WIRED.jp

「改良の余地がないクルマ」は、かくして進化した:新型「ポルシェ 911」試乗レヴュー

4日 6時間 ago
日本でも予約注文が始まった新型「ポルシェ911」。初代の登場から50年以上にわたって熟成を重ねてきた最新モデルは、その伝統を受け継ぎながら、いかに最新技術を取り入れて進化しているのか。元F1ドライヴァーのマーク・ウェバーとともに、サーキットや市街地を試乗した。

フレディ・マーキュリーと同じ「移民の子」として:ラミ・マレック、『ボヘミアン・ラプソディ』を語る

4日 8時間 ago
大ヒットとなった映画『ボヘミアン・ラプソディ』で、クイーンのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック。主演の座を勝ち取るまでの道のりは、フレディと同じように「移民の子」だったマレックにとっては決して平坦ではなかった。大役を務めた彼は、いま何を思うのか? 『ニューヨーカー』誌によるマレックへのインタヴュー。

アマゾンがニューヨークの第2本社を断念したことで、浮き彫りになった「不都合な真実」

4日 12時間 ago
アマゾンがニューヨーク市に設置を決めていた「第2本社」の計画を撤回した。30億ドルにも上る税控除や優遇措置が地元住民の不利益になると主張してきた反対派の動きを受け入れたかたちだが、そこからは企業進出にまつわる「不都合な真実」も浮き彫りになる。

なぜ電気自動車は、寒いと性能が落ちてしまうのか?

5日 8時間 ago
バッテリーが寒さに弱いことで影響を受けるのはスマートフォンだけではない。電気自動車(EV)も同じように、寒い環境ではパフォーマンスが落ちてしまう。だが、安心してほしい。寒さの影響を回避する方法がいくつかあるのだ。

消費行動が筒抜けに? アマゾンがWi-Fiルーター企業の買収で手に入れる「データ」の価値

5日 11時間 ago
アマゾンがメッシュWi-FiルーターのスタートアップEeroを買収すると発表した。スマートホームにおける足場を固めるのが狙いだが、アマゾンが手に入れるのはそれだけではない。ルーターから得られるデータを解析すれば、そこに接続されたデヴァイスがどのように使われているかを知ることができるのだ。

アクティヴィジョン・ブリザードの大規模レイオフは、「フォートナイト」が原因ではない

5日 12時間 ago
大手ゲームパブリッシャーのアクティヴィジョン・ブリザードが決算発表で大規模なレイオフを発表した。全従業員の8パーセントに相当する800人の解雇を人気ゲーム「フォートナイト」の影響だとするメディアもあるが、問題の本質はそこにはない。開発者と投資家の双方に独創的な考えが欠如していたことにある。

宇宙データを「民主化」するTellusが、まもなくサーヴィス開始へ!

6日 2時間 ago
まもなく、宇宙データ(衛星データ)のオープン化、すなわち人々に開放することで衛星ビジネスの拡大を加速させる試みがスタートする。その名は日本初の宇宙データプラットフォーム、「Tellus(テルース)」。2月末のキックオフが予定されているこのTellusは、社会に何をもたらすのだろうか?

建築とデジタルファブリケーションの交差点:自律分散型の住環境生産サーヴィスが、『限界費用ゼロ社会』を実現する

6日 2時間 ago
近代の産業化が、わたしたちを「ものづくり」から遠ざけたのであれば、それをいかにして取り戻すことができるか? 建築とデジタルファブリケーションの交差点に立つスタートアップ「VUILD」を立ち上げた秋吉浩気は、「家具を自らの手でつくる」自律分散型サーヴィスを通じて、人々の手に創造性を取り戻そうとしている。

さらば、火星探査機「オポチュニティ」:思わぬ“長寿”の理由と、輝かしい探査の歴史

6日 4時間 ago
火星探査機「オポチュニティ」が、約15年にわたる運用期間を正式に終えた。当初は3カ月の予定だった探査期間が、なぜここまで延びたのか。そして、なぜいまになって探査機は“寿命”を迎えたのか──。その理由をNASA関係者の発言から考察しながら、オポチュニティの輝かしい軌跡を振り返る。

電動化がもたらす「新たな加速感」と「未来モビリティ」への夢想:クラリティPHEV×UX

6日 5時間 ago
普段、ガソリン車やディーゼル車、ハイブリッド車に乗っている人が、クラリティPHEVにはじめて乗ったときの驚きはひとしおだろう。いままで感じたことのないスムーズな加速感に包まれながら、気づいたときには、既に車窓の景色が流れ初めているからだ。この静謐なる加速感は、いかなる背景から生まれたのか。そしてその感覚は、未来のモビリティへの創造力を、どこまでインスパイアさせるのだろうか。クラリティPHEVのパワートレイン領域開発責任者である若城輝男と、クラリティPHEVの加速を体験した中村洋基(PARTY クリエイティブディレクター/ファウンダー)が語り合う、クルマ体験の「これから」。

「疾病X」の出現に備えて、謎の小児疾患から学ぶべきこと

6日 11時間 ago
世界保健機関が2018年、極めてリスクの高い感染症のひとつとして挙げた「疾病X」。未知の感染症への備えを世界に促す“警告”だったが、教訓にすべき謎の疾病がすでに存在する。子どもが突然発症して四肢が麻痺する「急性弛緩性脊髄炎(AFM)」だ。いまだに病原体が特定されていない謎の小児疾患から、わたしたちが学ぶべきこととは──。医療ジャーナリストのマリーン・マッケーナによる提言。

AIが企業のリスク要因に? グーグルとマイクロソフトが年次報告に記載した真意

6日 12時間 ago
グーグルの親会社アルファベットが、証券取引委員会に提出する年次報告書に、リスク要素として初めてAIについて言及した。すでに昨年から記載しているマイクロソフトのほか、アマゾンもAIが経営に及ぼす影響について触れているが、その考えについては温度差があるようだ。こうした流れは、いったい何を暗示するのか。

「ロボット革命」を前に知っておくべきこと:元米大統領特別補佐官が語る、わたしたちの仕事の未来

1週 ago
AIで賢くなったロボットが、われわれの職場に進出しようとしている。ロボットに職を奪われる時代、あるいはロボットとともに働く時代を前に、われわれが知っておくべきことは何だろうか? オバマ政権下でデジタル経済担当特別補佐官を務め、現在はMITで「テクノロジー・経済・国家安全保障プロジェクト」を率いるR・デイヴィッド・エデルマンに訊いた。

実写版『アラジン』でジーニー役のウィル・スミス、あまりの「青さ」がネット民のネタに

1週 ago
ディズニーが実写版映画『アラジン』の予告編を公開した。主要キャラが登場する映像のなかで話題になったのは、ウィル・スミスが演じるジーニーのあまりの「青さ」だった。ネットではこの青いジーニーが話題沸騰となり、さまざまなキャラクターとの比較やコラージュが拡散している。いったいどんなネタにされているのか?

グーグルは、こうして「URLがない世界」への第一歩を踏み出す

1週 ago
URLをなくすというアイデアを打ち出しているグーグルだが、その第一歩が明らかになってきた。サイトを識別する方法を変え、ユーザーがどのサイトを見ているのかを明確にわかるようにできる仕組みを、いかにグーグルはつくろうとしているのか。鍵を握るのは「ヒューリスティクス」と呼ばれる手法だ。

ソフトバンクが出資したスタートアップが、“宅配ロボット”をもっと身近にする

1週 ago
ソフトバンクグループが、自動運転技術による無人配送車を開発するスタートアップのニューロ(Nuro)に9億4000万ドル(約1040億円)を出資した。アマゾンなどの競合も乗り込んでくるなか、玄関先まで食料品などを届けてくれる“宅配ロボット”をいかに広めるのか。そして「素晴らしい時間を人々の手に取り戻す」という理想を、どうやって実現するのか。創業者の考えは。

「Apex Legends」は、あの「フォートナイト」も揺るがしかねない驚きの良作だ:ゲームレヴュー

1週 1日 ago
基本プレイ無料のバトルロイヤルFPS「Apex Legends」が、2019年2月5日に突如リリースされた。このジャンルには珍しいキャラクター別の特殊能力と、初対面同士のチームでも使いやすい「Pingシステム」を備えた本作は、フォートナイトにとっても驚異となり得える驚きの良作だった。配信開始後1週間で累計プレイヤー数2,500万人を獲得した話題作を、『WIRED』US版ゲームライターがレヴュー。

いまテクノロジーには哲学とSFからの問いが必要だ:雑誌『WIRED』日本版リブート記念イヴェントレポート

1週 1日 ago
いま、テクノロジーと人類の未来を語るのに必要な言語は「哲学」と「SF」かもしれない──。その思いが確信へと変わったトークイヴェントが、大阪の「梅田 蔦屋書店」で開催された。雑誌『WIRED』日本版の1年ぶりとなる発売とともに、リブートツアーへと繰り出した編集部。ここ大阪では哲学者の岡本裕一朗、SF小説家の樋口恭介をゲストに迎え、哲学的議論とSF的想像力の先に見える未来像について、本誌編集長・松島倫明を交えた熱い議論が交わされた。そのハイライトを紹介する。

アマゾンが「顔認識技術の規制」に前向きな姿勢を示すも、どこまで本気なのか?

1週 1日 ago
アマゾンが、顔認識技術の使用に関するルールを定めるよう求める動きを見せている。これはマイクロソフトに続く動きで、国が法的な枠組みを構築することに協力する姿勢を示したものだ。しかし、こうした姿勢表明と実態とのギャップに不信感を抱いている専門家もおり、その本気度が問われている。
チェック済
2時間 18 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読