WIRED.jp

女性取締役の選任を義務づける新法が、テック企業に突きつけた大きな課題

1週 6日 ago
女性取締役の選任を義務づける新法が、カリフォルニア州で成立した。州内に拠点を置くすべての株式公開企業に適用されるこの法律によって、アップルやグーグル、フェイスブックといったテック大手は大きな影響を受けることになる。だが、そこには懸念材料もあるのだという。

着想から5年、夢の交通機関「ハイパーループ」の現実とこれから

1週 6日 ago
チューブ式の超高速輸送システム「ハイパーループ」を、イーロン・マスクが考案してから5年。いくつかの企業がこの技術の研究開発に取り組んでいるが、いまだ実用化には遠い。その熱狂が冷めつつあるいま、ハイパーループの実現という夢は、コストという最大の壁を乗り越えることができるのか。

Facebookが発表したヴィデオ通話機器は、「家庭への侵略行為」なのか?

1週 6日 ago
フェイスブックがヴィデオ通話用の家庭用端末「Portal」を発表した。Facebookユーザー同士で顔を付き合わせて会話できる機器で、人工知能(AI)によって被写体を捉えたり、音声を聴きやすく処理してくれたりするという。だが、ちょっと待ってほしい。個人情報の扱いに関して議論の渦中にある同社によるこの端末は、どこまで「本当に便利」と素直に言えるのか?

DeepMindのAIは、Android端末のバッテリー持続時間をこうして改善する

2週 ago
グーグルの最新モバイルOS「Android 9 Pie」は、機械学習によってバッテリーの持続時間が大幅に改善されているという。この人工知能(AI)を開発したのは、グーグルの親会社であるアルファベット傘下のDeepMind(ディープマインド)だ。同社にとって史上最大だという今回のプロジェクトは、Androidをどのように進化させたのか。

Twitterの時系列タイムラインが復活し、わたしたちは「選ぶ権利」を取り戻した

2週 ago
Twitterがタイムラインの仕様を変更し、時系列表示ができる設定が復活した。さらに今後、タイムラインを時系列とアルゴリズム優先とで簡単に切り替えられる仕様を導入することも明らかにされた。Twitterがユーザー側に「コントロールの権限」を委ねるようになったことで、わたしたちは「選ぶ権利」を取り戻した。今後さらに、この動きは加速していくのか。

潜入ルポ:NASAが開発中の有人宇宙船、実物大の“偽物”による過酷なテストの現場

2週 ago
2023年に初の有人ミッションを目指すNASAの宇宙船「オリオン」。開発を進めるロッキード・マーティンでは、その完全コピー版である実物大の“偽物”で安全性試験を行っている。宇宙環境に耐えるために、いったいどんなテストが行われているのか。機体の限界を探る過酷な現場に潜入した。

生徒たちのSNS投稿に“監視の目”──米国で広がる事件防止アルゴリズムの功罪

2週 ago
米国の高校で2018年2月に発生した銃乱射事件では、犯人が犯行前に不穏なメッセージをSNSに投稿していた。こうしたなか、生徒のSNSへの投稿を監視できるサーヴィスが注目されている。トラブルの兆候を事前にとらえて問題を防ぐ効果が期待されるというが、精度や誤検知のリスクといった課題も指摘される。

まるで遺跡? 金融危機で廃墟と化したスペイン各地のゴーストタウンの現在

2週 1日 ago
リーマン・ショックに端を発した2008年の世界金融危機で、最も大きな影響を受けた国のひとつであるスペイン。当時の住宅建設ブームが一夜にして終わり、未完の住宅建設プロジェクトが国中にあふれかえった。それから10年、まるで古代遺跡のようになった各地のゴーストタウンの様子を、写真家が捉えた。

高級ブランド、ウォッチの「究極の薄さ」に挑む

2週 1日 ago
腕時計の薄さ競争が激化している。ピアジェやジャガー・ルクルト、ブルガリといったブランドは、新しいデザインとエンジニアリング・ソリューション、そして新しい素材を組み合わせることで、見事な薄さを実現してきた。この競争はどこまで続くのか?

宇宙の「隠れていた物質」が、ついに発見される

2週 1日 ago
宇宙の原子物質のなかには、どこに隠れているのか突き止められないものがあった。それらの物質について天文学者の研究チームが、最近発表した論文で明らかにした。「これまで見つかっていなかったバリオン(重粒子)が見つかったという結論に達した」というのだ。

トレイルランという巡礼路:スコット・ジュレク『NORTH 北へ』を探検家・角幡唯介が読み解く

2週 1日 ago
46日8時間7分──。それが、ウルトラトレイルのレジェンドと称されるスコット・ジュレクが新たに樹立した世界最速記録だ。総延長3,500kmにおよぶ北米アパラチアン・トレイルで繰り広げられた、己の肉体と精神の限界に挑む未知の領域への挑戦を描いたニューヨークタイムズ・ベストセラー『NORTH 北へ 〜アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道』を、探検家・角幡唯介はどう読んだのか? “走ること”によって“人間が生きること”の意味を表現した感動作を、角幡が解説する。

電子回路でつくられた15枚の「都市」が暗示する未来

2週 2日 ago
電子部品が整然と並ぶ回路は、まるで都市のようにも見える。パソコンやゲーム機の基盤を都市になぞらえた写真集『Silicon Cities』は、トランジスターやダイオードからなる高層ビルの間を、電気の経路が街路のように縫って進む。この一見すると美しい都市の姿には、アーティストからのあるメッセージが隠されている。

デジタルDJを本物の「ターンテーブル感覚」に──新しい「TRAKTOR」が実現すること

2週 3日 ago
DJ機器のメーカーであるネイティヴ・インストゥルメンツが、ソフトウェア「TRAKTOR」とコントローラー「TRAKTOR KONTROL」を刷新する。なかでも注目はKONTROLで、上位モデルでは触覚的なフィードバックによって本物のターンテーブルのような感覚で操作できるようになる。これらの新製品を、いち早く試して見えてきたこと。

フェラーリの新シリーズ「Icona」、50年代を思わせるクラシックかつ美しいその姿

2週 3日 ago
フェラーリは、21世紀の最新技術と1950年代のレーシングカーの美しさを兼ね備えた新シリーズ「Icona(イーコナ)」を発表した。最初に登場したのは「Monza SP1」と「Monza SP2」。フェラーリ史上で最もパワフルなエンジンを搭載したこの2台の、クラシックかつ美しい姿を紹介しよう。

GET WIRED Episode 5:メディアの信用性はどうなる?

2週 3日 ago
ヴィデオシリーズ「WIRED VIDEOS」の第1弾「GET WIRED -Future is already here.-」。マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長の伊藤穰一をゲストに迎えた全7回のEpisode 5では、信頼(トラスト)の対象が国やメディアからプラットフォームへと移っていく現状とそのリスクについて、編集長の松島倫明が訊いた。

「Surface」の新モデル発表に見た、マイクロソフトの決意

2週 4日 ago
マイクロソフトが「Surface」シリーズの新製品を発表した。「Pro」などの新モデルは刷新というよりアップデートの色が濃い。だが、Surfaceシリーズの新製品群に加えて新たに発売するヘッドフォンの存在から見えてくるのは、今後の事業戦略におけるマイクロソフトの「決意」だ。
チェック済
2時間 11 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読