WIRED.jp

ハエの力で食糧危機を救う。 究極の循環型社会を目指して──串間充崇

2週 4日 ago
イエバエの幼虫を利用して、家畜のふんなどの有機廃棄物を肥料に生まれ変わらせ、その幼虫を飼料にする──。そんな循環型システムの事業化で注目されているのが、ムスカ創業者で会長の串間充崇である。その取り組みを並々ならぬ情熱で語る彼の言葉に耳を澄ませると、その奥底には「循環型の街づくり」というさらなる大きなヴィジョンが渦巻いていた。

アマゾンが労働者の賃上げに踏み切った「本当の理由」

2週 4日 ago
従業員が低賃金で過酷な労働環境にあると批判されてきたアマゾンが、米国内で雇用する全スタッフの最低時給を15ドル(約1,720円)に引き上げることを決めた。だが、これは決して同社が「気前がいい」からではない。絶妙なタイミングでの賃上げには、これだけの「本当の理由」がある。

ゲーム「スパイダーマン」でプロポーズに失敗した話は、「ただの悲劇」では終わらない

2週 4日 ago
PS4ゲーム「スパイダーマン(Marvel's SPIDER-MAN)」のなかに彼女へのプロポーズのメッセージを仕組んだものの、発売前に振られてしまった──。9月前半、そんな悲しい話がネット上で話題になった。しかしこのストーリー、「もうひとつの側面」を無視して語るべきではないのだ。

AI特許のオープン化と囲い込み、相反するテック大手の戦略の真意

2週 5日 ago
グーグルやフェイスブック、アマゾンなど、巨大テック企業は自社で開発した人工知能(AI)のオープンソース化を進め、知見を共有して研究開発を後押ししているように見える。ところがその裏側ではAI関連の特許申請が爆発的に増え、訴訟も急増している。最新技術の共有と囲い込みという、矛盾した行為の真意はどこにあるのか。

環境に配慮したモバイルバッテリー、米スタートアップが開発

2週 5日 ago
家電や電子機器の業界は、環境に配慮した製品開発で後れをとっている。そんななか、環境に配慮した充電機器を開発するスタートアップが登場した。素材はもちろん、直販という販売形態も含め、ビジネスモデル全体が3R(リデュース・リユース・リサイクル)の観点から構築されている。

自動車部品は3Dプリンターでつくる時代に──GMの“成果”から見えたクルマづくりの未来

2週 6日 ago
ゼネラルモーターズ(GM)は30年前から3Dプリンターを導入し、プロトタイプ製作に活用し続けてきた。いま、その技術はついに実用化の段階に入り、最初の成果であるシートブラケットが発表された。より速く、軽く、美しい自動車をつくるために不可欠の技術として開発を進めるデトロイトの巨人が夢見るクルマづくりの未来とは。

PS4ゲーム「スパイダーマン」は爽快さが魅力だが、ひとつだけ欠点がある:『WIRED』US版レヴュー

2週 6日 ago
PS4用のゲーム「スパイダーマン(Marvel's Spider-Man)」はニューヨーク中を飛び回れる爽快感が評判を呼び、9月上旬の発売から3日で世界累計330万本以上を販売する大人気作になった。しかし『WIRED』US版のゲームライターは、描かれた「街並み」にゲーム体験にも影響する“欠点”を見つけたという。それはいったい何だったのか。

マイクロソフトの「Surface Go」は、仕事に使うならiPadよりいい

2週 6日 ago
マイクロソフトのタブレット端末「Surface Go」は、仕事での使いやすさを重視することで他社製品との差異化を図っている。『WIRED』UK版の編集部がテストしたところ、別売りとなる「タイプ・カバー」のキーボードさえあれば、仕事用にアップルの「iPad」を選ぶ理由はないかもしれないという。その使い勝手は実際どうだったのか。

ポルシェがつくった充電ステーションは、たった15分でEVをチャージする

2週 6日 ago
ポルシェは電気自動車のセダン「Taycan(タイカン)」の発売計画に先立ち、全米に充電ステーション網を構築する。その充電器はデザイン性が高く、しかも400kmを走行できる電力をわずか15分で供給できる優れものだ。競合メーカーも充電ステーションの能力を高めるなか、ポルシェの戦略は吉と出るのか。

潜入ルポ:コインベースは仮想通貨を、金庫より強固な「テント」に保管する

3週 ago
仮想通貨(暗号通貨)は「安全だ」と言われながらも、たびたびハッキングの被害に遭っている。ヘッジファンドや投資ファンドに安心して暗号通貨を預けてもらおうと、暗号通貨取引所のコインベースが編み出した手は、暗号化キーを物理的な金庫に保管するというアナログな方法だ。その現場に潜入した。

あの映画の監督、「iPhone XS Max」だけで短編を撮る(動画あり)

3週 ago
「iPhone XS Max」だけで映画を撮ったらどうなるか──。その疑問に答えを出すために『WIRED』US版に手を貸してくれたのが、映画『クレイジー・リッチ!』の監督ジョン・M・チュウだ。彼は狭いガレージで練習するブレイクダンサーの様子を撮り下ろした作品を、ほかの機材も映像加工も一切なしでつくりあげた。いったいどんな映像が生まれたのか。

求めているのは、メルカリの未来を見通すための地図をつくるひと

3週 ago
フリマアプリ「メルカリ」を展開する、株式会社メルカリ。金融事業や宇宙分野のテクノロジー開発にも着手するなど、CtoCマーケットプレイスに留まらない幅広い挑戦を続けている。そのような幅広い市場に向き合うため、市場調査や分析に特化し、「プロダクト開発以外の手段を用いて課題を解決する」CPO室の存在がある。CPO直下に属しながらも、プロダクトには触れないCPO室とは、どんなチームなのか。新たな人材を求めているタイミングで、CPOの濱田優貴とCPO室のマネージャーでもあり、メルカリファンドも兼任する原田和英に話を訊いた。

ジャック・マーを継ぐ男、ダニエル・チャンが描くアリババの未来図

3週 1日 ago
中国の巨大企業であるアリババグループ会長のジャック・マーが、2019年9月10日の引退を表明した。後継者に指名されたのは、数百億ドルを売り上げるショッピングイヴェント「独身者の日」を仕掛けた異才、ダニエル・チャンである。アジア最大の電子商取引(EC)企業を率いることになるこの男は、いったい何者なのか。そしてアリババの未来を、どこに導こうとしているのか。

VRでも、人と人との「つながり」がすべてになる──フェイスブック化するOculusが目指す世界

3週 1日 ago
フェイスブック傘下のOculasが開催した毎年恒例の発表会は、今年はこれまでになくフェイスブック色が濃いものになった。基調講演ではマーク・ザッカーバーグが「他者と空間を共有する」感覚の重要性を強調し、フェイスブックの信念である「有意義な時間」が強調された。そこから見えてくるのは、Oculusとフェイスブックが考えるVR空間におけるコミュニケーションの未来だ。
チェック済
1時間 18 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読