WIRED.jp

VRのアヴァターは、ここまで「本物そっくり」に進化した:フェイスブックが開発する“未来の技術”の最前線

11時間 53 分 ago
目の前に現れたVRのアヴァターは、現実にいる人間と表情も仕草も完璧にシンクロするクローンのようにリアルな“人間”そのものだった──。VRの新たな次元を切り拓く可能性のある技術の開発が、いまフェイスブックのラボで進められている。人間をスキャンしてつくられる高精度なアヴァターは、いかに生成されるのか。いったいどんな技術が使われているのか。開発現場で目撃したのは、これまでに体験したこともないような「未来」の片鱗だった。

トランプ時代における「フィクション」の役割。スペキュラティヴ・アーキテクト、リアム・ヤングが語る

13時間 22 分 ago
フェイクニュースが氾濫し、人々が信じたい“現実”を信じる時代において、いかにして未来のヴィジョンを示すことができるのか。そのとき「フィクション」のもつ役割とは何だろう? 自らをスペキュラティヴ・アーキテクトと名乗り、南カリフォルニア建築大学でフィクションとエンターテインメントに関する修士プログラムを受けもつ「異色の建築家」リアム・ヤングが、現代におけるフィクションの役割を語った。

アップルが展開する屋外の「ARアート」は、これからの拡張現実の戦略を象徴している

16時間 22 分 ago
このほどアップルが、拡張現実(AR)を利用した現代アートのウォーキングツアー「[AR]Tウォーク」をスタートさせた。外の風景とARアートが一体化する今回の“展示”は東京を含む6都市に限られ、しかも厳格な手順に沿ってのみ体験できるようになっている。こうした慎重ともいえる試みは、ARを時間をかけて定着させようというアップルの戦略を象徴している。

シリコンヴァレーが傾倒する「創造的破壊」では、世界は決してよくならない

1日 12時間 ago
シリコンヴァレーには、既存の仕組みをテクノロジーによって“破壊”することをよしとする文化がある。だが、ディスラプション(創造的破壊)から生まれた新しいサーヴィスは、本当に既存の仕組みより優れているのか。家の玄関先だけですべてが完結する世界で果たしていいのだろうか。破壊によって世界がよくなることはないのではないか──。ジャーナリストのノアム・コーエンによる考察。

人間なしの建築。マシンランドスケープが地球に拡がるとき

1日 13時間 ago
ようこそ、マシンランドスケープの時代へ! データセンター、無人港、物流倉庫……。これから地球に拡がるのは人間のための建築ではない。プロセッサーとハードディスクドライヴ、物流ロボットと移動式の棚、自律型クレーンとコンテナ船。これらの機械が〈わたしたちの領土〉を覆い尽くすとき、地球は人間中心の時代から「ポスト・アントロポセン(人新世)」に突入する。(雑誌『WIRED』日本版VOL.33より転載)

物流の「ラストワンマイル」を自動化する前に、わたしたち人間が取り組むべきこと

1日 15時間 ago
自律走行する配達ロボットに荷物やピザを届けさせるなど、物流の「ラストワンマイル」を自動化する動きが活発になっている。だが、これらの当面は自動化が困難な作業より先に注目すべき分野がある。すでに自動化された仕事の合間にある短い作業「ラストモーション」こそが、自動化の先行や社会課題の解決にあたって重要な意味をもつ──。カリフォルニア大学サンタバーバラ校助教授のマット・ビーンによる提言。

古代のイヌのがん細胞は、こうして現代に生き延びて“伝染”する:英研究チームが見た「特異な進化」の秘密

1日 17時間 ago
イヌのがんとして知られる「可移植性性器腫瘍(CTVT)」が、古代のイヌの体から現代のイヌの体へと6,000年を経て“伝染”し続けてきた方法は、宿主をできるだけ「生かす」というものだった──。そんな研究結果を英国の研究チームがこのほど発表した。世界中の症例サンプルに基づいた遺伝子マップからは、まれではあるがヒトで発症した場合の治療法にも役立つヒントが隠されている。

木星から土星、海王星まで旅した双子の探査機「ヴォイジャー」の軌跡:今週の宇宙ギャラリー

2日 11時間 ago
1970年代後半に相次いで打ち上げられた双子の宇宙探査機「ヴォイジャー1号」と「ヴォイジャー2号」は、木星から土星、天王星、海王星へと前人未踏の旅路を続けてきた。太陽系を巡る認識を根底から覆したミッションを、ヴォイジャーが撮影した美しい写真で振り返る。

「コンピューターは意識をもちえない」意識研究の大家クリストフ・コッホは語る:菅付雅信連載『動物と機械からはなれて』

2日 12時間 ago
『意識の探求』や『意識をめぐる冒険』などの著書で知られる意識研究の大家であるクリストフ・コッホ。
彼は「コンピューターは意識をもちえない」と考える。
なぜならば、重力の影響をシミュレートしても時空を曲げられる質量をつくれないのと同じように、
AlexaやSiriが自然な返答ができたとしても、そこに意識が存在しないからだという。

アディダスとBASFが生み出した、BOOSTというテクノロジーの「仕組み」

2日 20時間 ago
アディダスのフットウェアに搭載されているミッドソールテクノロジー「BOOSTフォーム」。いまや世界中のランナー(とスニーカーヘッズ)の間でBOOSTの名を知らないものはいないだろう。13年のデビューから進化を続けるBOOSTフォームに、19年7月新モデル「BOOST HD」が加わった。進化を続けるこのBOOSTとは、そもそもいかなる“仕組み”のテクノロジーなのだろうか。アディダスと共同開発を行っている化学素材メーカーBASFに聞いた。

家庭のスマートテレビに強力な電波を送れば、飛ばしたドローンからでも乗っ取れる:研究者が実証(動画あり)

2日 21時間 ago
インターネット接続に対応したスマートテレビに強力な電波で不正な信号を送れば、飛ばしたドローンからでもハッキングできる──。そんな実証結果をセキュリティ研究者が発表した。テレビがネットワークと通信する際の認証システムの不備を悪用したもので、放送設備や中継機器が乗っ取られれば、何千万台ものテレビが一斉に乗っ取られる危険性もあるという。

コメディからSMまで、ネットフリックスはあらゆるニッチで世界を埋め尽くす

3日 12時間 ago
動画ストリーミングサーヴィス業界において競争が激化するなか、ネットフリックスが「高品質なテレビ番組」から軸足を移した先は「ニッチな作品」だった。きわどい笑いのコメディから過激な描写も含むSMまで──。限られた消費者の予算を奪い、業界で圧倒的な存在になるための戦略が、番組ラインナップから見えてきた。

「グリーン・ニューディール」の実現が難しいのは党利党略ではない。問題は送電網ができないことにある

3日 13時間 ago
米民主党の議員グループが公表した温暖化対策の決議案「グリーン・ニューディール」が2月に上院で否決されるなど、その先行きが党利党略ゆえに暗礁に乗り上げているようにも見える。だが仮に民主党が政権を握ってグリーン・ニューディール政策が推進されたとしても、それ以上の困難が待ち受けている。それは送電網を巡る問題だ。

地盤沈下が進むインドネシアの首都で、水没を防ぐ「巨大な防潮堤」は決して役に立たない

3日 22時間 ago
地盤沈下と海面上昇のダブルパンチによって水没の危機に見舞われているインドネシアの首都ジャカルタで、沖合いに巨大な防潮堤を築くという計画が持ち上がっている。だが実際のところ地下水の使用という地盤沈下の原因を取り除かない限りは、防潮堤すら沈んでしまう可能性がある。あとはいったいどんな打つ手が残っているのか。

ある自動運転スタートアップが、ウォルマートの中間配送を請け負った明快な理由

3日 23時間 ago
自動運転技術を開発しているスタートアップが、ウォルマート傘下の大規模店から小型店までの中間配送サーヴィスを開始すると発表した。消費者がネットで注文した商品を、大規模店から身近な店舗まで自律走行車で運ぶというニッチな事業だが、そこを狙う背景にはスタートアップならではの明快な戦略があった。

黄色ブドウ球菌はタバコの煙で“進化”し、薬剤への耐性を強める:研究結果

4日 12時間 ago
感染症の原因のひとつである黄色ブドウ球菌は、タバコの煙に晒されることで抗生物質などの薬剤に耐性をもつ可能性が高まる──。そんな研究結果を、このほど英国の研究チームが発表した。つまりタバコの煙はヒトの免疫システムの働きを低下させるだけではなく、その過酷な環境に細菌を適応させて薬剤への耐性を強める“進化”をもたらすことが明らかになったのだ。

リチウムを巡る各国の戦略が、電気自動車の未来を左右する

4日 22時間 ago
スマートフォンやノートパソコン、電気自動車などを動かすバッテリーの材料として欠かせないリチウム。その需要は今後10年で供給を上回ると予想されている。調達競争が激化すれば、やがてリチウムは石油のように世界の勢力図を大きく変える存在となる可能性がある。

デジタル機器のスピーカーは、ハッキングされると「音響兵器」になる:研究結果

4日 23時間 ago
デジタル機器などのスピーカーをハッキングすることで音響兵器化できるという研究結果が、このほど発表された。デジタル機器の内蔵スピーカーをマルウェアに感染させれば、そこから強い超音波を出したり、可聴域の周波数の音を大音量で流し続けるといったことができるという。こうした音波による攻撃は難聴など身体的な問題に加え、心理的な影響も引き起こすことが指摘されている。
Checked
2時間 23 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読