Aggregator

Boseの「Sleepbuds」レビュー:高いけど素晴らしい安眠イヤホン

9時間 10 分 ago
雑音がうるさくて眠れないこと、たびたびありますよね。そんなときに安眠イヤホンがあったら!と、どうやら売れているらしいBose(ボーズ)の安眠イヤホン「Sleepbuds」を、米ギズモードのPatrick Lucas Austinがレビューしてくれました。みんな結構困っているんですね。
Kaori Myatt

米ネット投票システムに少年ハッカーが続々侵入。Def Conで8~16歳対象のハッキングコンテスト

12時間 10 分 ago
ラスベガスで開催されたハッカーのイベントDef Conでは、毎回、オンライン投票の危険性を訴えるためのハッキングデモンストレーションを公開しています。今回は8~16歳の少年たちを対象としたハッキングコンテストが開催され、十数人がシステムへの侵入に成功し、投票結果の改ざんに成功しました。
Munenori Taniguchi

HoloLensが手術現場で採用へ。英小児病院がSurface Hubとともに導入を計画

12時間 30 分 ago
英国最大規模の小児病院、Alder Hey病院が、心臓外科手術のような場面で、MicrosoftのHoloLensの使用を計画しているとMicrosoftが伝えています。 Microsoftによると、Alder Hey病院では、医療関係者によるカンファレンスで情報共有のためにSurface Hubを、手術現場で患者の情報をすぐに把握するためにHoloLensを、それぞれ導入する計画とのこと。 先日、後継機種となるSurface Hub2の国内投入も発表されましたが、現行のSurface Hubは84型4Kまたは54型フルHDのオールインワンWindows 10デバイス。ようするに巨大なSurfaceパソコンです。複数人による書き込みも行えるので、患者の情報を表示させながらの議論できる、カンファレンス向きのデバイスと言えます。 関連記事: Surface Hubは84インチ280万円、54インチ110万円で国内出荷。Windows 10搭載の「コラボレーションデバイス」 Surfaceのお化け「Surface Hub 2」日本投入へ──MS平野社長 もう一つのHoloLensは、現実の視界の中にグラフィックを重ねて表示させるMR(Mixed Reality:複合現実)ゴーグルです。手術中にも患者のCTスキャン画像や、Surface Hubを使って行われたカンファレンスの書き込みなども確認可能。情報確認のためにその場を離れる必要がなく、手を使わずに操作できるのが大きなメリットとして挙げられています。 Alder Hey病院では、Microsoftのパートナー企業であるBlack Marbleと協力し、Surface HubとHoloLens用の手術ベースのユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリケーションを開発しているとのことです。 医療現場でのHololensの活用としては、昨年、医療用AR/MR機器を手掛けるScopisが、ホログラフィック・ナビゲーション・プラットフォームを発表しています。これは、脊髄手術において、脊髄に埋め込む椎弓根スクリューの位置を投影するなどして医師の手助けを行うもの。 しかし、実際の現場にHoloLensが採用される例としては、Alder Hey病院が最初となるようです。 手術のようなセンシティブかつクリティカルな環境でのHoloLensの使用は、かえって邪魔になるのではとも思うのですが、そこはデメリットよりも情報確認できるメリットが勝っているとの判断があるのでしょう。 今後は、内視鏡手術などと同様に、AR/MRを活用した手術が増えていくのかもしれません。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

ファーウェイ「Mate 20」に3D顔認証搭載の予感。フロントパネル部品リークが示唆

12時間 50 分 ago
中国ファーウェイが開発している新型スマートフォン「Mate 20」のフロントパネル部品とされる画像が、オンライン上に投稿されています。また同端末では、3D顔認証機能が搭載される可能性が浮上しているのです。 海外テックサイトのAndroid Headlineが掲載した今回のフロントパネル画像からは、上部に前面カメラ以外にも複雑なセンサー機構が搭載されることを示唆しています。このような機構はすでに3D顔認証機能を搭載した「iPhone X」や、中国シャオミの「Mi 8 Explorer Edition」にも似ているのが興味深いところです。 その他の外観上の特徴としては、ディスプレイ上部のノッチだけでなく、画面サイドが縁に向かって湾曲しているカーブディスプレイが搭載されている点も見逃せません。まるで韓国サムスンの「Galaxy S9」を思わせるそのデザインは、Mate 20シリーズが完全なハイエンド市場向けの端末として投入されることを予測させます。 Mate 20シリーズではすでに最上位モデル「Mate 20 Pro」や下位モデル「Mate 20 Lite」の実機画像やプレス向け画像がリークしており、特にMate 20 Proはホームボタンもノッチも存在しない「完全ベゼルレスデザイン」を実現しつつ、さらに「P20 Pro」を思わせるトリプルカメラを搭載するようです。 Mate 20シリーズは8月末から開催される「IFA 2018」か、あるいはAndroid Headlineによれば10月頃の正式発表が噂されています。また10月に発表される場合には、ファーウェイによる世界初の折りたたみスマートフォンとの同時発表もありえるとのこと。四半期出荷台数で米アップルを再び超えたシャオミが、どこまで快進撃を続けるのか注目です。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

アマゾン Echo Spot インプレ。「声だけ」の便利さそのまま不便解消、進化するスマート目覚まし時計

13時間 10 分 ago
アマゾンがスマートスピーカーEchoシリーズに追加した新製品、Echo Spot の実用インプレをお伝えします。 Echo Spot は国内の Echoシリーズとしては初めてディスプレイを搭載した置時計型モデル。 会話するデジタルアシスタント Alexa が、音声だけでなく文字や写真や動画でも答えるようになりました。
Ittousai

無念。FaceTimeの32人同時通話は遅れてリリースへ

13時間 10 分 ago
iOS 12でちょっと楽しみだった、FaceTimeでの32人の同時通話機能。そんな機会ないだろ〜と突っ込みつつリリースを待っていたら、どうもこの機能はiOS 12との同時リリースが見送りとなってしまったようなんです。
塚本直樹

ギズモード・ジャパン読者がもっとも購入したスポーツ・アウトドアランキング:2018年7月

13時間 40 分 ago
ギズモード・ジャパン読者が2018年7月にもっとも購入したスポーツ・アウトドアトップ10をご紹介します。7月は、屋外で活躍しそうなキャリーカート、ポイズンリムーバー、サバイバルキットがランクイン。腹筋ローラーなど、トレーニング関連グッズも根強い人気です。
メディアジーンメディアコマース

「Android 9.0 Pie」レヴュー:AIでもっと賢くなる携帯電話の未来を見た

14時間 10 分 ago
グーグルの最新モバイルOS「Android 9 Pie」は、人工知能(AI)を活用した新機能の数々が特徴だ。過去の履歴に基づいて先回りして行動を促し、電力消費を抑え、そして「健康的」に携帯電話を使えるような利用制限機能も提供する。その使い勝手は実際どうだったのか。『WIRED』UK版によるレヴュー。

最大32人でビデオ会議「グループ FaceTime」がiOS 12 / macOS Mojave搭載を延期

14時間 40 分 ago
アップルの開発者会議 WWDC 2018において、iOS 12とmacOS Mojaveの新機能として紹介されたグループFaceTimeチャットが、最新ベータ版には搭載されていないことがわかりました。リリースノートによれば、この機能は(OSの初期リリース時には搭載されず)この秋のアップデートで提供されるとのこと。
Munenori Taniguchi

アップルのワイヤレス充電マットAirPower、9月発売で1万6000円前後?鋭意デバッグ中とのうわさ

15時間 10 分 ago
アップル純正のワイヤレス充電マット「AirPower」が9月にリリース予定で、価格は約1000人民元(約1万6100円)とのサプライチェーン筋の噂話が報じられています。 中国語サイトのChongdiantouによると、アップルのAirPower開発陣は完ぺきを期してデバッグ作業を続けているとのこと。来月発表とされる新型iPhone3種類についても、全てワイヤレス充電対応との予想が述べられています。
Kiyoshi Tane

軽量版Twitter Lite、45ヶ国以上でダウンロード可能に

15時間 40 分 ago
Twitterが、軽量版のTwitterクライアントTwitter Liteをあらたに21ヶ国、合計45ヶ国以上でGoogle Playからダウンロード可能になったと発表しました。 昨年リリースされたTwitter Liteは、インストールサイズ3MBと軽量。また、画像をすべて読み込まず、必要なものだけ選択して読み込めるなど、通信環境が悪い地域や、通信料が高価な地域での使用を想定したものになっています。 関連記事:通信量が最大70%減る「Twitter Lite」発表。写真動画の自動表示を制限、モバイルサイトを高速化 このため、ダウンロードはアフリカや中南米、東南アジアなどの新興諸国が対象で、日本からは行えません。ただ、実際にはmobile.twitter.comにアクセスしたものと変らず、ホーム画面にショートカットを作ればTwitter Liteをインストールしたのと変わらない環境にはなります。 機能としては、上記の画像の読み込みタイミングを制御できるデータ・セーバー(オフにして、通常通り常に読み込むことも可能)のほか、ブックマーク、ナイトモード、プッシュ通知も利用可能。Twitterによると、LTEが使えず接続が2G/3Gに制限されている場合でも素早く読み込めるとしています。 また、昨年末にリリースされた連続ツイートを支援するスレッド機能も使えるようになりました。 関連記事:Twitterが「スレッド」を有効化。複数ツイートをまとめる連ツイ支援機能 日本にいる限り、とくに利用する必要性はないのかもしれませんが、端末のストレージを少しでも節約したい、データ通信量を減らしたいと考えている人は使ってみても良さそうです。 Don't let data worries keep you from Twitter. Twitter Lite is now in 21 more countries. Stay informed with push notifications. Save data and space on your device. Turn on night mode. Bookmark Tweets to read later. Download in the Google Play Store. 👇https://t.co/vt2K81Cnf3 - Twitter (@Twitter) 2018年8月13日
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)