WIRED.jp

月の裏側は「ダークサイド」とは限らない

2週 6日 ago
「月の裏側」は、地球側から見れば確かに裏側であり、そこは陰になっているのだと思いがちだ。それでは本当に月の裏側は「ダークサイド」なのか? 結論を言えば表側と同じように太陽の光を浴びているので誤りだが、実は月には本当に恒久的な暗闇に包まれた場所もある。

アップルから「iPhoneの魔法」が消える日

2週 6日 ago
アップルの業績にかつての勢いがなくなってきた。iPhoneの売り上げが四半期ベースで15パーセント減になった一方で、競争が激化しているスマートフォン市場においてアップルの存在感は以前ほどではない。もはや「iPhoneの魔法」は効力を失いつつあるのか──。鍵を握るのは、極めて高い利益率を誇るサーヴィス分野だ。

フェンダーの新型ギターは、アコースティックとエレキの間で多彩な音をつむぎ出す(動画あり)

2週 6日 ago
楽器メーカーのフェンダーが、1本でエレキギターとアコースティックギターの両方の音色を出せる新しいギター「American Acoustasonic Telecaster」を発売した。セレクター操作で多彩な音色をブレンドすることもできる新しい楽器は、ギターの新たな世紀を拓く文明の利器なのか? それとも、魂のこもらない忌まわしいデジタル機器なのか?

問題あるコンテンツの排除に動くYouTube、その険しい道のり

2週 6日 ago
YouTubeがお薦めの動画を表示するアルゴリズムを変更することで、“境界線”の周辺にあるグレーなコンテンツを「おすすめ」に表示しないようにする取り組みを始めた。しかし、判断の指標が不明確であるほか、こうした動きが検閲につながる可能性もある。YouTubeは、いかにバランスを確保していくのか。

「FaceTime」のグループ通話機能にバグ、アップル痛恨のミスの深刻度

2週 6日 ago
アップルの「FaceTime」で、グループ通話に相手が応じる前に音が聞こえてしまうバグが見つかった。場合によってはカメラが撮った映像まで送られるというおまけ付きで、アップルはすぐさまグループ通話機能を停止した。この問題に対処すべく、わたしたちが現時点でやるべきことはあるのか。

バイオマテリアルが描く、ファッションのサステナブルな未来:連載「佐久間裕美子 ・はじまりの小さな場所」#11

3週 ago
ファストファッションが隆盛を極めるアパレル産業が、環境に与える影響は計り知れない。生産消費を繰り返す旧来のサイクルから、いかにして脱却し、サステナブルな産業へと変革するか。そのひとつの鍵を握るのが、バイオテクノロジーを用いた素材開発だ。商業規模での生産が可能になったいま、ゲームチェンジャーを目指すボルト・スレッズを訪ねた。

フレディ・マーキュリーが得た「成功と代償」:映画『ボヘミアン・ラプソディ』レヴュー

3週 1日 ago
すでに多くの賞を受賞した映画『ボヘミアン・ラプソディ』。この作品は単純な伝記映画ではなく、フレディ・マーキュリーの人生がすべて描かれているわけでもない。彼の生涯は「成功とその代償」というテーマの下に注意深く編集されている──。映画批評家のリチャード・ブロディによるレヴュー。

6億年前に分岐した、地球生まれのエイリアン〜連載・池田純一書評

3週 1日 ago
ヒトとタコは、進化の歴史の途上で約6億年前に袂を分かったとされる。スキューバ・ダイバーでもある哲学者ピーター・ゴドフリー=スミスは、その異世界の存在(=エイリアン)であるタコの知的な行動の様子を通して、ヒトとは別様の心(マインド)をもつ「知性体」への理解を深めながら、そもそも「知性とは何か」という抽象度の高い問いへと挑んでいく。しかし、その知的生命体から学ぶことは、心のあり様だけではないようだ。

山火事の防止にヤギを雇いたい──米国の小都市がクラウドファンディングを開始

3週 1日 ago
カリフォルニア州の小都市が、山火事防止の策としてヤギを雇おうとしている。生い茂る雑草を食べてもらうことで、火事を未然に防ごうというわけだ。しかし予算を確保する時間がないからと、選んだ手段はクラウドファンディング。その試みは、果たしてうまくいくのか?

全米横断を目指す「空飛ぶクルマ」、雪のなかで試験飛行に密着して見えてきたこと(動画あり)

3週 1日 ago
あるスタートアップが開発している電動飛行機が、全米を横断するデモ飛行を目指してテストを続けている。その企業ベータ・テクノロジーズは、8組のプロペラとモーターをもつ「Ava XC」の開発を成功させ、「空飛ぶクルマ」の未来を現実のものにできるのか。雪のなかで実施されたテスト飛行を密着取材した。

急増する海水の淡水化施設の悪影響と、隠れたビジネスチャンス

3週 1日 ago
海水などの淡水化施設が世界的に急増している。熱処理方式を採用した場合の膨大なエネルギーや、高濃度な排塩水が環境にもたらす影響など多くの課題も指摘されているが、そこには実はビジネスチャンスもあるのだという。われわれは一連の課題をいかに解決し、その利益を享受できるのか。

オラクルがマイノリティーにも待遇差別、 労働省の指摘に同社は反論

3週 2日 ago
男女の給与差別が発覚したオラクルに、今度はマイノリティーの待遇格差の問題が浮上した。労働省が裁判所に提出した報告書から明らかになったもので、特定の職種で学生ヴィザをもつアジア系の求職者が優先的に雇用されたり、女性や黒人、アジア系に対する待遇面での差別があったりしたと指摘されている。同社は「誤った主張に基く」と反論しているが、問題が政府を巻き込んで拡大していく可能性も出てきた。

2019年、あなたはシフトするーWIREDオリジナルグッズとGalaxy人気ガジェットをセットでプレゼント!

3週 2日 ago
2018年12月にスタートした、境界を越え輝きを放つアチーヴァーへのヴィデオ・インタヴューシリーズ「ART OF SHIFT」。本シリーズをお送りするWIREDとGalaxyが用意した、日常を“シフト”させるためのスペシャルプレゼントを抽選で3名の読者にプレゼント!(応募の詳細は記事最下部から)

ボーイングの「空飛ぶタクシー」、テスト飛行の成功で見えてきた実用化への道のり(動画あり)

3週 2日 ago
ボーイングの「空飛ぶタクシー」が、このほどテスト飛行に成功した。わずか1分未満の浮上は大きな進歩だが、浮上から前進飛行への移行といった課題が立ちはだかる。しかし、エアバスやベルといった大手企業が、Uberが目指す「空飛ぶタクシー」のプロジェクトに参画して開発競争を繰り広げるなか、徐々に実用化への道筋も見えてきた。

【ART OF SHIFT #2 中村理彩子】自分の手を使い、泥臭く実験していく:デジタルファブリケーションにしかできないアイデアを形にするために。

3週 2日 ago
テクノロジーの進歩によって、誰もが“クリエイター”になれる時代。では一体、クリエイションに差異をもたらす「因子」とは何なのか? ファストファッションの台頭で平均的なプロダクトが溢れるファッションというフィールドで、工芸とテクノロジーの融合に果敢に挑む、ネクストジェネレーションのメイカー・中村理彩子のシフトの技法に迫る。
チェック済
2時間 19 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読