Engadget Japanese

プレイステーション クラシックを開封してみたら初代PlayStationへの情熱が込み上げてきた

6日 5時間 ago
デーン、デーーーン♪ という起動音とともにでてくるPlayStationロゴはもはやトラウマ......じゃなくて良い思い出です。 ファミコン、メガドライブ、PCエンジン、スーパーファミコンと、青春時代を共に駆け抜けてきたゲーム ハード。その真打が登場したのは1994年12月3日。 SONYがゲーム機出すの? という驚きとともに「PlayStation」が誕生したのはもう今から24年も前のことですね。 そんな思い出の詰まったPlayStationが「PlayStation Classic SCPH-1000RJ」として9980円+税で復刻しました。 最近のブームというか。「ニンテンドー クラシックミニ ファミリーコンピュータ」「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に乗っかった形で投入されたと思われるプレイステーション クラシック。その道をたどってきたユーザーとしては、プレイするかしないかは置いておいても復刻盤ミニゲーム機シリーズにはコレクター魂が発動してしまうものです。 当然ながら、発売となった2018年12月3日、当日に受け取りました。 この忙しい週の最初にやってきて遊んでられないのにとブツブツ思いながらも、やっぱり開梱するのは嬉しいものです。 当時は3万9800円もして高かったなーとか、予約して本体を入手するのがめちゃくちゃ大変だったなーとか、ゲームソフトがロムからディスクに変わってテンション上がったなーとか、パッケージを見るだけでも思い出話が止まらなくなります。 まだ開けてないのに。 さて、パッケージの構造はさすがに当時と違ってますが、しっかりとした外箱に本体たちが収まっています。本体のほかに入っているものは、コントローラーが2つに、HDMIケーブルと、microUSBケーブル、そして取扱説明書。このあたりは、復刻盤ミニゲーム機シリーズの定番というところ。 プレイステーション クラシックの本体はオリジナルの本体から約4分の1スケールに縮小されてはいるものの、非常によくできています。VAIOやPlayStationのデザインを手がけた後藤禎祐氏の魂がここに復刻したと言えるでしょう。 ちなみに端子類は専用のものではなくすっかり汎用のものに。前面に用意されるコントローラーとの接続はUSB端子であり、背面の映像出力はHDMI端子、電源供給用としてmicroUSB端子が用意されています。 当時、「AVマルチ端子」から専用ケーブルでソニーのテレビ(ブラウン管)接続すると高画質になる! なんて興奮していたのもいい思い出です。 当然ながらコントローラの上にあるメモリーカードスロットはダミー。セーブデータの記録は本体内のメモリに行います。 POWERボタンやRESETボタン、OPENボタンがちゃんと押せる物理ボタンになっているのは非常に芸が細かいところ。背面パラレルポートの蓋もしっかり作り込まれていて、「ここ、実際に開けるんじゃないか?」と思えるほどです。当然ながらディスクのトレイが開くことはないですが、忠実に作られすぎていて思わずOPENボタンをポチポチ押してしまいそうになります。 このOPENボタン、複数のディスクにまたがって収録されているタイトルでは、仮想でディスクを入れ替える場面があり、その入れ替えタイミングで押す役割になっているようです。 コントローラーは、本体にあわせた縮小サイズではなく、しっかりと大きく握りやすい通常のサイズ。本体以上にコントローラーでもテンションがあがります。 当時、もう長らくファミコン式のコントローラーが体に染み付いていた自分にとって、このグリップする形状といい、人差し指で押すLRボタンが2個づつあるなど、自分の指で操れるのか......? と興奮していた記憶が蘇ります。 逆に物足りなく感じたのはアナログスティック。そういえば、初代プレイステーションのコントローラーにはまだアナログスティックが装備されていないのでした。 ちなみにこのコントローラー、専用端子ではなく汎用のUSB接続となっているため、PCやAndroid TVなどにつないでつないで使うこともできます。プレイステーションのコントローラーが別の機器で使えるというだけでも価値があるんじゃないかと思うわけです。 当然このサイズなので、プレイステーション クラシックではディスクがあるわけではなく、ほかのミニゲーム機シリーズと同様、本体内にゲームが収録されています。その数20タイトル。 昔、初代プレイステーションでは、ディスクが読み込まれなくて、本体を立てたりひっくり返したりして起動させるなんてこともありましたけどそこまでは忠実には作られていません。残念。 昔のことは思い出として補正されているので、実際にゲームするとこんなものかーと思えてしまうところが切なくもありますが、ひとまずテレビにつないでプレイステーションのゲームを楽しんでみることにしましょう。
くんこく(Kunkoku)

スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」、SiriショートカットやヘイSiriで操作可能に

6日 5時間 ago
ラトックシステムは、スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」がSiriショートカットによる音声操作に対応したと発表しました。iOS用アプリをアップデートすることで、iPhoneやiPadに「ヘイSiri」と話すと、家電の操作が可能になります。 スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」は、スマホに専用アプリをインストールし、初期設定さえすれば、スマホを赤外線リモコンに対応した家電製品やAV機器製品などのリモコンがわりとして使うことが可能。タイマーをセットして指定時刻になると機器を動作するようにできる機能や、Androidスマホに向かって「OK Google、冷房を24℃に設定して」などと、声で呼びかけて家電を操作することも可能です。別途、設定すれば「Google Home」や「Amazon Alexa」などのスマートスピーカーから操作できます。 今回、iOS(ヘイSiri)に対応したことで、さらに多くのユーザーが声で利用できることになります。 iPhone・iPad向けの最新OS(iOS 12)で追加された新機能「Siriショートカット」を使うことで、複数の家電を操作したり、ほかのサービスを組み合わせて、よく使うアクションをワンフレーズで実行できます。今回のアップデートでは、全てのリモコンボタンが指定可能で、事前に家電リモコンアプリ上でタップをしたボタンが選択可能。ショートカットは音声だけでなく、ホーム画面やウィジェットへの表示にも対応。声での操作がしにくい場面でも簡単に使えるようになります。 ラトックシステムは、今後も継続して新しい環境への対応や機能の提供をしていきたいとしています。
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)

ソフトバンク、シャープ製Android Oneスマホ「S5」を12月下旬以降に発売。5.5インチIGZO搭載

6日 6時間 ago
ソフトバンクは、同キャリアとしては2機種目となるAndroid Oneスマートフォン「S5」を12月下旬以降に発売します。価格は未定。 Androidのキャリア端末はアップデートが滞りがち、かつ毎月のセキュリティアップデートもなかなか追従できない状態となっています。この点、Android Oneは、端末発売から24か月間は最低1回以上のOSバージョンアップを提供。また、発売から3年間は毎月のセキュリティアップデートを保証されているのが特徴です。 「S5」は、このAndroid Oneを搭載するシャープ製スマートフォンで、ワイモバイルからも同じ端末がリリースされます。なお、ソフトバンクからとしては、1月に発売された「S3」に続く2機種目となります。 関連記事:ソフトバンク初のAndroid Oneスマホはシャープ製「S3」。OS更新保証、3年間セキュリティパッチ提供 5.5インチ 2160x1080のIGZOディスプレイを搭載。SoCはSnapdragon 450、RAM3GB、ストレージ32GB。最大512GBまでのmicroSDXCに対応します。背面カメラは1200万画素で前面は800万画素。バッテリー容量は2700mAh。 IPX5/IPX8相当の防水、IP6X相当の防塵に対応するほか、MIL規格準拠の高い耐衝撃性能も備えます。なお、ワンセグ・フルセグやおサイフケータイには非対応です。 筐体はアルミのアルミ製で、本体サイズは約71×148×8.1mm、重さ約149g。カラーバリエーションはクールシルバー、ダークブルー、ローズピンクの3色です。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

ATOK 2019は「まいかた」を「枚方」に変換できる

6日 6時間 ago
ジャストシステムは、日本語入力エンジン「ATOK」と日本語ワープロソフト「一太郎」の新バージョンを発表しました。 「ATOK for Windows」は来年2019年2月に新バージョンを発売。同日に、定額サービス「ATOK Passport」向けのバージョンアップも提供します。 ATOK 2019の新機能は、当初はWindows版のみに提供されます。Mac版への提供は追って開始される予定。Android版については、検討中としています。
石井徹(TORU ISHII)

Microsoft、Chrome OS対抗の新OS「Windows Lite」を開発中か

6日 6時間 ago
MicrosoftがChrome OS対抗の新OS、「Windows Lite」を開発しているとの噂が出てきました。 教育機関で使われるOSとして、世界市場では6割以上のシェアを誇るWindowsですが、米国でのシェアは2割ほど。米国ではChorome OSが6割を占め、大きく水を開けられています。米国市場だけのこととはいえ、世界市場でもChrome OSのシェアは徐々に増加しており、この状況に危機感を抱いているのかもしれません(世界市場ではChrome OSのシェアは1割弱。いずれもFuturesource Consulting調べ)。 Microsoftの最新情報に詳しいブラッド・サムス氏によると、MicrosoftはChrome OS対抗の「Windows Lite」あるいは単に「Lite」と呼ばれる新しいWindowsのバージョンを開発中とのことです。その痕跡はWindowsの最新ビルドのソースコードにも見て取れるとのことです。 Windows Lite? Windows 10 SDK 18282 pic.twitter.com/WWD2HEl6FE - Tero Alhonen (@teroalhonen) 2018年11月20日 軽量バージョンのWindowsと言えば、Windows RTやWindows 10 Sを思い浮かべますが、Liteもそれらと同様にUWP(Universal Windows Platform)とOWA(Progressive Web Apps)アプリのみが利用可能になるとのこと。UIが大幅に変更されるほか、OS単体での一般販売はされず、OEM向けに限定されるとしています。 なお、Liteは、Microsoftが開発している2画面Surface端末(コードネームCentaurus)に採用され、2019年の開発者会議Build 2019で発表される見通しとのこと。 Microsoftの2画面折り畳み端末といえば、Andromedaが知られていますが、Centaurusはこれよりも大きなサイズになるようです。またAndromeda自体は開発が継続されているものの、リリーススケジュールについては不明とのことです。 関連記事:折りたたみSurface、2019年まで発売延期?Andromedaの旅はまだまだ続くとのうわさ ちなみに、Microsoftは、ストレージの少ない端末向けにWindows 10 Leanを開発しているとの噂もありました。こちらは、サイズが小さいWindows 10のようなので、今回のLiteとは別物の可能性が高そうです。 関連記事:Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

Android One最高峰の「Android One X5」、13日発売

6日 7時間 ago
ソフトバンクはサブブランドのY!mobileにて、LGエレクトロニクス製のスマートフォン「Android One X5」を12月13日に発売します。価格は7万7300円(税抜)です。 「Android One」シリーズはGoogleが最新のアップデートを直接提供するのが特徴で、標準ホーム画面を採用し、メーカー製アプリなどを極力省かれています。「Android One X5」は、ハードウェアはLGが海外で発売済みの「LG G7 One」と同等で、Y!mobile向けのアプリなどが追加されています。
石井徹(TORU ISHII)

新MacBook Airのライバル最有力候補 ASUSの「ZenBook S UX391UA」をチェック:旅人目線のデジタルレポ 中山智

6日 7時間 ago
旅人ITライターの中山です。モバイルに最適なPCということで、薄型の13インチモデルを注意してチェックしています。最近気になっているのがASUSの「ZenBook S UX391UA」。そこで今回はASUSから評価機をお借りして試用してみました。
中山智 (Satoru Nakayama)

PayPay「100億円キャンペーン」開始で、つながりにくく

6日 8時間 ago
ソフトバンクとヤフーが手がける決済アプリ「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が12月4日から開始されました。対象店舗でPayPayを利用すると、20%相当のPayPayボーナスを還元。さらに抽選で40回に1回の確率で1会計に10万円相当まで全額が戻ってきます。しかし、記事執筆時点(12月4日14時00分)ではアプリ画面には「現在、PayPayサービスがご利用しづらい状態になっております。」というメッセージが。キャンペーンのボーナス目当てにユーザーのアクセスが集中したのではないかと思われます。 ※追記(12月4日16時25分) 一時、PayPayサービスにつながりにくい状態であったとしていましたが。現在は復旧しているとアナウンスアプリ内ででアナウンスされました。 ■関連記事 還元率20%の衝撃──スマホ決済のPayPay、100億円バラマキでキャッシュレス市場に攻勢 ビックカメラでPayPay利用可能に、100億円キャンペーン対象&ビックポイントも貯まる!
田沢梓門

Google、Pixelシリーズ向けに13のアップデート内容を発表。メモリ管理バグの修正とカメラパフォーマンス向上

6日 8時間 ago
米Googleは、12月1日(現地時間)に公開された定例のセキュリティアップデートとは別に、Pixelデバイス向けに13個の「機能パッチ」を発表しました。 この中にはメモリ管理に関するバグに対処したと思われるパッチのほか、カメラのパフォーマンス向上も含まれており、特にPixel 3/XLの使いやすさや機能が大きく改善されそうです。
Kiyoshi Tane

「宇宙全体で今までに作られたすべての光」を科学者が測定。約138億年の歴史を知るヒントに

6日 8時間 ago
クレムソン大学の研究チームは、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡を使った観測と分析によって、これまでに宇宙で作られた光(光子)のほぼ全量を測定できたと発表しました。目的は、宇宙の生い立ちを研究するため。 宇宙は約138億年前のビッグバンによって始まり、その数億年後には星々を形成し始めたと考えられます。いまでは全宇宙には約2兆の銀河があり、それぞれが無数の星で形成されています。 研究者らは、初期の宇宙について調べるために非常に遠い銀河がはるか昔に発した光を観測してきました。ただ、あまりに遠すぎるためはっきりと観測することができず、その分析に推定を織り交ぜなければならないのが難点でした。
Munenori Taniguchi

Tumblrがアダルトコンテンツ禁止にポリシー変更。12月17日から実施

6日 9時間 ago
マイクロブログサービスのTumblrは12月3日(米時間)、性的描写などを含むアダルトコンテンツの投稿を禁止すると発表しました。この内容を含む新しいコミュニティガイドラインは12月17日から施行されます。 Tumblrではこれまでも、性的内容や暴力的な内容を含む投稿は「閲覧注意コンテンツ」とされていましたが、投稿そのものは可能でした。また、閲覧者側もセーフモードを有効にしていれば、これらのコンテンツはフィルタリングされ、表示されない仕様となっていました。 しかし、12月17日以降はこれらのコンテンツが投稿できなくなり、投稿済みの内容も非表示となります。このため、セーフモード自体もなくなるとのことです。 今後禁止されるアダルトコンテンツは下記のようなものになります。 人間が性的行為または同様の行為をしている、あるいは人間の性器が露出している画像、動画、GIF、並びに乳首を露出させた女性および性的行為を表現する画像、動画、GIF、イラスト、画像が主にその対象となります。 ただし、授乳の様子や、出産、産後を想起させるもの、彫刻やイラストなど芸術としてのヌードコンテンツは対象外とのことです。 なお、アダルトコンテンツの判定は、機械学習と人間のモデレーターの両方で行われるとのことです。この作業のためにモデレーターを増員し、必要であればさらにスタッフの増員も行うとしています。 Tumblrはこれまで、この手のコンテンツに比較的寛容だったのですが、11月中旬にiOSのApp StoreからTumblrのアプリが削除されたことがきっかけの1つになっているようです。 Tumblrはこれまでも児童ポルノについては禁止しており、これらの内容は、データベースに照らし合わせて判定し、表示されないようにしていました。しかし、このフィルタをすり抜け、画像が一時的に公開される自体が発生。Tumblrはこの件がApp Storeのガイドラインに抵触し、削除されたと発表していました。 今回のガイドライン変更の理由について、Tumblrは「より安全なプラットフォームにするための努力の一環」であり、「成人向けコンテンツがないほうが、多くの人々がより安心して快適に自己表現ができることを確認した」ためと説明しています。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

ソフトバンク、Pepperを100台以上寄付 北米の教育機関に

6日 9時間 ago
ソフトバンクグループは、人形ロボット「Pepper」を米国やカナダの教育機関に100台以上寄付すると発表しました。 この寄付は、Pepperを活用した教育プログラムが11月から北米の一部学区で開始されたことに伴うもの。2021年9月まで順次台数および寄付先を拡大し、寄付台数は100台以上になる見通しです。 また、ソフトバンクグループは、日本でも2000台以上のPepperを教育機関などに貸し出しており、Pepperによる授業を累計で1万7000回以上実施しているとのこと。同プログラムで養ったノウハウ・経験を北米でも展開することで、北米におけるSTEM教育(科学・技術・工学・数学を重視した教育方針)への貢献を目指すとしています。 なお、Pepperを販売するソフトバンクロボティクスは、販売不振のPepperに続く商用ロボットとして、清掃に特化した「Whiz」を発表。月額2万5000円で企業が同ロボットを利用できるサブスクリプションサービスの申し込み受付を2019年2月に開始します。 さよならPepper、ポンコツでも君は確かに家族だった(石川温)
小口貴宏(Takahiro Koguchi)

Vivo Nex 2は背面ディスプレイやLEDリング搭載か。予測レンダリングや実機画像が登場

6日 9時間 ago
中国Vivoが開発中とされる新型スマートフォン「Vivo Nex 2」の予測レンダリングや実機らしき画像が、海外サイトにて掲載されています。これらの情報が正しければ、Vivo Nex 2は背面ディスプレイを搭載した新基軸の端末となりそうです。 まず上は、著名リークアカウントのBen Geskin(@VenyaGeskin1)が投稿した予測レンダリング画像です。前面にフロントカメラを搭載せず、ディスプレイ指紋認証機能を採用することで全画面デザインを実現しているのは、現行モデル「Vivo Nex」と変わりません。 しかし背面に目を向けると、そこには少し小ぶりなサブディスプレイが搭載されています。これは中国Nubiaが10月に発表した「Nubia X」と同じく、背面カメラと背面ディスプレイを組み合わせてのセルフィー撮影を実現し、端末からフロントカメラを排除する工夫のようです。もちろん、背面カメラでの高画質なセルフィーが楽しめるのはいうまでもありません。 一方奇妙なのは、背面のトリプルカメラをまたぐように設置されたLEDのリングです。流出情報によれば、このリングは「Lunar Ring」と呼ばれており、RGBによる多色発光を実現しているとのこと。このような発光機能は「Razer Phone 2」でも採用されており、Vivo Nex 2もゲーミングスマートフォンとしての性格を持つ可能性があります。さらに、Vivo Nex 2では3Dスキャナの搭載によるモデリング機能の搭載も噂されているのです。 Vivo Nex 2は今月中の発表が予測されています。現行モデルとなるVivo Nexはポップアップ式カメラによる全画面デザインを実現しましたが、Vivo Nex 2もそれ以上に"攻めた"端末になりそうです。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」が揃って12月17日から全国のミニストップで利用可能に!!

6日 10時間 ago
ミニストップは、2018年12月17日(月)より、スマホを活用したバーコード決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」の3サービスを、国内のミニストップ2225店舗に(2018年10月末時点での店舗数)に導入すると発表しました。 ミニストップでは、現金決済以外に、クレジットカード、電子マネー、UnionPay(銀聯)カード(クレジットカード・デビットカード)等の決済サービスを既に導入しています。スマホの画面に表示されるバーコードを読み取ることで決済できるサービスを多数導入することで、利便性向上を図ります。ミニストップによると、バーコード決済の導入は、決済時間の短縮にもつながり、店舗オペレーションの負荷軽減にも寄与するとしています。 スマホ決済の導入に合わせて、各サービスが実施するキャンペーンも同時に実施します。 楽天ペイのキャンペーン 「楽天ペイ」は、楽天会員であれば、スマホアプリにクレジットカードを登録することで、支払いができるサービスです。ミニストップでは、スマホの画面に表示されるバーコードを店舗側が読み取る「コード表示」決済を導入します。支払い元となるクレジットカードが「楽天カード」であれば、「楽天ペイ」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯めることが可能で、貯めたポイントは1ポイント1円相当として支払いに使えます。 「楽天ペイ」を初めて利用する人を対象に、キャンペーンにエントリー後、同月内の合計支払い金額が5400円(税込)以上で「楽天スーパーポイント」1000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施中です。 PayPayのキャンペーン 「PayPay」はソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するスマホ決済サービスです。支払い方法は、電子マネー(PayPayまたはYahoo!マネー)、クレジットカードの2種類から選べます。 ミニストップでは、スマホの画面に表示されるバーコードを店舗で読み取る「ストアスキャン」方式を導入。新規登録すると500円相当のPayPayがもらえる点も見逃せません。 ミニストップでは「PayPay」が実施中の「ペイペイで支払ったら20%戻ってくる!100億円あげちゃうキャンペーン」も適用されます。 PayPayでの支払い1回ごとに、最大20%が「PayPayボーナス」としてPayPay残高に還元される内容。上限は1カ月あたり5万円。更に抽選で40回に1回の確率で、支払い額の全額がキャッシュバックされます(最大10万円)。全額還元は、ソフトバンクとY!mobileの利用者は10回に1回、Yahoo!プレミアムの利用者には20回に1回と、確率が上がる特典も用意されます。還元金額が総額100億円に達したときは、キャンペーン期間の途中でも終了します。となるとしています。 実施期間は2018年12月4日(火)~2019年3月31日(日)まで。 LINE Payのキャンペーン 「LINE Pay」は、上記2サービスとは異なり、決済に加え、モバイル送金も可能なサービス。「LINE」アプリにクレジットカードや銀行口座を登録することで使えます。銀行口座からチャージして加盟店での支払いに利用できるほか、銀行口座を登録することで、LINEの友人同士での送金や割り勘も可能です。 「コード支払いで誰でも3.5%以上、最大5%ポイントバック!キャンペーン」を2019年7月31日(水)まで実施中。「LINE Pay」のQR/バーコードで支払うと、通常のポイント還元率(0.5~2%)に「+3%」を上乗せする、ポイント還元率を高める内容です。 スマホ決済サービス競合3社が一斉にコンビニで使えるという衝撃ですが、やはり使えるところが多いと利用者にとっても店舗にとっても嬉しい限りです。 スマホ決済サービス各社はあの手この手でユーザー数を増やす一方で、自分に合った使い方で慎重に選ぶのが難しくなりそうです。
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)

スティーブ・ジョブズのApple Ⅰ手書き仕様書がオークションに出品。落札予想価格は約680万円

6日 10時間 ago
12月5日(現地時間)米ニューヨークで開催されるオークションに、アップル共同創業者スティーブ・ジョブズの手書きメモが出品されることが明らかとなりました。 このメモは、アップル初のコンピュータ製品となったApple Ⅰの仕様書で、顧客への売込みのために書かれたもの。およそ4万ドル(約450万円)から6万ドル(約680万円)で落札されると予想されています。
Kiyoshi Tane

さまざまな広角レンズで秋を撮り比べ

6日 11時間 ago
残暑も厳しい季節が終ったと思ったら、日に日に寒くなってゆき、あっという間に冬の兆しが見えてきました。だんだん過ごしやすい秋が短くなってきているように思うのは気のせいでしょうか? そんな、紅葉など、秋の季節を感じる風景を広角レンズで印象的に撮影しようとチャレンジしました。
Hirotaka Totsu

初代Apple Watchを新型へ買い換えずに怪しいスマートウォッチを買った話:電脳オルタナティヴ

6日 13時間 ago
モノ系ライターのナックル末吉です。さて、筆者は初代Apple Watchを発売日に購入して以来、ずーっと使い続けているのですが、その大きな理由として「これでこと足りているから」に尽きます。時計と通知ぐらいしか使っていない筆者にとっては、毎回新型に買い換えるほどではない、というのが未だに初代Apple Watch使い続けているたった一つの理由です。
ナックル末吉
チェック済
1時間 18 分 ago
Engadget Japanese
Engadget Japanese
Engadget Japanese フィード を購読