3ヶ月 2週 ago
撮影したものを写真ではなく手描きの落書きにして印刷するインスタントカメラを、オーストラリア在住のエンジニア兼ビジュアルアーティストが自作したことが報じられています。 このインスタントカメラ「Draw This」は、Raspberry Piとニューラルネットワーク、および印刷用のサーマルプリンタを組み合わせたもの。ピンホールカメラのような素朴な見かけながら、最先端の技術を駆使した「AIカメラ」となっています。
Kiyoshi Tane

インドでフェイクニュースを原因とした暴力事件が多発。拡散に「WhatsApp」が使われる

3ヶ月 2週 ago
[Engadget US版より(原文へ)] フェイクニュースはアメリカだけの問題ではありません。また、政治、Facebook、Twitterだけの問題でもありません。昨日、ワシントンポストが伝えたところによると、インドでは、インターネット上に流れた子どもの人身売買の噂が発端となり、5人がリンチによって殺害されました。
Engadget US(翻訳 金井哲夫)

ヤフーも「決済手数料ゼロ」 QRコード支払いで──日経報道(追記)

3ヶ月 2週 ago
ヤフーが導入・入金・決済手数料ゼロの「ヤフースマホ決済」を10月に開始すると日本経済新聞が報じました。 日本経済新聞が公開したヤフーの資料によると、手数料ゼロは10月に開始予定の「読み取り支払い」のみ。6月よりサービスを開始している「コード支払い」は対象外のようです。 この「読み取り支払い」は、店舗側が提示するQRコードを、ユーザーがスマホで読み取って決済する方式。スマホに表示したQRコードをレジで読み取る「コード支払い」とは異なります。 また、手数料ゼロはサービスのリリースから3年間で、その後は有償化する可能性があるとのこと。 QRコード決済の手数料ゼロをめぐっては、LINE Payも8月からの導入を発表して話題に。電子マネーやクレジットカード決済時に店側が負担する3〜5%の手数料が、日本のキャッシュレス化を阻んでいると言われており、その手数料がゼロとなれば、中小店舗のキャッシュレス化が一気に進むかもしれません。 なおEngadget日本版編集部ではヤフー広報室に事実関係を問い合わせており、返答があり追記します。 (追記:2018/07/05 14:25)ヤフー広報室より下記返答がありました(原文ママ) 手数料ゼロは「読み取り支払い」限定で間違いないとのことです。 「読み取り支払い」は「秋開始」が正式な情報となります。加盟店に導入フローを構築いただく時間も考慮し、営業上では最も早い開始目標として10月と伝えておりますが、決定事項ではございません。 また、3年間決済手数料0円は、現在その予定で加盟店にお伝えしている段階となります。加盟店のご意見も考慮しながら今後調整していきます。また「コード支払い」は対象外となります。 関連: LINE Pay、決済手数料ゼロに。小規模店のキャッシュレス化推進 QRコード限定
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

AR美少女が観光ガイド、KDDI・パソナがバーチャルキャラクター事業

3ヶ月 2週 ago
おじさんが美少女に変身できる「VTuber」をはじめ、バーチャルキャラクターが今注目を集めています。これは、AR技術の進展でキャラクターの活用の幅が大きく広がっているため。 KDDIとパソナテックシステムズは、このバーチャルキャラクター事業に本格参入。独自キャラクター「レナ」を活用した観光案内システムの実証実験を開始しました。 ●東京・大手町にある牧場を「レナ」が案内 この実証実験は、東京・大手町にある都市型牧場「大手町牧場」で実施。来場者に貸与したタブレットにバーチャルキャラクターの「レナ」が出現し、AR機能を用いて牧場を案内します。 具体的な案内の内容としては、ARマーカーによる位置情報を利用して、飼育している動物を解説。またユーザーの声を認識して、動物についてのクイズを出したり、酪農に関するユーザーの質問にも回答できるといいます。 これに際してパソナテックシステムズは、KDDIのAI・XR(ARとVRの総称)キャラクター技術を活用した「バーチャルガイドソリューション」を開発。牧場だけでなく観光やオフィス、美術館・工場ガイドなどの際にも利用でき、人間に比べてシフトなどの時間的制約がない点を売りにします。 実際に体験してみると、手持ちのタブレットが大画面で視認性も良好。簡易的なガイドとしてはとても便利だと感じました。付加価値の高いガイド業務は人間が引き続き担うにせよ、簡易的なガイド業務はいずれこうしたバーチャルガイドに置き換えられていくのかもしれません。 この実証実験は12月28日まで実施中。参加は無料で、時間は平日12:00〜18:00、土曜日は12:00から17:00までとなっています。(日曜は休日)
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

Facebookモバイルアプリは無断でマイクから音声収集はしていないとの研究結果。Androidで確認

3ヶ月 2週 ago
Facebookのモバイルアプリがスマートフォンのマイクを通じて音声を拾い、それをターゲティング広告に利用しているというのはまことしやかに噂されている話ですが、この件についてはCambridge Analyticaに関する米議会での公聴会にて、マーク・ザッカーバーグCEOが否定しています。 しかし、Facebookアプリの挙動についての具体的な調査は実施されておらず、陰謀論かなにかのようにこの噂を信じている人もいまだ根強くいるのが実際のところです。そこで、マサチューセッツ州ボストンにあるノースイースタン大学の研究者らは、Facebookのアプリを調べて本当にマイクが周囲の音声を拾っていないかどうかを確認することにしました。
Munenori Taniguchi

2008年の今日、地デジチューナーを内蔵したテレビサイドPC「VGX-TP1D」が発売されました:今日は何の日?

3ヶ月 2週 ago
おもなできごと ・2008年7月5日、ソニーが地デジチューナー×2を搭載したテレビサイドPC「VGX-TP1D」を発売 ・2012年7月5日、NECが50種類以上のアプリを搭載したAndroid4.0タブレット「LifeTouch L」を発売 ・2013年7月5日、ソニーが1インチの裏面照射CMOSを初めて採用したコンデジ「DSC-RX100M2」を発売 ・2014年7月5日、東芝がWindows 8.1 with Bing搭載タブレット「dynabook Tab S50」「dynabook Tab S38」を発売 ・2016年7月5日、日本エイサーがゲームモードを備えたプロジェクター「Predator Z650」を発売
今日は何の日?

Sponsored By 三井化学 : 液晶レンズ技術が拓くメガネの新次元。瞬時に度数を変えるTouchFocus開発者インタビュー

3ヶ月 2週 ago
新次元と話題になっているメガネがある。 総合化学メーカー三井化学が開発した次世代メガネ『TouchFocus』(タッチフォーカス)だ。TouchFocusはスイッチひとつでメガネの特性を変えられるという、他に類を見ないものとなっており、それを実現する新テクノロジーのひとつが、電気的に度数を可変できる「液晶レンズ」だ。 革新的な技術を採用したTouchFocusは、いかにして生み出されたのだろうか。Engadget編集部で三井化学の開発者にお話をうかがった。
Engadget JP Staff

PS VR向け「ワールドカップ観戦用VIPルーム」は豪華絢爛...ただし冷房は強めに

3ヶ月 2週 ago
[Engadget US版より(原文へ)] 今年、ロシアで開かれているワールドカップを、人とは違う形で見てみたいという人の望みをPlayStationが叶えてくれました。ソニーのゲーム部門はBBC Sports VRと手を組んで、ピッチを見下ろす巨大な窓のある仮想VIPルームを用意しました。それだけではありません。各ゴールの裏とミッドフィールド・ラインの横の3箇所の「シート」を即座に切り替えて観戦することができます。
Engadget US(翻訳 金井哲夫)

Gmailの内容がサードパーティ開発者に読まれている可能性あり?Googleは「ユーザーの同意を得ている」と説明

3ヶ月 2週 ago
Googleがサードパーティ製アプリの開発者に対して、ユーザーのGmailの内容を読むことができる権限を与えているとの報道が伝えられています。タイムスタンプや受信者、送信者およびテキスト内容まで、すべてAIや人間の従業員が閲覧できる可能性があるとのこと。 こうした「ユーザーのGmailを読む」権限は、一応はユーザーが同意を与えた場合のみ与えられるもの。ただしユーザーがどのようなアクセス許可を与えているのか十分に理解しているかどうかは疑わしいと、同報道を伝える米WSJは指摘しています。 さらにWSJの取材に対して、Googleは同社の従業員がGmailの内容を読むこともあると回答。ただし「かなり特殊な場合」とした上で「セキュリティ上の理由、バグや不具合の調査」に必要なときのみに限られるとしています。
Kiyoshi Tane

カメラがせり出すOPPO Find Xの分解レポート公開。モーター1つのVivo NEXにも似た構造

3ヶ月 2週 ago
OPPOが発表したカメラ電動せり出し式全画面スマホFind Xは、Vivo NEXと並びんでノッチなしカメラの新しいトレンドを作りだしそうな注目端末です。この端末を早くも分解レポートするメディアが現れました。 分解の様子を掲載したのは中国のIT系情報サイトZOL。分解されたFind Xの内部機構をみると、カメラ部の上下移動にスパイラル・ステッピング・モーターを採用しているのがわかります。これは一足早く分解されているVivo NEXと同じ。ステッピングモーターはサーボモーターに比べてトルク特性は劣るもの、シンプルさ と正確な位置精度が特徴です。 Vivo NEXのカメラはこう飛び出す。速くも分解レポートが登場 Vivo NEXでは小さなカメラ部のみ上下させ、上昇時の衝撃をスプリングで抑える構造でしたが、Find Xでは可動範囲はスマートフォンの上部全体と言ってよいほど広範囲が可動します。このため、左右にガイドレールが設けられており、この部分が緩衝材の役割もはたしているように見えます(上部写真の赤枠部分)。 また、このスライド部分と本体は2つのフィルムケーブルで接続(緑枠の部分)。レール部分にケーブルが見えますが、これはアンテナ線のようです。 GIFを見ると動作は非常にスムーズ。しかし、可動部分があると故障が心配になってきます。Vivo NEXは仮に故障してもフロントカメラが使えないだけで済みますが、Find Xはリアカメラやフロントのセンサー類も一緒にせり出す構造です。万が一の場合はフロントカメラだけではなく、顔認証やリアカメラも一切使えなくなるところは注意が必要かもしれません。 なお、メーカー公称では30万回の動作に耐えられるとのこと。1日100回出し入れさせても8年以上は持ちそうです。ちなみに使用されているモーターは日本電産製とのことです。 なお、スライド機構の故障以上に気になるのが防水性です。Find X自体は防水性能をうたってはいないものの、最近のスマートフォンは筐体の密閉性があがっており、小雨程度なら意外と浸水はしないもの(筆者の主観です)。しかしFind Xの構造をみるとカメラをせり出した際に側面に隙間ができ、ここに水が入ると内部まで簡単に到達するように見えます。 水だけでなく埃などの侵入も気になります。工事現場や工場など埃っぽいところでの使用は気をつけたいところ。とくにガジェット好きに多い(気がする)家猫飼いの人は、気が付いたら隙間から毛が侵入してモーターが回らないなんてことにならないよう、注意したほうがいいかもしれません。 Find Xは欧州での発売が予定されており、価格は999ユーロ(約12万7000円)。果たして日本での発売はあるのか、注目しておきたい端末です。 関連記事: ノッチなし、電動せり出しカメラ搭載スマホ「Find X」発表。Oppo初の北米投入モデル カメラが本体から飛び出すOPPO FIND X、日本で出さない理由がみあたらない:山根博士のスマホよもやま話
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

ポケモンGO横須賀イベントは抽選制、海外限定トロピウスやアンノーン出現

3ヶ月 2週 ago
ポケモンGOが日本国内向けリアルイベント 「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」を発表しました。 横須賀市内の三会場を舞台に、通常はアフリカ大陸近辺限定の『トロピウス』や、ほぼイベント限定のレア『アンノーン』などが出現します。 開催は8月29日(水)から9月2日(日)の5日間。参加するには、7月6日から7月20日までに事前抽選に申し込み、当選者にのみ与えられる「参加券」が必須です。 参加券は当日、ポケモンGOのアカウントでチェックインして、当選者と落選者を区別するためのもの。申込みを忘れた場合、選に漏れた場合などは、会場に入っても特別なポケモンは現れません。
Ittousai

ASUSのメッシュルーター「Lyra mini」で自宅Wi-Fi環境が改善するかテスト:旅人目線のデジタルレポ 中山智

3ヶ月 2週 ago
旅人ITライターの中山です。家族内ではいちばん詳しいということで、自宅ネットワーク管理者としてWi-Fiの管理をしています。ですが一軒家のサイズだと、すみずみまでWi-Fiを届かせるのが結構大変なんですよね。これまでWi-Fi中継機を何種類か使ってみましたが、家をしっかりとカバーして速度的にも満足という製品はありませんでした。そのため現在は光回線のモデム&ルーターがある2階の自室から、1階のリビングまで有線LANを這わせてそこにもう1台Wi-Fiルーターを設置というシステムにしています。
中山智 (Satoru Nakayama)

LINEでLive Photosを送れるようになったこと知ってた?:iPhone Tips

3ヶ月 2週 ago
iPhoneのカメラで使える「Live Photos」機能は、シャッターで切った前後の1.5秒ずつの映像を記録できるというもの。iPhone 6s以降ではデフォルトで有効になっています。5月下旬に配信された「LINE」のバージョン8.7.0からは、トークルームでLive Photosを送信できるようになりましたが、送信方法がやや分かりづらいので、確認しておきましょう。 ※本記事内の手順は、iOS 11.4のiPhone Xで検証しています。「LINE」のバージョンは8.8.0です。

【ギャラリー】Live PhotosをLINEで送信する手順 (4枚)

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)

サムスン製スマホに写真を知り合いに無断送信する問題見つかる。対策は「アプリのストレージへのアクセス権取り消し」

3ヶ月 2週 ago
サムスンのGalaxy S9やGalaxy Note 8といった最新スマートフォンで、端末内に保存された写真がユーザーの知らないうちに送信されるといった症状が報告されています。 多数のユーザーによる相次ぐ報告を総合すると、サムスン純正のメッセージアプリに起因すると推測されるもの。デバイス内の画像をランダムな連絡先に勝手に送信するとのことで、アプリ内にも送信履歴が残されていないとの声も伝えられています。
Kiyoshi Tane

シングルカメラでも背景をぼかせる「選択フォーカス」の使い方:Galaxy Tips

3ヶ月 2週 ago
Galaxy Note8やGalaxy S9+には、デュアルカメラを活かして背景ぼかし撮影を行える機能が搭載され、話題となりました。しかし、デュアルカメラではない、従来のGalaxyシリーズの一部モデルにも、実は被写体の背景をぼかせる「選択フォーカス」という機能が備わっています。本記事では、Galaxy S8(Android 8.0)を例に、同機能の使い方ついて改めて紹介しましょう。

【ギャラリー】「選択フォーカス」の使い方 (4枚)

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)

ソニー、予告のつもりが映画本編まるごとYouTube公開の失態。数時間後に削除

3ヶ月 2週 ago
ソニー・ピクチャーズが、映画の予告編動画をYouTubeにアップロードしたところ、それが実は本編そのものだったという珍事が発生しました。映画のタイトルは「Khali the Killer」。もう足を洗おうと考えているLA在住のヒットマンが祖母の介護費用のために最後の仕事を受けたものの、クライアントが標的に指定したのは子供もいるクライアント本人の妻だったことで思い悩む...という内容。
Munenori Taniguchi

LINEモバイルのソフトバンク回線『実測30Mbps』 いつまで維持できる?:週刊モバイル通信 石野純也

3ヶ月 2週 ago
ソフトバンク傘下になったMVNOのLINEモバイルが、7月2日から、ソフトバンク回線を使ったサービスの提供を開始しました。料金は据え置きで、ドコモ回線と同じ。現時点では未提供ですが、「カウントフリー」改め、「データフリー」にも対応する予定。プランによって対象は異なりますが、データフリーを利用すれば、LINEやTwitter、Facebookなどの通信が、通信量のカウントから除外されます。 ソフトバンク回線でのサービスを開始 また、ソフトバンク回線でのサービスを開始したことに伴い、LINEモバイルでは大盤振る舞いのキャンペーンを実施しています。1つ目が、6カ月間、900円割引になるというもの。音声通話つきプランのみですが、ドコモ、ソフトバンクのどちらも対象で、最安のLINEフリープランであれば、月額料金は300円に下がります。6カ月間の期間限定ですが、まさに激安といえるでしょう。 ▲月1GBのLINEフリープランは、月額300円に もう1つのキャンペーンは、ソフトバンク回線でデータフリーが提供されていないことを受けたもので、7月と8月の2カ月間は、データ容量が2倍になります。どのサービスと通信したかを見分けられない代わりに、一律で容量を2倍に増やしてしまおうというわけです。ほかにもWebから申し込むと、既存のキャンペーンも適用され、お得感が満点。ソフトバンク回線でのサービスインをアピールするには十分な内容になっています。 ▲ソフトバンク回線は、データフリー実施までのつなぎとして、容量が2倍になる ただ、キャンペーンが終われば、料金はドコモ回線とまったく同じ。かつては決定的な違いであったエリアについても、LTEのネットワーク整備がひと段落した今では、差が小さくなっています。正直なところ、都市部で生活しているのであれば、ドコモ回線を選ぼうが、ソフトバンク回線を選ぼうが、違いは分かりづらいかもしれません。 では、2つの回線の差はどこで出てくるのでしょうか。LINEモバイルの代表取締役社長の嘉戸彩乃氏は、「なじみのあるネットワークを選んでいただければと思う」と語ります。ネットワークになじんでいる人はなかなかいないかもしれませんが、これは言い換えれば、今ドコモの人はドコモ回線を、ソフトバンクの人はソフトバンク回線を選べばいいということです。元々の回線が同じであれば、SIMロックを解除する必要なく使えるのもメリットといえるでしょう。 ▲ソフトバンクユーザーが、スマホそのままで機種変更できるようになったのはメリットの1つ 回線速度も、ソフトバンクの方が有利になりそうです。MVNOは大手キャリアから帯域を借り、そこにユーザーを詰め込む形になります。結果として、帯域を多く借りれば借りるほど、たくさんのユーザーを収容できるようになりますが、ピークがくる時間が限られており、そこに合わせてしまうと、コストがかさみすぎてしまう問題があります。 ただ、LINEモバイルはソフトバンク傘下で、持ち株比率的には子会社という扱い。LINEモバイルが大量の帯域を借りればそのぶんコストにはなりますが、一方でソフトバンクの利益にもなるため、グループとしてみればプラマイゼロです。現時点ではやっているかどうかは定かではありませんが、総務省の有識者会議で問題視されていた"ミルク補給"が可能な状態になったというわけです。少なくとも、まったくの他社であるドコモからよりは、回線を借りやすいでしょう。 こうした背景もあってか、LINEモバイルは、ソフトバンク回線で「速度」を訴求しています。7月末には通信速度の実測値をWebで公開するほか、1回でも1Mbpsを下回ってしまった月は、ユーザー全員に1GBプレゼントする「格安スマホ最速チャレンジキャンペーン」を展開します。"詫び石"ではなく"詫びギガ"をするとあらかじめ宣言しているのです。 ▲定点観測したスループットを、Webで公開する予定 ▲1Mbpsを下回ったときに"詫びギガ"がプレゼントされるキャンペーンも実施 実際には、サービス開始から間もないため、1Mbpsを切るほどまで速度は落ちないでしょう。あくまで詫びギガは話題作りのためだと思いますが、速度に対する自信の表れと見ることもできます。速度はMVNOに対する不満として挙がることが多いため、「LINEモバイルのソフトバンク回線は速い」という評判が広がれば、他社のユーザーにアピールできるのと同時に、自社内での回線切り替えをするユーザーも増やせそうです。 早速契約してスピードテストを実施 ということで、早速筆者も、LINEモバイルのソフトバンク回線を契約してみました。この原稿をすぐに書きたかったので、配送のタイムラグがあるオンライン契約をあきらめ、家電量販店の即日開通カウンターを利用しました。まずはお試しということで、1GBのLINEフリープランを契約しています。 ▲ソフトバンク回線のパッケージ。SIMカード以外のデザインは、ドコモ回線と同じだ この段階でSIMカードが2種類あることが発覚。店頭では、iPhone用とAndroid用に分かれていると告げられ、どちらの端末を使うかをたずねられました。本当は両方で使いたかったのでテンションは落ちる一方でしたが、片方しか選べないということで、仕方なくiPhone用を選択。契約は30分程度で終わりました。ところが、開通中にLINEモバイルのブログを見てみたところ、そこまで単純な区分けではなかったことが分かりました。 LINEモバイルのブログによると、SIMフリースマホでは、どちらを選んでもよかったようですが、ソフトバンクのSIMロックがかかっている場合、端末の種類によって選ぶSIMが異なるとのこと。ややこしいのがSIMロックのかかったiPhoneで、iPhone 8、8 Plus、Xであればどちらを選んでもOK、それより前のものは、iPhone用SIMを選ぶ必要があるというところです。逆に、ソフトバンクのSIMロックがかかったAndroidの場合、Android用以外では通信ができません。 ▲LINEモバイルのブログには、SIMカードごとに対応する端末が表で記載されている これを店頭で理解させるのは、かなりの困難が予想されるため、上記のように、シンプルな説明になったのだと思います。ソフトバンクがAPNを分け、なおかつ設定をふさいでしまっているためですが、まったくユーザーフレンドリーではありません。MVNOにとってもいらぬ負担が増えるため、もっと改善すべきポイントだと感じました。 契約自体は30分程度で完了。パッケージもドコモ版と同じですが、中に入っているSIMカードは、思いっきりソフトバンク仕様です。早速SIMカードを抜き、APNを設定するため、構成プロファイルをインストールしました。この手順は、ほかのMVNOと同じですが、正直面倒なことも事実。Wi-Fiなど、LINEモバイル以外の回線がないと設定できないのは不便です。ソフトバンク傘下であれば、別の手段も取れそうなものなので、改善に期待したいところです。 ▲iPhoneの場合、APN設定はWebからダウンロードできる構成プロファイルで行う SIMカードを挿して、自慢の通信速度もチェックしてみました。渋谷にある筆者の事務所では、下り30Mbps程度を記録。夕方から夜にかけて、何回か速度チェックをしてみましたが、比較的安定して高い数値が出ます。 同じソフトバンクから回線を借りる、U-mobileの「U-mobile S」と比べても、結果は上々。特にU-mobile Sは、上りの速度がまったく出ないため、総合的に見ると、LINEモバイルの方が上といえるでしょう。 ▲筆者の事務所での通信速度は30Mbps前後を記録 ▲同じソフトバンク回線のU-mobile Sより高速だった とはいえ、LINEモバイルはまだサービスインから丸1日しか経っていないため、帯域はガラガラ。親会社のソフトバンクがどこまで面倒を見るのかにもよりますが、ユーザー数が増えてくれば、徐々に速度は落ちていくでしょう。データフリーの提供など、まだ未実施のサービスもあり、今はまだ試験導入のような印象もあります。一方で、ソフトバンク傘下ということもあり、やはり速度は求めたいところ。この速度をどこまで維持できるのかは、注目しておきたいポイントといえます。
石野純也 (Junya Ishino)

旧iPhoneを手軽に無線充電対応化。Qi対応iPhoneケースAirchargeを試す

3ヶ月 2週 ago
iPhone XとiPhone 8シリーズで採用されて以来、第2のブームを迎えていると言っても過言ではないほどの製品ラッシュとなっているのがワイヤレス充電アクセサリ。大手量販店などではコーナーが整備され、アクセサリ売り場の中でも良い場所に陳列されていることを見かける事態もすっかり多くなりました。 実際に使ってみるとその手軽さで手放せなくなるのが、このワイヤレス充電。充電パッドを対応機種に準備した方の中には「非対応機種でもこれが使い回せたら便利なのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。 今回レビューする「Aircharge MFi WIRELESS CHARGING CASE」は、まさにそういったニーズにピッタリのiPhone用ケース。日本ではエムエスシーが販売するこのケースは、iPhone 7やiPhone 7 Plusなど、ワイヤレス充電機能非対応のiPhoneに対し、ケース側でワイヤレス充電機能を持たせたモデル。 実売価格は8500円前後、充電パッドは別売りと比較的高価ですが(タイトル写真は充電パッドを含めた状態です)、対応製品の広さやケースをつけたままLightning端子が使える工夫など、アイデアが光るモデルです。
Hirotaka Totsu
チェック済
4 分 6 秒 ago
Engadget Japanese
Engadget Japanese
Engadget Japanese フィード を購読