WIRED.jp

映画『ブラックパンサー』の舞台裏は、恐るべきVFX技術の数々が支えていた(動画あり)

1週 5日 ago
映画『ブラックパンサー』のデジタル配信が日本でも始まった。この作品のありとあらゆる場面にはコンピューターを駆使したVFX(視覚効果)が使われているが、なかでもデジタル版の替え玉俳優である「デジタルダブル」による手法は圧巻だ。10以上もの視覚効果(VFX)スタジオが協力したという名場面の数々から、特徴的なシーンを動画とともに紹介する。

Visaのネットワーク障害が浮き彫りにした、「地球規模の決済システム」の課題

1週 5日 ago
欧州各国で6月1日、クレジットカード大手Visaの決済が行えなくなるシステム障害が発生した。Visaとマスターカードが事実上支配する世界的な決済ネットワークにおいては、致命的な問題といえる。障害に強く回復力が高い決済ネットワークをいかに構築するのかという課題が、改めて浮き彫りになった。

第3章:不審な影──連載「INSIDE Facebook」

1週 6日 ago
Gizmodoに掲載された批判記事、共和党の上院議員であるジョン・スーンからの手紙、右派の著名人を招いた謝罪会見──。2016年の冬から春にかけて、フェイスブックでは爆弾が落ちたかのような大騒ぎになっていた。ザッカーバーグはしたたかに保守派同士の調和をかき乱し、切り抜けようとした。しかし、やむことのない批判は、自信に満ちたプラットフォームをして少しずつ萎縮させ、ある「重大な結果」を招いた(本連載は毎週3回、月・水・金曜日の夜18時に公開します)。

価値観を揺さぶる「近未来予測」に、あなたの人生設計は耐えられるか?:『〔データブック〕近未来予測2025』著者インタヴュー

1週 6日 ago
たとえば「民主主義ではない国家が事実上かなりうまくいっている」…といった皮肉たっぷりな指摘。話題の書『〔データブック〕近未来予測2025』は、わたしたちの常識や価値観を激しく揺さぶる重い一冊だ。それもそのはず、本書は全世界39カ国で利害の対立する知性を集め、コントラヴァーシャル(物議を醸す)な熱い議論を行ったプロセスについての、いわば議事録。膨大なデータと公正な視点から成るハードコアな368ページは、安易に「予測」などと片付けられる代物ではない。

現代に“復活”した一人称視点のシューティング、その古くて新しいゲーム世界が生み出す「物語」の底力

1週 6日 ago
1990年代に人気を博した一人称視点のシューティングゲーム「Doom」のように、かつてのゲームは限られたグラフィックによって描かれた「空間」を通じて魅力的な物語をつくりだしていた。2018年に発表された「Dusk」と「Amid Evil」という2本のゲームは、こうしたストーリーテリングの可能性を思い起こさせる「古くて新しい」作品だ。その魅力を、『WIRED』US版のゲーム担当ライターが徹底解説する。

ほぼ規制なし? 米警察が犯罪捜査に使う「アマゾンの顔認識技術」の危険性

1週 6日 ago
米国で、警察がアマゾンなどの企業から顔認識技術を購入し、捜査に使用している事実が判明した。実は顔認識技術の警察による利用を制限する法律は、現時点ではほとんどない。人種による精度の違いといった問題点も明らかになるなか、捜査の現場においてほぼ“野放し”で使われている顔認識技術は、本当に市民の安全を守れるのか。その実効性と課題について考察する。

SNS担当は「ピンクカラー」の仕事? 求人広告の研究から見えた企業の本音

1週 6日 ago
米国ではSNS担当者の70パーセント以上を女性が占めるという。ソーシャルメディアが大きな力をもつ現代において大きな影響力をもつこの職種の待遇は、その功績や責任の大きさに見合わず低い。なぜこの職種は、デジタル時代の「ピンクカラー」になったのか? その理由を、求人の視点から探った。

情報化社会の浸透は「生命」を抽象化し、「知性」を拡張する──『植物は〈未来〉を知っている』池田純一書評連載

2週 ago
2015年に出版された『植物は〈知性〉をもっている』で世界中に衝撃を与えた植物生理学の専門家、ステファノ・マンクーゾの新作『植物は〈未来〉を知っている』。〈知性〉から〈未来〉へとアップデートされた本書は、個をもたずモジュール式に分散する植物の存在を通じて「知性」のあり方を拡張してみせる。こうした知性の拡張は、情報化社会に入ったことで「生命」のあり方がより一層抽象化したことで引き起こされているのかもしれない。

ロス市警はデータ解析を駆使し、犯罪を「予測」する

2週 ago
米ロサンジェルス市警察が、データ解析によって犯罪を予測する試みを強化している。交通違反や犯罪歴などに応じて個人にスコアをつけたり、犯罪が起きそうなエリアをアルゴリズムで導き出して重点的にパトロールしたりといった施策を打ち出したのだ。すでに犯罪抑止の効果も出ているというが、市民団体からは「人種によるプロファイリング」につながるとの批判も上がっている。

アップルのプライヴァシー重視とアドテク排除の動きが、新しい「Safari」から見えた

2週 ago
アップルが開発者向け会議「WWDC」で、プライヴァシー保護など一連のセキュリティを強化した新しい「Safari」ブラウザーを発表した。Facebookによる個人情報の流出などが社会問題になっているいま、実は最も重要な発表のひとつと言える。アドテクノロジーに対するアップルの“攻撃”は、どこまで続くのか。

加速する地球温暖化に、「消費行動」の変化がブレーキをかける?

2週 ago
パリ協定における地球の「平均気温上昇が1.5℃未満」という目標は、このままでも達成できる──。そんな楽観的にも思える説を、国際的な研究チームが発表した。鍵を握るのは、技術の進化によるエネルギー消費効率の向上や再生可能エネルギーの利用だけではない。それは「人間の消費行動」だ。

マイクロソフトはGitHubの買収で、オープンソースの世界にも「君臨」する

2週 ago
マイクロソフトがソースコードの共有プラットフォームGitHubを買収する。オープンソースの世界で君臨することを目指すマイクロソフトの最新の動きであり、同社のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」との連携は確実に強まるだろう。しかし、そこには肝心のコミュニティの離反というリスクも潜んでいる。

第2章:ニュースの支配者──連載「INSIDE Facebook」

2週 1日 ago
名門大学の学生たちの交流サイトは短期間のうちに、全世界を席巻するプラットフォームへと急成長を遂げた。その裏側で、マーク・ザッカーバーグは「即座に行動せよ、そして破壊せよ」というスローガンを掲げてライヴァルを蹴落し、ニュースを支配する手段を構築しようとしていた。衰退の一途をたどっていたメディア業界は、すぐに「新たなツール」に飛びついた。それがフェイクニュースを生み出す少年やロシアの工作員と全米の有権者たちを結びつけることになるなど、誰も想像していなかった(本連載は毎週3回、月・水・金曜日の夜18時に公開します)。

Wikipediaで最も引用されている情報源は、誰もが知る「あの地図」の最新版だった

2週 1日 ago
多くの人が「Wikipedia(ウィキペディア)」を情報源として引用している。それでは、Wikipediaで最も引用されている文献は? サイトを運営するウィキメディア財団が「最も引用されている情報源」を調べてみると、教科書などに広く掲載されている世界の気候区分地図を最新データを基にアップデートした論文だった。3人のオーストラリア人がつくりだした気候区分図は、いったいなぜ大量に引用されたのか。

特殊能力を備えた「次世代の爆発物探知犬」の卵を、科学の力で見つけ出せ

2週 1日 ago
普通の爆発物探知犬には、自爆テロなどで使われる装着型の爆発物を探すのが難しい。そこで注目されているのが、人が通り過ぎたあとの空気のにおいだけで爆発物を探知できる特殊能力を備えた「ヴェイパー・ウェイク・ドッグ」だ。その素質を見つけ出すのは極めて難しいため、子犬の段階で科学的に素質を見極める研究が始まった。いったいどのような研究なのか。

南太平洋のマグロが切り身になるまで追跡可能に? ブロックチェーンを使えば物流がもっと「スマート」になる

2週 2日 ago
フィジーの海でとれたマグロが船で運ばれ、ニューヨークで切り身にされて寿司になるまで追跡する──。このような物流プロセスのトラッキングに、ブロックチェーン技術を用いる動きが加速している。途中経過を可視化してコストを下げることが可能になるというが、実用化に向けたさまざまな課題を乗り越え、物流に革新を起こす日は訪れるのか。

Snapのカメラ内蔵サングラス、少しスマートになった新モデルの実力(動画あり)

2週 2日 ago
スナップがヴィデオカメラ内蔵のメガネ型デヴァイス「Spectacles」の新モデルを発売した。2016年に発売した初代は実用性の低さゆえに不人気だったが、新モデルにおいて再起を果たせるのか。『WIRED』US版のライターが実際に使い、そのデザインや機能を初代と比べてみた。

古代の儀式と太陽光発電を融合させた「アート作品」が、砂漠の町のエネルギー事情を変えた

2週 2日 ago
英国の美術界を牽引するアーティスト、ハルーン・ミルザの新たな作品がテキサス州の砂漠に登場した。古代の儀式と最新のテクノロジーを融合させたもので、ストーンサークルを模した巨石にソーラーパネルやLEDライト、スピーカーが設置されている。満月のたびに光と音のショーを開催するだけでなく、地域のエネルギー調達で思わぬ効果を上げたという。
チェック済
1時間 59 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読