WIRED.jp

アナログであるということ:スコットランド最北端の「ウルフバーン蒸留所」からのメッセージ

1週 1日 ago
新しいウイスキー蒸留所の建設ラッシュが世界的に起きるなか、成功事例として注目されているスコットランド北部のウルフバーン蒸留所。かつて蒸留所があった土地にゼロから立ち上げられたウイスキーのスタートアップは、あえて最新テクノロジーに背を向けながら事業を軌道に乗せつつある。なぜこの土地だったのか。なぜ最新技術を取り入れないのか──。ウルフバーンのオーナーであるアンドリュー・トンプソンに訊いた。

「ダークマター」の正体に迫れるか? 宇宙の謎を巡る研究に方向転換の動き

1週 2日 ago
宇宙に存在する物質の85パーセントを構成すると考えられているダークマター(暗黒物質)。その存在を示す有力な証拠を記録したのはイタリアの「DAMA」と呼ばれる検出器だけで、その後は同じものは見つかっていない。このため、新たなアプローチで別の物質の観測を模索する動きが出始めた。

より長く、より遠くへと冒険を後押ししてくれる頼れる道具:『WIRED』日本版が選ぶベスト・アウトドアギア

1週 2日 ago
ここ数年、「より長い時間、より遠くまで」という山行のスタイルが、コアなハイカーやトレイルランナーたちの間でカルチャーとなっている。ここにきて、そのカルチャーが裾野に広がり始めた。フィールドで過ごす時間が長くなればなるほど、知恵と経験、そしてそれを支えるギアが重要になる。そこで実際に使って頼れる相棒と確信したアウトドアギアを、『WIRED』日本版が選んだ。

「東京時代」を移動する 第9都市を生きる〜連載・漫画家、座二郎が建築と想像の狭間を描く

1週 2日 ago
約100年前に開業し、日本の鉄道網の「起点」として拡張を続けてきた東京駅。
過去でも未来でもない「第9都市」を描いてきた漫画家/設計士の座二郎は、最後にこの建築を選んだ。
日本における鉄道の「起点」から、平成が終ろうとするいま都市に生きる意味をもう一度考える。

写真フィルターの功罪、「 #2009vs2019 」が教えてくれたこと

1週 2日 ago
写真を取り巻く環境は、この10年で変わった。Instagramなどの登場で誰もが写真にフィルターをかけて好みの雰囲気に仕上げられるようになった。しかし、そこに写る人々の姿は「リアル」なのだろうか? 10年前と現在の写真をSNSに投稿する「 #2009vs2019 」の流行から見えてきたこと。

スナックバーから多文化トイレまで、空の旅をもっと快適にする新アイデアが続々

1週 2日 ago
航空インテリア界のアカデミー賞とされる「クリスタル・キャビン賞」のノミネートが発表された。そこには機内のスペースを有効活用する画期的なアイデアの数々が披露されている。エコノミークラスの旅をもっと快適にしてくれる可能性を秘めた、いくつかのアイデアを紹介しよう。

学校の授業時間再編を巡る騒動から得た、人工知能にまつわる重要な視点:伊藤穰一

1週 3日 ago
ボストン公立学校の授業時間がアルゴリズムに基づいて変更され、不満を覚えた一部の保護者が強く反発する出来事があった。始業や終業の時刻、スクールバスの運行スケジュールを学年に応じて最適化し、所得の影響を考慮し、さらに運営コストの削減まで盛り込んだアルゴリズムは最適解を導いたはずだったが──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』US版への寄稿。

「Raspberry Pi」は、実店舗を通じてコミュニティづくりを加速する

1週 3日 ago
シングルボードコンピューターの「Raspberry Pi」を取り扱う初の実店舗を、ラズベリーパイ財団が英国にオープンした。この店舗で人々に実際にRaspberry Piに触れてもらったり、プログラミングを試してもらったりすることが狙いだという。熱狂的なファンも多いこの端末は、そのコミュニティをリアル店舗を介してさらに拡大できるのか。

日本版・小型SAR衛星が切り拓く「新・宇宙(ニュースペース)」時代

1週 3日 ago
マイクロ波を使って地表面を観測する「SAR衛星」は、長らく「軍事機密」とされてきた。しかし近年、商用利用への門戸が開き、防災・減災、環境・社会問題の解決、あるいは新しいビジネスの創出など、さまざまな可能性が検討されはじめている。このSAR衛星の普及を加速するべく、不可能ともいわれる「小型化」に、日本の頭脳が挑んでいる。

仮想通貨150億円相当が管理者の死で“消えた”事件、その深まる謎と「陰謀説」について考える

1週 4日 ago
取引所が保有していた日本円にして150億円相当の仮想通貨が、暗号鍵を保有していた創業者の急死によって“消えた”とされる事件。残されたノートパソコンのパスワード解析が失敗したと伝えられるなか、引き続き暗号鍵の回復が進められている。なぜこうした問題が起きたのか謎が深まる一方で、さまざまな「陰謀説」も浮上してきた。

「マシンインターネット」の時代がやってくる

1週 4日 ago
この先、インターネットの中心は人から機械へと移っていく。そんな「マシンインターネット」の時代には、機械に搭載されたAIが協調して連携する。まるで生物の細胞同士が相互接続するように──。クーガーの最高経営責任者(CEO)でブロックチェーン技術コミュニティ「Blockchain EXE」代表の石井敦による、次世代のインターネットに関する考察。

凍てつく寒さだと、スマートフォンやガジェットはこうして動かなくなる

1週 4日 ago
猛烈な北極低気圧が米中西部を襲い、米国の一部地域では気温がマイナス40℃台にも達している。ここまで寒いとスマートフォンやデジタルカメラなどのガジェットが動かないのは当然だが、実は気温が0℃以下になると正常に動作しないとされている。いったいなぜなのか? 電子機器と気温の関係に迫った。

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」は、なぜわたしたちの心を揺さぶるのか?

1週 4日 ago
映画『ボヘミアン・ラプソディ』で描かれたように、フレディ・マーキュリーはあらゆる意味ですべてに貪欲な男だった。ライヴエイドでのクイーンの演奏は30年以上を経たいまも、ロック史上最高のパフォーマンスのひとつとして語り草になっている。なぜクイーンは、そしてフレディは時代を超越し、わたしたちの心を動かすのか? 音楽ジャーナリストのアマンダ・ペトルージックによる考察。

Facebookで「Messenger」の送信キャンセルが実現も、ほかのアプリには広がらない事情

1週 4日 ago
フェイスブックが、「Messenger」アプリで送信したメッセージの取り消し機能を提供し始めた。この機能の導入を表明したのは1年も前だが、なぜここまで時間が必要だったのか。そして、なぜアップルなどが導入しないのか? メッセージを削除する具体的な方法を解説しながら、その背景を考える。

アマゾンが大物揃いの自動運転スタートアップに出資、配送自動化への新たな一歩を踏み出した

1週 4日 ago
アマゾンが、自動運転技術を開発するオーロラ・イノヴェイションへの出資を発表した。業界の大物で構成されるスタートアップへの出資は、配送の自動化に傾倒している同社にとって理にかなった決断と言える。だが、狙いはそれだけではないかもしれない。

あなたのiPhoneを、いますぐアップデートすべき理由

1週 5日 ago
アップルが「グループ FaceTime」機能のバグを解消するアップデートの配信を始めた。相手が通話に出る前にスマートフォンのマイクやカメラが動作してしまうという今回のバグ。セキュリティ関係者が「すぐにインストールすべき」と口を揃える今回のアップデートからは、事態の深刻度も浮き彫りになる。

「LIFULL CONNECT」は世界をつなぎ、シームレスな住み替えを実現する

1週 5日 ago
人々のグローバルな移動はますます加速し、個々の好みも多様化する一方だ。そんな折、国内最大級の不動産・住宅情報のポータルサイト「LIFULL HOME’S」を運営するLIFULLが、「LIFULL CONNECT」の設立を発表した。世界をつなぐ不動産アグリゲーションサイトを提供する新会社は、わたしたちの暮らしにどう寄り添っていくのか。
チェック済
2時間 33 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読