WIRED.jp

オフィスは「働く箱」から「第二の住まい」へ:中小企業のオフィス建築のあり方を積水ハウスと一緒に考える

3時間 27 分 ago
コロナ禍で都心のオフィス模様が一変した。大企業を中心に、本社あるいは本社機能を地方に移転させる動きが広がり、現在進行形で地方への移転を検討している経営者もいるだろう。オフィスのあり方が見直されるいま、住宅メーカーである積水ハウスが提案するのは、邸宅のようなオフィス。今回は「住」の技術とノウハウを生かした積水ハウスのオフィス建築を紐解く。

Twitchの人気ストリーマーたちが配信し続ける「仮想通貨カジノ実況」の闇

6時間 27 分 ago
ライヴ配信プラットフォーム「Twitch」で、仮想通貨カジノでのギャンブル実況が人気を博している。だが、この配信行為そのものが米国では違法とみなされるリスクがあり、しかもストリーマー(配信者)がカジノ運営元の資金提供を受けて配信を続けていることも明らかになっている。実質的に野放しになっている仮想通貨カジノ実況──。その“闇”に迫った。

女性旅行者コミュニティ「FemmeBnB」が、“知らない夜道”に安心をもたらす:「夜道が怖くない未来」への提言(2)

20時間 27 分 ago
世界の女性、約30億人(ほぼ全員!)が夜道を歩くことに不安や恐れを感じているという。その恐怖に寄り添い奮闘する起業家たちが提示する「すべての人」が安心して夜に闊歩できる都市へのヒントとは──。トロントで生まれた女性旅行者の安全を守る「FemmeBnb」の共同創業者兼CEOのヤー・ビラゴが考察する。(雑誌『WIRED』日本版VOL.41より加筆して転載)

「長期思考」と「滅びの美学」 ゲスト:石川善樹(予防医学博士)[音声配信]

1日 6時間 ago
「来年はいかなる“問い”に挑み、解題したいと考えていますか……?」そんな問いかけを予防医学博士・石川善樹に投げかけたところ、即座に挙がってきたのが「長期思考」と「滅びの美学」というキーワードだった。このふたつの視点を調和させることが「経済成長」に代わる新たな概念を見出す鍵になるはずだと考える石川をゲストに迎え、この稀代の知性による鮮やかなる「直観・大局観・論理」の手さばきをお届けする。

Google 検索は“中立的”ではない:世界各地で異なる検索結果を見せる「Search Atlas」のメッセージ

1日 20時間 ago
世界各地で異なる「Google 検索」の検索結果を並べて見せるツール「Search Atlas」が、このほどプライヴェートベータ版として限定公開された。このツールが明らかにするのは、グーグルの検索技術がウェブページをランク付けすることで創出された「情報の境界」だ。それと同時に、居住地域や使用言語が異なる人々が触れるさまざまな現実の断片が示されている。

インテルは新たに示した「復活のシナリオ」で、半導体分野における主導権を取り戻せるか

2日 3時間 ago
インテルが次世代の半導体開発に向けた事業ロードマップを発表した。新たな設計手法や製造技術、受託生産事業の展開を含む戦略は極めて意欲的だが、実現に向けた課題は山積している。米国にとって国家安全保障上の課題にもなっている半導体分野において、インテルはかつての栄光を取り戻せるか。

TikTokとトゥレット症候群をめぐる複雑な事情:急増するティーンエイジャー女性のチック症状

2日 6時間 ago
TikTokではトゥレット症候群を抱えて日々を生きる人たちの動画が次々と投稿され、「#tourettes」とタグ付けされた動画の再生数は30億回を超える。一方で、その症状であるチックの症例を訴えるティーンエイジャーの女性が急増しているという。果たしてそこに因果関係はあるのだろうか? 動画がこの神経症状への偏見を正すことに貢献する一方で、医師たちはソーシャルメディアが「自己暗示」による症例の拡大につながっている可能性を指摘する。

アマゾンが挑む「ストリーミング戦争」と、映画スタジオ買収という異例の戦略の勝算

2日 20時間 ago
アマゾンによる大手映画会社のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の買収発表は、ハリウッドに大きな衝撃を与えた。ネット通販の“おまけ”としてのコンテンツを増やす巨額買収は、激化するストリーミング戦争におけるアマゾンの優位性を最大限に高める可能性がある。

個人のデータを“支配”するグーグルと、「Chrome」の利便性を享受することの意味

3日 1時間 ago
ウェブブラウザーの世界で6割以上のシェアを誇るグーグルの「Google Chrome」。その使い勝手のよさが広く評価される反面、ブラウザーを通して個人情報を吸い上げて活用するというグーグルの手法は必ずしも評判がよくない。いまやその影響力は、市場シェアを武器に“都合のいいウェブ”を形成するためにも使われつつある。

スマートシティ計画が“スマート”には進まなかった都市の教訓

3日 4時間 ago
米運輸省主催で実施され、5,000万ドルの補助金を支給してスマートシティづくりに役立てるという2016年のコンテスト「スマートシティ・チャレンジ」。オハイオ州コロンバス市が獲得した資金は先端テクノロジーを活用した“革命的な都市”へと変貌を遂げるべく投入されたが、現実はそうはいかなかったようだ。

TikTokと“ヴァイブス”の復活: #vibes はソーシャルメディアの新たな言語となる

3日 6時間 ago
「#vibes」のハッシュタグがつけられたTikTokの映像が広まるのは、わたしたちがソーシャルメディアに求めるものが、もはや物語やパーソナリティではなく、視覚と聴覚に訴えかける瞬間に変わりつつあるからだ。言語化されない経験やフィーリングを表すヴァイブスは、ソーシャルメディアの時代に復活し、絶え間なく拡散され、消費されていく。それは「ヴァイヴ資本主義」の到来だろうか? あるいは新たな“標準語”となるのだろうか?

顔が見えなくても恋愛できる? 参加者が特殊メイクのリアリティ番組「デーティング・ビースト」の面白さと“退屈”な理由

3日 18時間 ago
Netflixの恋愛リアリティ番組「デーティング・ビースト ~恋は内面で勝負!~」が公開された。特殊メイクで顔を隠した男女が互いの“内面”だけで相手を選ぶアイデアはよく考えられているが、設定以外はパターン化しがちでドラマに欠け、どうしても退屈な話に陥ってしまう──。『WIRED』US版によるレヴュー。

クールなアップサイクルがもたらす“ものづくり”のアップデート

3日 21時間 ago
日本橋浜町の「T-HOUSE New Balance」ではいま、スニーカーの端材や廃材を和紙の素材としてアップサイクルし、スニーカーのアッパーやシューズボックスへと再生させるプロジェクトのインスタレーション「Yoshihisa Tanaka × Tokyo Design Studio cooperative research vol.02」が行なわれている。そこに並ぶプロダクトはどれも買うことはできない。そんな販売されることのない“ものづくり”に心血を注ぐ彼らは何を目指しているのか。T-HOUSE New Balanceを主管するTOKYO DESIGN STUDIO New Balanceのクリエイティブデザインマネージャー、モリタニシュウゴに話を訊いた。

ザ・ノース・フェイスが探求する「国立公園」というコモンの可能性

4日 3時間 ago
日本には、ほかのアジア圏にはない素晴らしい自然がある。 しかし、その資産を有効活用しているとはまだまだ言い難い── 。 そう考えるザ・ノース・フェイスは 近年、国立公園を含むフィールドに店舗を設け 自然を楽しむプログラムを地域と協働して 提供する活動を続けている。 まずは自然を知ることが環境保護への意識を涵養することにつながり そしてその活動が地域の活性化を促す。 ザ・ノース・フェイスがそう考える背景を探るべく 世界自然遺産でもある知床国立公園を訪れた。

東京オリンピックでは、さらに高精度なタイム計測をAIが支えている

4日 5時間 ago
極めて正確なタイム計測が求められるオリンピック競技。公式タイムキーパーであるオメガは東京オリンピックの一部の競技で、さらなる高精度な計時を実現させた。鍵を握るのは、コンピューターヴィジョンや選手に装着したジャイロセンサーなどのデータによって訓練された人工知能(AI)だ。

Instagramにあふれる「レンダリング・ポルノ」の奇妙で心安らぐ世界

4日 6時間 ago
決して存在することのないリヴィングルームやパティオ、ベッドルーム、邸宅。非現実的な色調ながら記憶を喚起するシルエットと美しく整ったインテリアはなぜかわたしたちの心を癒やしてくれる。そんなCGI建築がいま、Instagramにあふれている。それは現実から逃避しようとする「レンダリング・ポルノ」のシュールな幻想なのか、あるいは物理的な制約から建築とデザインを解放する新たな試みなのだろうか? いまやNFTマーケットとメタヴァースへと向かうCGI建築の未来。
Checked
1時間 55 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読