WIRED.jp

未来をつくる「革新」の数々は、かくして世界に発信される:「WIRED Audi INNOVATION AWARD」

4日 20時間 ago
今年で3回目を迎えた「WIRED Audi INNOVATION AWARD」。日本から世界に向けて世に問うべきイノヴェイターたちを発信する“イノヴェイターの祭典”は、いかに始まり、続いてきたのか。その原点と、Audiと『WIRED』、革新を生み出すイノヴェイターたちとの共通項について考察する。

パプリカの収穫にもロボット化の波? こうして複雑な作業が自動化された(動画あり)

5日 4時間 ago
農業の人手不足を補うべく、さまざまな農作物の収穫をサポートしてくれるロボットが活躍し始めた。イスラエルなどの研究者たちが開発しているのはパプリカの収穫ロボット。パプリカが栽培されている農業用ハウスは高温多湿で、畝の間隔は狭くて植物が傷つきやすいなど、ロボットにとって過酷な環境だ。そんな場所で、いかに収穫が自動化されているのか。動画を交えながら紹介しよう。

あの「映画館通い放題」サーヴィスが新プラン。ユーザーの信頼を取り戻せるか?

5日 5時間 ago
定額で「映画館通い放題」サーヴィスを提供するムーヴィーパス(MoviePass)が、2019年1月から新プランを提供することを発表した。料金プランが二転三転して社会問題にもなった“夢のサーヴィス”は、今度こそ映画ファンや劇場、そしてハリウッドの信頼を取り戻せるのか。その新たな料金プランとビジネスモデル、そこから見えてきた新たな課題とは?

Apple Watchのアップデートと、不整脈を巡るパラドックス

6日 2時間 ago
アップルの「Apple Watch」がアップデートされ、米国では心拍異常の検出と心電図(ECG)機能が追加された。未診断の不整脈を発見できることで、心筋梗塞などより深刻な疾患を早期発見できる可能性が期待されているが、不要な検査や治療につながる可能性も指摘される。こうした課題を解決し、心疾患研究を発展させるうえで、Apple Watchはどこまで貢献できるのか。

Netflixの『カムガール』は傑作ではないが、ネットの生々しさに満ちている:映画レヴュー

6日 18時間 ago
このほど配信が始まったNetflixオリジナルのホラー映画『カムガール』は、エロティックなパフォーマンスをライヴ配信し、視聴者に課金させるウェブカムモデルが主人公である。必要と欲望、恐怖と甘言、警戒と野心、親密さと匿名性、現実とデジタル空間──。これらを生々しく描いた本作は決して傑作とはいえないが、まるで「深夜2時のインターネット」にいるような気分にさせられる。『WIRED』US版のレヴュー。

「Fallout 76」の終末世界は、“快適”すぎて落ち着かない:ゲームレヴュー

6日 19時間 ago
ゲーム「Fallout」シリーズの最新作「Fallout 76」が発売された。終末後の荒廃した世界で脅威に立ち向かうオープンワールドRPGだが、今回からマルチプレイヤーゲームへと進化。その世界は緊張感が高まっているというよりも、むしろ終末後なのに牧歌的な雰囲気を醸し出していた。『WIRED』US版によるレヴュー。

ベントレーの新しい「コンチネンタル GT コンバーチブル」には、秘密の回転扉がついている

1週 ago
ベントレーの新しい「コンチネンタル GT コンバーチブル」が発表された。超高級ブランドならではの豪華な装備と優れた性能のなかでも目を引くのは、ツイード調の素材を採用したルーフ。そして、センターコンソールにある“秘密の回転扉”だ。その驚きの仕掛けを、写真と動画を交えて紹介しよう。

交通機関からカード決済まで、携帯電話のネットワーク障害は英国でも大問題に

1週 ago
ソフトバンクの携帯電話サーヴィスで12月6日、約4時間半にわたって大規模な通信障害が起き、携帯電話が利用できなくなるなどのトラブルが発生した。同じソフトウェアの異常に起因するトラブルが、同時間帯に海の向こうの英国でも発生していた。クレジットカード決済から公共交通機関まで、その影響はどこまで広がっていたのか。

「技術による先進」の第2幕が始まった

1週 ago
電気自動車(EV)のF1と称される「フォーミュラE」。この2017/2018シーズンは、ドイツの自動車メーカーとして初めてファクトリーチームとして参戦したAudiが、チームタイトルを獲得した。モータースポーツで技術を磨き、量産車にフィードバックする好循環の場がEVへと移ったことは、Audiがテーマに掲げる「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」が新たなステージに入ったことを意味する。

地球温暖化でビールの価格が「2倍」になる? 米大学などの研究結果から明らかに

1週 ago
地球温暖化によってオオムギの生育に影響があると、ビールの生産量が減少し、価格が2倍になる可能性がある──。ビール愛好家にとって衝撃ともいえる研究結果が発表された。こうした事態を避けるべく、農家やビールメーカーは、生産地の移動や品種改良による対応に取り組んでいる。

「ウェルネスエコノミー」をつくる。 誰もが健康になれる社会のために。──溝口勇児

1週 1日 ago
健康のために管理栄養士やパーソナルトレーナーといった専門家のアドヴァイスを受けるのは、時間もコストもかかる。そんな常識を覆し、こうした健康サーヴィスを広くあまねく利用できる社会を実現すべく、挑戦を続けている男がいる。FiNC Technologiesの溝口勇児が目指しているのは、健康課題をテクノロジーで解決していくこと。スマートフォンを起点に溝口がつくりだそうとしている「ウェルネスエコノミー」の姿が、いま明らかになってきた。

クアルコムの新しいチップが「5G」の時代を切り拓く

1週 1日 ago
第5世代移動通信システム(5G)に対応した最新のモバイルチップを、クアルコムが発表した。来年以降のスマートフォンに採用されていくことになれば、いよいよ同社が喧伝するように「ワイヤレス通信の新しい時代が幕を開ける」ことなるのか。

超大質量ブラックホールに飲み込まれる銀河の姿から、消えゆく「ゴースト星雲」まで:今週の宇宙ギャラリー

1週 1日 ago
輝くガスと星たちからなる巨大星雲が、別の恒星からの放射線によって宇宙の片隅で消えていこうとしている。そして、天の川銀河にそっくりな渦巻銀河の中心では、超大質量ブラックホールがすべての星を飲み込んでいる。そんな美しくも恐ろしい宇宙の様子を、探査機などが撮影した写真でお届けしよう。

「AIアート」の生成は、誰でも簡単にできるのか? 実際に試してみた結果

1週 1日 ago
AIが“描いた”肖像画がオークションに出品され、約43万ドル(約4,900万円)で落札されたことは記憶に新しい。このAIアートのコードを利用すれば、もしかして誰でも作品をつくれるのではないか? そう考えた『WIRED』US版の記者は、さっそく挑戦してみた。四苦八苦の末にできあがった作品の結果はどうだったのか──。

アップルの指紋認証「Touch ID」を悪用、新手の詐欺アプリが問題に

1週 2日 ago
アップルの指紋認証システム「Touch ID」を悪用した、新手の詐欺アプリが登場して問題になっている。アプリの利用中にTouch IDセンサーへのアクセス許可を求めてきて、応じると強制的に10,000円程度を課金されてしまうというものだ。指紋認証後の承認プロセスがない盲点を突いた手口だが、利便性を損なわずに問題は解決できるのか。

国際援助は「現物支給」と「現金支給」のどちらが効果的? ルワンダで実施された研究の意外な結果

1週 2日 ago
水や教科書、教育といった物品・サーヴィスといった“現物”を支給する従来型の援助と、使いみちに条件を設けずに市民に電子マネーを送金する援助とでは、どちらが効果的なのか。それを見極めるための実験が、グーグルのフィランソロピー部門「Google.org」と米国際開発庁(USAID)によってルワンダで実施された。USAID初の「A/Bテスト」の結果とは?

自動車産業の変革なくして、気候変動は止められない

1週 2日 ago
「2020年までに温室効果ガスの排出量を40パーセント削減する」という大胆な目標を打ち出したドイツ。すでに大幅な排出量削減に成功したが、残り時間もわずかとなるなか、その目標達成は怪しくなっている。その大きな理由は、同国の基幹産業でもある自動車にあった。米国を含む多くの先進国に共通するこのジレンマは、いかに解決できるのか?

NASAの探査機「オシリス・レックス」は、こうして小惑星からサンプルを採取する

1週 3日 ago
米航空宇宙局(NASA)の惑星探査機「OSIRIS-REx(オシリス・レックス)」が、小惑星ベンヌに到着した。この探査機には、ベンヌから物質を採取して地球までもち帰るという重要なミッションが課せられている。いかに探査機は小惑星のサンプルを採取するのか。そして、いかに地球にもち帰り、そこから何が解明できると期待されているのか。
チェック済
1時間 21 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読