WIRED.jp

あなたの排泄物にもマイクロプラスティック? 日本を含む8カ国で被験者の便から検出

2週 1日 ago
日本を含む8カ国の被験者の便サンプルに、マイクロプラスティックが含まれていたという検査結果が、このほど発表された。平均すると便10gあたり20粒が含まれていたという。被験者数が限られるとはいえ、どうやってプラスティックが便に混入したのか。そして、どのくらい人体に有害なのか。

アップルのジョナサン・アイヴ、デジタル技術の「負の側面」を語る

2週 1日 ago
デジタル技術は人々の生活を豊かにしてきた一方で、依存度を高めるような負の側面があることは否定できない。iPhoneをつくり出し、スマートフォンの普及を牽引してきたアップルのジョナサン・アイヴは、こうした現実をどう見ているのか。『WIRED』の創刊25周年を記念して10月に開かれたサミット「WIRED25」に登壇したアイヴが、『VOGUE』US版編集長のアナ・ウィンターからの問いかけに答えた。

身近になってきた顔認証技術、その功罪を考える

2週 1日 ago
アップルがiPhone Xに顔認証機能「Face ID」を搭載してから約1年。わたしたちにとって顔認証は、以前よりも身近な技術になりつつある。レジなし店舗やセキュリティなどにも顔認証の応用が始まるなか、その功罪について改めて考える。

合成繊維のジャケットが、10倍速で自然に還る時代がやってくる

2週 1日 ago
ジャケットなどの防寒具に使われる合成繊維が、機能性はそのままに10分の1の期間で分解されるようになる──。そんな技術を、合成断熱材の大手メーカーであるプリマロフトが開発した。同社が開発した「PrimaLoft Bio」は従来と同じ合成繊維を使いながら、従来製品の10倍の速さで生分解を引き起こすという。その秘密は、微生物を引き寄せる添加剤にあった。

月探査の歴史を3D写真で振り返る──クイーンのブライアン・メイが写真集を刊行

2週 2日 ago
クイーンのギタリストであるブライアン・メイが、かつての月探査計画で撮影された数々の宇宙の写真を立体写真集として刊行した。天文学者でもあるメイによると、この本は米ソの宇宙開発競争の物語であり、アポロの月面着陸を東西両陣営の視点から眺めたものだという。その魅力的な世界を、メイによる解説とともに紹介しよう。

「レッド・デッド・リデンプション2」は優れているが、その演出はどこかで見たようなものだ:ゲームレヴュー

2週 2日 ago
この10月に発売された人気ゲーム「レッド・デッド・リデンプション2」は、深みがあるようでいて単純な物事がわざわざ複雑につくられている。時間をかけるがゆえに濃厚な関わりが生まれ、主人公への奇妙で強い感情移入が生まれる。だが、どこかで体験したような演出ではないか──。『WIRED』US版のゲーム担当ライターによる辛口なレヴュー。

恐ろしいほど「辛い」成分が、末期がん患者を痛みから救う? 植物由来の新しい鎮痛剤の威力

2週 2日 ago
世界一辛いトウガラシよりも10,000万倍も辛いとされる植物の成分が、医療用の鎮痛剤として注目されている。関節痛の患部に注射すると痛みを伝える神経末端が破壊され、痛みを感じなくなるというのだ。動物実験でも効果が見えてきたこの手法は、痛みに苦しむ末期がん患者への応用だけでなく、米国で蔓延するオピオイド中毒から人々を救う新たな手段になる可能性を秘めている。

乗り物酔いしないクルマが誕生する? 自動運転時代に向けたジャガー・ランドローバーの研究

2週 2日 ago
ドライヴァーのいない自律走行車が当たり前になる時代、その走り方によっては乗り物酔いが深刻化する可能性がある。そこでジャガー・ランドローバーが目指しているのは、乗り物酔いの原因と人間の体調の関係を解き明かし、乗り物酔いが起きないクルマを開発することだ。

革新の先端をゆく化学者、自動運転の未来を“予言”する

2週 3日 ago
レーザーセンサーを市販車として初搭載した「Audi A8」が日本に上陸した。最上級モデルならではの先端技術によって、その走りや使い勝手はどこまで進化したのか。その実力を有機EL技術の世界的な権威、山形大学卓越研究教授の城戸淳二が試した。

世界は食で、もっと変えられる。 コロンブスに憧れた異色の「食人」──松嶋啓介

2週 3日 ago
フランス料理の本場で日本人が“星”を得られると誰が想像しただろうか。フランス・ニースにフレンチレストランを構え、外国人として最年少でミシュランの星を獲得するという偉業を成し遂げた松嶋啓介はいま、4店舗のオーナーシェフとして日仏を行き来しながら、食によるあらゆる課題解決に取り組んでいる。そのひとつが日本発祥の「うま味(UMAMI)」を世界に広げるプロジェクト。「うま味で人々の感情を穏やかにできれば、世界はもっと平和になる」。食にまつわる革新へ挑み続ける彼は、自らを「食人」と名乗った。

自律走行車の実現に向け、ホンダとGMが手を組んだ理由

2週 3日 ago
GMとホンダが自動運転の分野で定型すると発表した。GMの自動運転部門であるクルーズに出資し、技術面での連携を深めていくことになる。ソフトバンクも出資しているクルーズにホンダの知見が加わることで、自動運転の技術にどのような進化が見込めるのか。

世界で活躍する成功者たちは留まらない。常に変革(シフト)し続ける:成功者たちのシフトの技法に迫るヴィデオインタヴュー・シリーズがスタート

2週 4日 ago
『WIRED』日本版とGalaxyがコラボレーションするスペシャルサイト「Art of Shift──シフトの技法 powered by Galaxy Note9」が、12月よりスタート。ボーダーを越境して輝きを放つ6人の若き成功者(アチーヴァー)たちをフィーチャーし、彼らがいかにして活躍の場を開拓し、自己の存在を拡張してきたのか。そして、アチーヴァーたちが変革(シフト)するその瞬間、どのような技法があったのか。彼らの「シフトの技法」に迫るヴィデオインタヴュー・シリーズを展開する。

ネットにつながるガジェット、一部はセキュリティに問題あり? Mozillaの調査リポートで明らかに

2週 4日 ago
「Firefox」ブラウザーを提供するモジラ財団が昨年に続き、人気の家電製品のセキュリティを調べたリポートを発表した。調査結果によると、スマートピーカーや真空調理器などの70製品のうち、半数近くが合格基準に達せず、7製品にはかなり問題があったという。このリポートは狙い通り、ホリデーシーズン前に消費者の問題意識を喚起できるのか。

まるで映画? 無人の貨物列車が1時間近くも暴走した事故の顛末

2週 4日 ago
このほどオーストラリアで、貨物車268両からなる列車が1時間以上にわたって無人のまま暴走し、強制的に脱線させられて停止する事故があった。まるで映画のような暴走事故は、いったいなぜ起きたのか。そして、どうやって強制的な脱線という異例の措置が実行に移されたのか。

HTCの「ブロックチェーンスマホ」という、壮大なる“実験”の中身

2週 4日 ago
12月上旬に発送が始まるHTCのブロックチェーン対応スマートフォン「Exodus 1」。その真価は謎に包まれている。仮想通貨というユーザーの大切な資産をどう守るのか? 端末をなくした場合はどうなるのか? そして一般向けに普及するのか? 開発者の言葉から、その展望を探った。
チェック済
2時間 3 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読