Engadget Japanese

2011年の今日、米国で初の「Chromebook」が発売されました:今日は何の日?

6日 23時間 ago
おもなできごと ・2007年6月15日、三洋電機(現:パナソニック)が水中撮影に対応したXacti「DMX-CA65」を発売 ・2011年6月15日、初の「Chromebook」が米国でAcer・Samsungから発売 ・2012年6月15日、ソニーが1.0型センサー採用の高画質コンデジ「DSC-RX100」を発売 ・2017年6月15日、ドコモが「docomo with」対象の格安スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発売 ・2017年6月15日、マイクロソフトがクリエイター向け一体型PC「Surface Studuio」を発売 ・2017年6月15日、マイクロソフトが定番タブレットPCの新モデル「Surface Pro」を発売
今日は何の日?

新型テスラ・ロードスターは人間の運転能力を拡張する? マスク氏が謎のモード搭載と語る

1週 ago
テスラを率いるイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、電気自動車「新型ロードスター」に「Augmented Mode」と呼ばれる特殊なモードが搭載されるとツイートしています。「増強モード」とも呼べそうなこの機能は、マスク氏によれば人間の運転能力を拡張するという、なんだかSF映画感を持った機能になるそうです。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ

1週 ago
次世代移動通信「5G」の通信方式である「5G NR」(5G New Radio、以後5G)の標準仕様の策定が6月14日に完了しました。 数Gbpsを超える大容量通信、数msレベルの低遅延、無数のIoT機器をつなぐ超多接続を実現する「5G」時代がまもなく到来します。 LTEと連携して稼働させる「ノンスタンドアロン方式」の5Gの仕様策定については、2017年12月に完了していました。今回、6月14日の3GPP Plenary(移動通信システムの標準化団体)の会合により、LTEとの連携をせず、5G単体で動作する「スタンドアロン方式」の標準仕様の策定が完了。晴れて5Gの主要機能の全仕様が策定されました。 海外では2019年にも5Gの商用サービスが開始される見通し。また、クアルコムやインテルは5G対応のスマホ向け商用モデムをすでに発表しており、5Gに対応するスマートフォンも同年に登場する見通しです。 5Gは単に通信速度が早いだけでなく、数ms級の低遅延や、IoT時代の本格到来に必要な多接続が売り。「AI」「自動運転」「ロボティクス」など、あらゆる産業を再定義するインパクトを秘めた存在として期待されています。 関連記事: ・ミリ波帯でも都市をカバーできる──「5G」の懸念払拭、クアルコムがデモ ・5Gスマートフォンは2019年に登場、クアルコムが見通し ・Intel、5G商用製品は19年半ばに登場の見通し ・世界初の5Gサービスがカタールで開始!しかし端末やサービスはアナウンス無し
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

Google、Chromebookの旗艦端末「Pixelbook」にWindows 10搭載を計画か

1週 ago
2017年10月に発売されたGoogleのPixelbookは、Chrome OSを搭載しながら第7世代のintel Core i5/i7を搭載し、RAMも8GB/16GBでストレージは最大512GBと、一般的なノートPCとそん色ない仕様のハイエンドモデルです。それだけに「Windowsが載っていれば欲しかった」という声も聞かれたのですが、その想いが実現するかもしれません。 開発コミュニティサイトのXDA-Developersによると、Chrome OSの開発コードの中にHardware Certification Kit(WHCK)とWindows Hardware Lab Kit(HLK)の記述が見つかっており、GoogleがMicrosoftと協力して、Pixelbook上でWindows 10を動かそうとしているのではないかとのことです。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

マイクロソフトがHoloLens 2を今年中に発表か。大幅値下げと視野角拡大、軽量化など全面改良のウワサ

1週 ago
[Engadget US版より(原文へ)] AR(拡張現実)ゴーグル業界へと切り込むべく、マイクロソフトが「HoloLens」を発表してから3年以上が経ちました。それ以来、同社はMR(複合現実)プラットフォームを他メーカーへと開放し、それにより2017年には興味深いVRヘッドセットがいくつか登場しました。 そして今こそ、HoloLensの後継モデルが登場する時です。海外テックサイトのThe Vergeによれば、年末までには「HoloLens 2」(仮称)が登場することになりそうです。これはThurrott.comによる「コードネーム『Sydney』と名付けられた新ヘッドセットが2019年第1四半期(1月〜3月)に発売される」というレポートに続く報道です。
Engadget US(翻訳 塚本直樹)

電圧低下の探査車オポチュニティ、スリープモードに。火星の1/4覆う砂嵐、NASAは天候回復後の復旧に希望

1週 ago
火星に発生した砂嵐はこの惑星表面を1/4も覆う巨大さに発達し、15年の長きに渡って活動してきた火星探査ローバー、オポチュニティを巻き込みました。6月11日の時点ではまだかろうじて通信が可能だったもののそのバッテリー残量は低下を続けており、6月13日にはすべてのサブシステムをシャットダウンの上低電力モードに入ったことが確認されています。このモードではコンピューターのみが、残電力チェックのため定期的に起動します。
Munenori Taniguchi

AQUOS初のSIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus」は6/22発売

1週 ago
シャープは、AQUOSとして初となるSIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus(SH-M07)」を6月22日に発売します。5.5インチ(2160×1080ドット)IGZO液晶を搭載、CPUはSnapdragon 630に独自チューニングを施しており、ミドルレンジながらサクサク動き、さらに防水、おサイフにも対応しています。 シャープからの価格は未公表ですが、ヨドバシカメラとビックカメラでは既に予約を受け付けており、価格は両店とも4万8470円(税込)です。
ACCN

砂嵐に巻き込まれた火星探査ローバー「オポチュニティ」、残電圧低下の試練に直面

1週 ago
[Engadget US版より(原文へ)] 火星探査車オポチュニティは砂嵐に巻き込まれてしまい、この猛烈な悪天候をなんとか生き抜くために身を潜めています。 嵐は6月1日金曜日、火星の周回軌道を回る探査衛星マーズ・リコネッサンス・オービターにより探知されました。その時点で、オポチュニティ周辺の気象事象から、オポチュニティ班は嵐の到来を予期していました。オポチュニティは太陽電池パネルを使っているので、砂嵐はその電力レベルやバッテリーに重大な被害を与える恐れがあります。
Engadget US(翻訳 金井哲夫)

Galaxy Note9のバッテリーは4000mAhと大幅増か、25Wワイヤレス充電器も同時発売の可能性

1週 ago
韓国サムスンが開発中とされる新型スマートフォンGalaxy Note9が4000mAhのバッテリーを搭載し、8月上旬にリリースされるとの噂が報じられました。 さらに同社が米連邦通信委員会(FCC)に登録した新たなワイヤレス充電機器の情報から、Galaxy Note9の充電速度もより速くなる可能性も浮上しています。
Kiyoshi Tane

イーロン・マスク「Autopilotハンドル警告無視」するテスラ車オーナーに悩む。事故で警告増やせば苦情も増加

1週 ago
カリフォルニア州マウンテンビューで発生したテスラModel XのAutoplot使用中の死亡事故では、テスラはドライバーが事故発生の原因だったと独自に結論づけて、米国家運輸安全委員会(NTSB)への調査協力を打ち切っています。 そして、Autopilotの最新バージョンでは、ドライバーがハンドルを握っていないときに発する警告のインターバルを従来の1~2分から30秒に縮めるとともに、ただハンドルを持つだけでなく、上もしくは下方向に荷重を加えなければ警告を解除できない旨をスクリーン表示するよう変更しました。
Munenori Taniguchi

Xperia XZ2にジャストフィット。GRAMASから手帳型レザーケースが6月22日発売

1週 ago
坂本ラヂヲ株式会社の展開するブランド『GRAMAS COLORS』は、 ソニーモバイルコミニュケーションズ製新型スマートフォン、Xperia™ XZ2 (2018年5月発表)専用の手帳型PUレザーケースを2018年6月22日(金)より発売いたします。GRAMASの代名詞でもあるフルレザーケースの機能性はそのままに、素材に合成皮革を採用することで、よりお求めやすい製品を目指しました。汚れと傷に強い合成皮革の特性を最大限引き出しつつ、ディテールなどを丁寧に作り込み、単なる廉価版ではない製品に仕上げています。 縦入れタイプのため、横入れタイプに比べて本体の横ずれが起きにくく、画面を快適に操作できます。 ケースを付けたままで、充電や写真(動画)撮影、電源、音量などの各種操作が可能です。
PR TIMES

OPPO新旗艦スマホは芸術的な仕上がり? 6月19日、ルーブル美術館でFind X発表を告知

1週 ago
日本市場への参入も果たしたOPPOが、次期フラッグシップスマートフォンFind Xを6月19日 20時45分、パリのルーブル美術館で発表します(日本時間で6月20日 3時45分)。 OPPOは過去に、FindシリーズとしてFind 5やFind 7などハイエンドなモデルをリリースしていましたが、2014年のFind 7を最後に途絶えていました。Find Xは4年ぶりのFindシリーズ復活となります。 関連記事: Oppo Find 7発表。JDI製5.5インチ2560x1440液晶、5000万画素撮影対応のフラッグシップ (2014年3月) すでに同社はイベントサイトやティザーサイトを公開しているほか、中国Weibo上でティザー画像をいくつも公開しています。 また、実機とされる画像や仕様なども流出しており、大まかながらそのハイエンドぶりが明らかになっています。 ▲Weiboで公開された実機とされる画像 それらの情報によれば、SoCはSnapdragon 845でRAM8GB、ストレージは128GBと256GB。画面サイズは6.4インチで上部に切り欠き(ノッチ)がある全画面ディスプレイと予想されています。 背面カメラは20MP+16MPのデュアル構成。具体的な使い分け(広角+望遠など)は不明ながら、公開されているティザーから5倍の「ロスレスズーム」に対応するのではと考えられます。 ▲OPPOがWeiboで公開しているティザーの一部 このロスレスズームは昨年のMWC 2017でOPPOが披露していた技術で、光学3倍ズーム、デジタルと合わせて5倍ズームを実現するというもの。これが搭載される確証はありませんが、Findシリーズはその時々の最新技術を取り入れてきているだけに、搭載の可能性は十分にありそうです。 また、流出している本体画像を見る限りでは、背面に指紋センサーが搭載されていません。このため、VivoやXiaomiと同様にディスプレイ内蔵タイプの指紋センサーを搭載している可能性もあります。 冒頭に書いた通り、OPPOは2018年1月に日本市場に参入しています。海外ではすでに後継モデルとなるR15/R15 Proが発売されていますが、日本ではいまのところR11sしかリリースしていません。 関連記事: 速報:OPPOが日本参入、第1弾スマホ「R11s」は20MPデュアルカメラ&縦長OLED 日本でも発売か!? OPPOの最新スマートフォン「R15」が深センのストアに登場 ここは日本におけるブランド認知度向上を図る意味でも、ハイエンドモデルとなるFind Xを日本で発売する可能性に期待したいところです。 A combination of technology and art. OPPO Find X Global Launch Event. The Louvre, Paris. Find us on June 19! More news coming soon on: https://t.co/zIRxwZEKwM#OPPOFindX pic.twitter.com/onmKPembGV - OPPO (@oppo) 2018年6月5日
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

2口の小型USB ACアダプタが799円。AUKEYが6月15日よりセール開催

1週 ago
 AUKEYは10年以上のハードウェア開発の経験を有し、先端技術を採用し信頼性の高い家電製品とスマートフォン周辺機器を開発・生産しております。AUKEY USB充電器PA-U32(ホワイト)(URL:https://amzn.to/2sLvwa2) の20%オフセールをAmazon.co.jpにて開催致します。6/15(金)~6/19(火)までクーポン「AUKEYU32」を利用することで、799円(税込み)でご購入いただけます。 シンプルなデザインと超コンパクトなサイズで、海外旅行や出張、お出かけが多い人にオススメします!
PR TIMES

ファーウェイ・ジャパンのトップに聞く、P20シリーズの販売戦略:週刊モバイル通信 石野純也

1週 ago
今年は、"夏のファーウェイ祭"と呼べるほどリリースラッシュのファーウェイ。ドコモからは「P20 Pro」、auからは「P20 lite」、ソフトバンクからは「Mate 10 Pro」と「nova lite 2」がそれぞれ発売されます。サブブランドのワイモバイルやUQ mobileも、P20 liteを取り扱います。これらキャリアモデルの情報が出そろったあと、ファーウェイは、自身のブランドで発売するSIMフリーモデル2機種を発表しました。フラッグシップモデルの「P20」と、ミドルレンジのP20 liteがそれです。
石野純也 (Junya Ishino)

次世代Xbox『Scarlett (スカーレット)』は2020年発売?複数の製品が開発中

1週 ago
マイクロソフトが開発中の次世代 Xbox は、再来年2020年にも登場するかもしれません。 マイクロソフトのインサイダー情報でおなじみ Thurrott.com の Brad Sams氏らが伝えるところによれば、次世代 Xbox 製品群の開発コードネームは「Scarlett」(スカーレット)。 単一のゲーム機ではなく「製品ファミリー」に対するコードネームで、予定では2020年発売とされています。
Ittousai

2019年のiPhoneはLightning端子をUSB-Cに変更?錯綜するiPhoneコネクターのうわさ

1週 ago
2019年モデルのiPhoneはLightningコネクタに代えてUSB-C端子が搭載される可能性が高いとの噂が報じられています。台湾の業界誌DigiTimesによると「アップルは次世代のiPhoneとiPadの充電器と関連インターフェースを再設計しており、2019年のiPhoneにはUSB-Cが搭載される可能性が高い」とのこと。
Kiyoshi Tane

2013年の今日、Wi-Fi内蔵SDカード「Eye-Fi Mobi」が発売されました:今日は何の日?

1週 ago
おもなできごと ・1952年6月14日、米海軍の攻撃型原子力潜水艦「ノーチラス」起工 ・2008年6月14日、auが「au Smart Sports」をフルサポートしたケータイ「Sportio」(W63T)を発売 ・2012年6月14日、ドコモが通信量表示に対応したXiモバイルルーター「L-04D」を発売 ・2013年6月14日、SUUNTOが多機能GPSスポーツウォッチ「Ambit2 S」を発売 ・2013年6月14日、Eye-Fiがスマートフォン向けWiFi内蔵SDカード「Eye-Fi Mobi」を発売
今日は何の日?

ノッチがない全画面ディスプレイのVivo NEX発表。フロントカメラはポップアップ式

1週 1日 ago
中国VivoがMWC 2018で披露していた、ディスプレイ上部に切り欠き(ノッチ)がなく、ポップアップ式のフロントカメラを搭載たコンセプトモデルAPEX。その市販品となるVivo NEXが発表されました。 関連記事: 「にゅっ」とカメラが出てくる全画面スマホ Vivo APEX。画面ノッチ否定派注目のコンセプト作 究極の全画面スマホ誕生?Vivoのノッチなし端末「NEX」本体画像が流出か ディスプレイはノッチがないベゼルレスで、サイズは6.59インチ(2316x1080)。ベゼルレスとはいえ、下側はわずかに厚くなっています。とはいえ、画面占有率は91.24%に達し、これまで登場したどの端末よりもベゼルレスと言えそうです。 SoCにSnapdragon 710を搭載するVivo NEXのほか、上位モデルとなるSnapdragon 845を搭載したNex Ultimateも発表されました。Ultimateはディスプレイ下に指紋センサを搭載。第3世代のディスプレイ内蔵指紋センサとのことで、前世代のものと比べ、認証精度が50%向上したとしています。なお、通常版は背面に指紋センサが配置されています。 背面カメラは1200万画素 + 500万画素のデュアル仕様。4軸OISを搭載するほか、AIによるシーン認識にも対応しています。

【ギャラリー】Vivo NEX (13枚)

このNEXで気になるのはなんといってもポップアップ式のフロントカメラです。カメラのUI上でフロントカメラを選択すると自動でせり上がり、終了するとやはり自動で収納されるとのこと。可動部分があると耐久性が心配になりますが、Vivoによると5万回の使用に耐えられるとのことです。ちなみにカメラは800万画素。 その他主な仕様としては、RAMとストレージはNEXが6GB/128GB、NEX Ultimateが8GB/128GBと8GB/256GB。外観サイズは共通で162 x 77 x 7.98mm、199g。バッテリー容量はどちらも4000mAh。OSはAndroid 8.1となっています。 価格は、Vivo NEXが3898元(約6万7000円)、NEX Ultimateの128GBが4498元(約7万7000円)、256GBが4998元(約8万6000円)。中国では6月23日に発売となります。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

アプリ開発者のiPhoneユーザー連絡先アクセスに新たな制限。App Storeガイドライン改訂が明らかに

1週 1日 ago
アップルがApp Storeのガイドラインを改訂し、アプリ開発者がiPhoneユーザーの連絡先情報の利用や収集などを厳しく制限したことが報じられています。 同社は先日のWWDC 2018にてiOS 12やmacOS Mojaveでのユーザー行動追跡防止機能などプライバシー保護を強調していましたが、その際には連絡先に関するガイドライン改訂には言及なく、新たに明らかになったかたち。規約違反の場合は開発者が除名される可能性もあり、アプリ開発者に大きな波紋が広がりそうです。
Kiyoshi Tane

Mac版「Office 2019」ビジネス向けプレビュー公開。Office 365の機能取込み、管理機能やセキュリティも強化

1週 1日 ago
米マイクロソフトが、Office 2019 for Macのコマーシャルプレビュー版を公開しました。コマーシャルプレビューと言われるとなんだか一般向けに聞こえるかもしれないものの、対象はボリュームライセンスを購入しているビジネスユーザーです。
Munenori Taniguchi
チェック済
2時間 2 分 ago
Engadget Japanese
Engadget Japanese
Engadget Japanese フィード を購読