WIRED.jp

プラスティックごみを分解する新しい化学的手法が、汚染された海を救う

1週 2日 ago
学生2人が立ち上げたカナダの企業が、プラスティックを溶かす新しい化学プロセスを発見した。1950年代以降、83億トンのプラスティックが生産されたが、このままでは分解するには数百年を要する。その多くがごみとして海に流れていく状態が続けば、2050年までには海が魚よりもプラスティックごみが多くなってしまう。こうした事態を、新しい技術でいかに防ごうとしているのか。

Facebook最大の問題、それはザッカーバーグが「革新的」ではないことだ

1週 3日 ago
フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグが「広告」を擁護しようとしていることは、これまでの発言からも明らかだ。そのビジネスモデルの根本的なあり方や妥当性に関する疑問をかわすことに終始し、代替案を本気で考えてはいない。「イノヴェイティヴ」であることをやめたザッカーバーグの考え方こそが、フェイスブックに危機をもたらすのではないか──。

Part 6. 夢の跡──連載「The Rise and Fall of Silk Road」

1週 3日 ago
Silk Roadの創設者であるロス・ウルブリヒト逮捕の日がやってきた。 現場となるロサンゼルスの街では、 ドラマティックな演出をしたいSWATの大部隊と 確実に証拠を押さえたい第2サイバー特捜班のせめぎ合いが続いていた。 PCを閉じられたら最後、すべては泡と消えてしまう。 サンフランシスコ公共図書館のグレンパーク分館の一角に ロスを追い詰めたターベルは、事態がどうなるか分からないまま、 チームの全員に「突入」と伝えた──。

テクノロジー鎖国・建築業界の「黒船」たらんとする3人、集う

1週 3日 ago
「建築・都市」×「テック」×「ビジネス」をテーマに2017年に設立された領域横断型コンサルティングプラットフォーム「gluon」。来たる建築業界の変化に対応すべく設立された同プラットフォームは、建築業界をどう変えようとしているのか。共同設立者であるnoizの豊田啓介、東京芸術大学/Arupの金田充弘、UDSの黒田哲二がそのヴィジョンを語った。

石川善樹、次なる挑戦はファンドマネージャー!?【前編】

1週 4日 ago
独立系の投資投信顧問会社のSPARXが、「会社の10年後、20年後」を担う人材を募集している。何と、経験者である必要は特になし。むしろ医師、エンジニア、研究者、官僚など、異業種にいる才能のもち主たちを求めているという。一風変わった「求人条件」に興味を抱いた石川善樹(予防医学博士)が、その真意を探るべく(場合によっては入社を検討すべく?)代表の阿部修平のもとを訊ねた。(全2回シリーズの第一弾)

テスラが「AIチップ」を自社開発すると、ここまで型破りなものになる

1週 4日 ago
テスラが自動運転用の人工知能(AI)チップの自社開発に本格的に動き出した。CEOのイーロン・マスクによると、業界トップのNVIDIAが開発したチップより10倍速いのだという。「完全なる垂直統合」を目指すテスラは、そのクルマと同様に型破りなチップを、いかに生み出そうとしているのか。

Part 5. 最後の日常──連載「The Rise and Fall of Silk Road」

1週 4日 ago
連邦政府の捜査はゆっくりと、しかし着実に前進していた。 中心メンバーはターベルらFBI第2サイバー特捜班で、 連邦検事や国土安全保障調査部の捜査官、 内国歳入省の捜査官らも協力して包囲網を築いた。 ロスの行動はDPRのそれと完全に一致しており、 その素顔について疑いの余地はなかった。 逮捕の手が迫っていることに気づいているはずだったが、 なぜか逃げるそぶりは見せず、穏やかな日々を送っていた。

アップルが世界で最も成功した「時計メーカー」に──ライヴァルとなった高級ブランドに秘策はあるのか?

1週 4日 ago
世界で最も成功している時計メーカーはアップルであると、調査会社が発表した。2017年の売上はロレックスを上回ったという。アップルの参入までスマートウォッチ分野は停滞していたことを考えれば、同社が市場を掘り起こしたといえる。こうしたなか、ハイエンドのスイス時計メーカーはどのようにスマートウォッチに向き合っているのか。

Slack、ビジネス向けチャットアプリの市場制覇に王手

1週 5日 ago
ビジネス向けチャットアプリの「Stride」と「HipChat」の提供を豪ソフトウェア企業のアトラシアンが終了し、これらを競合する「Slack」に吸収統合する。これをもってビジネス向けチャットアプリの市場はSlackが制したようにも見えるが、実はアトラシアンとSlackの双方にとってメリットのある取引なのだという。

TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない

1週 5日 ago
シリコンヴァレーの巨人は、ここ5年で「政治的な責任」が急速に膨らんでいることを痛感してきた。Twitterをテロリストが利用したり、大統領選の際にロシア人がFacebookでデマを拡散したりするなどの出来事が起きたが、管理者は中立を装い何も手を打たなかった。だがいま、自分たちのデジタル帝国をどのように統治するかを真剣に考えるときがやってきた。

Part 4. IPアドレスの行方──連載「The Rise and Fall of Silk Road」

1週 5日 ago
国土安全保障省の捜査官がロスの自宅を訪れた。 カナダ国境の税関で発見された偽造IDの住所になっていたからだ。 一方、FBIはSilk RoadのサーヴァーのIPアドレスを突き止め、 そのネットワークの中心にあるメインマシンの 暗号キーにたどり着いた。 このコンピューターのキーボードに向かっている者こそ、 DPRのはずだった。

“炎上”するR・ケリーの新曲への評価に、黒人コミュニティの分断を見た

1週 5日 ago
歌手のR・ケリーが7月末に発表した新曲「I Admit」が波紋を呼んでいる。問題のある性的嗜好や犯罪行為を“認める”もので、さまざまな告発や批判に対する言い訳にしかすぎない曲だ。Twitterコミュニティの反応は賛否両論だが、そこからは黒人コミュニティの分断や黒人女性の社会的立場といった現実が透けて見えてくる。

「宇宙観光」が、いよいよ現実になる

1週 5日 ago
誰もが憧れた「宇宙観光」が、いよいよ現実のものになりそうだ。ヴァージン・ギャラクティックやブルーオリジンがテスト飛行を成功させており、2019年にも商用フライトが始まる可能性が出てきた。(お金さえあれば)もはや夢ではなくなってきた、宇宙への旅に向けた取り組みを追った。

Part 3. 孤独な教祖──連載「The Rise and Fall of Silk Road」

1週 6日 ago
Silk Roadはグローバルマーケットになるにつれ ユーザーという名の狂信的な信者を多数抱えるカルトと化していった。 DPRは地下経済を支配するドグマを説く教祖だった。 そして自らの正義を邪魔する背徳者が現れたとき、 孤独な理想主義者は思想と命のはざまで選択を迫られ、 倫理の天秤は一気に傾いた。
チェック済
1時間 33 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読