Engadget Japanese

サムスン、縦長で巻き取れるロールディスプレイ搭載スマホの特許を出願

1週 ago
韓国サムスンが、巻き取れるディスプレイを搭載したスマートフォンの特許を出願していたことが判明しました。 オランダ語テックサイトのLet' s Go Digitalが発見した今回の特許では、スライド機構を搭載したスマートフォンのアイディアが紹介されています。そして本体上部を引き出すと、背面内部に収納されていたロールディスプレイが引き出され、縦長の大画面が利用できるという仕組みです。 スライド機構によりキーボードやカメラを引き出せるスマートフォンは以前にも存在していましたが、ロールディスプレイが引き出されるというアイディアは極めて珍しいものです。またその実現には、サムスンが大きなシェアを握っている変形可能な有機ELディスプレイの採用が不可欠だと思われます。 なお、同じように変形可能な有機ELディスプレイを搭載したサムスンの「Galaxy Fold」は、レビュワーから多くの不具合が報告された後に回収され、現在でもその発売日が発表されていません。これは、折りたたんだり巻き取ったりするディスプレイを実際の製品に組み込む難しさを示唆しています。 今回の特許は縦折り型のスマートフォンと同じく、つなぎ目のない縦長の大画面ディスプレイを実現する手段としては、なかなか興味深いアイディアです。今は、この技術を実現するディスプレイや保護素材が登場するのを待ちたいものです。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

6月19日のできごとは「Surface 3 発売」「Xperia Z4 Tablet 発売」ほか:今日は何の日?

1週 ago
6月19日のおもなできごと 2014年、アドビがiPad用ペン「Adobe Ink」と定規「Adobe Slide」を発表 2015年、ソニーが「Xperia Z4 Tablet」(Wi-Fi版)を発売 2015年、ソフトバンクが「Surface 3」LTE版を発売 2015年、ファーウェイが「HUAWEI P8lite」を発売 2017年、東京メトロが忘れ物自動通知サービスを開始
今日は何の日?

世界的にGoogleカレンダーがダウン、404エラー表示に。国内での復旧見込みは19日午前2時40分頃【解決】

1週 ago
米国および英国、欧州の広い範囲で、Googleカレンダーが停止しています。日本でも一時サービスが停止していましたが、この記事執筆時点(6月19日午前1時40分、米国東部時間18日午後12時40分)の手元の環境では、復旧しているように見えます。
Munenori Taniguchi

菅官房長官「スマホ本体もいずれ安くなる」、値引き規制に見解

1週 ago
総務省が進める携帯電話料金の規制について、政府の菅官房長官は「端末代金も安くなっていく」という見解を示しました。 6月に成立した改正電気通信事業法では、通信とスマートフォン端末代金を切り離す「分離プラン化」が定められています。その法施行に具体性を持たせる省令の制定作業が総務省主導の有識者会議にて進められています。 総務省が18日、新たな規制案として提示した内容は、現在のスマートフォン販売の仕組みを根幹から変える厳しい規制です。具体的には大手携帯電話事業者などを対象に「スマホ販売時の割引は2万円までとする」「2年契約の解約金を1000円以下とする」「2年契約があるプランと拘束無しのプランの差額は月あたり170円以下とする」といった金額まで踏み込んだ規制案が提示されました。 "端末代の値引きを制限する"という規制を進めれば、当然これまで割引によって廉価に購入できていたスマートフォンの販売価格は上振れします。その懸念について見解を問われた菅官房長官は「端末が高くような感じがするかもしれないが、今日までは通信料から補填をしてきたというのも事実ではないか」と反論。通信サービスと端末のセット販売での割引を禁じる「分離プラン化」によって競争原理が働き、「端末そのものもいずれ、間違いなく安くなっていく」と見通しを示しました。 総務省案は18日時点では、"案の提示"にとどまっていますが、今後そのままの内容で政令として定められれば、大手キャリアは料金プランや販売制度の設計を大幅に見直す必要があります。 一方で大手キャリアには、菅官房長官の「4割値下げ」発言に代表される、政府からの通信料金への値下げ圧力を受け続けています。 通信料金を下げることで利益を制限され、端末代金への割引適用もできないとなると、大手キャリアにとれる方策は「もともと安い(性能が低い)端末を導入する」といったものしか残りません。高機能な端末を求める人にとっては、より負担が大きくなることが予想されます。 また、次世代の通信技術「5G」の導入が2020年に控えていますが、大手キャリアの収益悪化は、5Gの技術投資にも水を差すおそれがあります。 関連記事: 総務省、スマホ契約時の端末値引き「今後2年で根絶」の方針 携帯料金、競争もとめ劇薬投入 スマホ割引『上限2万円』の根拠は ドコモ「おかえしプログラム」に存亡危機(石川温) 違約金1000円から5G、ファーウェイまで 熱狂のドコモ株主総会(石野純也)
石井徹(TORU ISHII)

東京五輪チケット抽選結果発表は6月20日。当選してからの流れを確認しておこう

1週 ago
5月末に終了した東京オリンピックのチケット抽選申込。6月20日に抽選結果の発表がされます。その時になって慌てないよう、あらかじめチケットの購入方法について確認しておきましょう。 まず、当落の通知ですが、6月20日から申し込みを行ったセッション、席種ごとに登録したメールアドレス宛に通知されます。 ただし、抽選の結果は、必ず公式チケット販売サイト内のマイチケットで確認するようにとのこと。当落通知に合わせ、偽サイトへ誘導する詐欺メールの増加が予想されるためです。この詐欺被害を防ぐため、当落メールにはURLは記載されません。URLを含む当落メールが来たら、詐欺メールと考えて良さそうです。 関連記事: 東京五輪チケット詐欺にご用心!当選メールが届いても......URLが書いてあったら全部ニセモノです めでたく当選した場合には、購入手続きに進みます。購入期限は7月2日まで。発表直後は、抽選開始の時のように混雑が予想されるので、少しずらしたほうがいいかもしれません。とはいえ、7月2日までに購入手続きをしないと当選失効となるので注意しましょう。 その購入ですが、複数のセッションに当選した場合、すべての代金を一括で支払う必要があります。一部のセッション分のみの支払いはできないので、注意してください。チケットは、30万円未満であればコンビニでの現金決済も可能、30万円以上の場合はクレジット決済となります。利用できるクレジットカードがVisaカードのみなのも注意したいところです。 ▲チケットだけではなく、会場で利用できるのもVisaのみです。これは、Visaが東京2020大会のオフィシャル決済テクノロジースポンサーのため また、チケット購入時には来場・観戦予定者の名前と連絡先を登録する必要があります。来場予定者は観戦当日まで、購入者のマイチケットから変更が可能なので、とりあえず購入時点では深く考える必要はないかもしれません。ただし、現地で本人確認を行う場合があるとのことなので、当日までに忘れずに正しい来場者を登録する必要があります。 当たらないと思って複数セッション申し込んだら全部当選してしまった、観戦できなくなったなどの場合、オークションなどでチケットを転売したくなりますが、当然ながら転売行為は禁止されています。 2020年春頃に、公式サイトで不要チケットを定価で出品できるリセールサービスが開始される予定なので、それまで待ちましょう。 また、今回の抽選で落選したとしても、2019年秋以降から公式チケット販売サイトでの先着販売が行われるほか、2020年春以降には都内の公式チケット販売所でも直前販売が行われる予定です。非公式な転売チケットでは入場できないので、オークションなどで購入しないようにしてください。 以上、抽選結果の発表から購入手続きまでの流れをざっくり紹介しましたが、詳細は東京2020公式サイトで確認してください。
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

Googleが「渋谷ストリーム」に「Google for Startups Campus」をオープン、日本の起業家を無償で支援

1週 ago
Googleは渋谷駅直結の複合施設「渋谷ストリーム」に「Google for Startups Campus」を年内にオープンすると発表しました。Google for Startups Campusは、スタートアップが必要とするグローバルなサポートおよびツールを提供する施設です。アーリーからグロースステージの企業を対象に無償で様々なサポートを受けることができます。ロンドン、マドリード、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワに続く7つ目の施設となります。 2018年の実績としては1万4000人がプログラムに参加し4500人の雇用を創出して、約8億ドルを資金調達額したそうです。ソウルでは「Campus for Mams」という母親を対象にした企業支援プログラムを展開しており、日本でも女性企業家支援にみ注力するそうです。 ▲1998年にGoogleはガレージでスタートを切りました Google for Startups Campusの取り組みを説明したマイケル・キム氏は「Campusはマネタイズは考えておらず、スタートアップの支援だけが目的のチームです。Googleも、同じくスタートアップとして始まった会社なので社員にこのプログラムのメンタリングをするように奨励しています」とコメント。 ■Google for Startups Campusサイト https://www.campus.co/tokyo/ja/
田沢梓門

Pixel 4に画面調色機能やジェスチャー認識チップ搭載の噂

1週 ago
米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 4」について、ハンドジェスチャー認識や画面の自動調色機能が搭載される可能性が、海外から指摘されています。 まず、グーグルは2015年にレーダーを用いた「Project Soli」と呼ばれるチップを発表しています。これは、スマートフォンやスマートウォッチ、タブレットでハンドジェスチャなどの読み取りを可能にするチップです。 そして海外テックサイトの9to5Googleによれば、このSoliがPixel 4に搭載されるとの情報を入手したと報告しています。同サイトはSoliがどのように利用されるのかは不明だとしながらも、例えばGoogle アシスタントと組み合わせてジェスチャーによる操作を組み込む、などが推測されているようです。 さらに開発者向けサイトのXDAも、Pixel 4にSoliが搭載され、この機能は「Aware」と呼ばれることを報告しています。 そしてXDAは、Pixel 4にiOSデバイスの「Ture Tone」に相当する、自動調色機能が搭載される可能性を指摘しています。 現在ベータ版が配布されているAndroid Qのコードでは、設定アプリにてホワイトバランスの自動調整を変更するためのトグルが発見されています。ただし現時点でこのトグルは動作せず、スマートフォン本体に外部センサーの搭載が必要であることを示唆しています。 このような自動調色機能はiOSデバイスだけでなく、LGやOnePlusのスマートフォンでも独自に導入されており、さまざまな環境下でのディスプレイの視認性を向上させることができます。 Pixelシリーズでは最新のPixel 3に画像処理用の「Pixel Visual Core」チップが搭載されるなど、リファレンス向けというよりも尖った機能の実装が進められています。上記のジェスチャー読み取りや自動調色機能がPixel 4にて登場する可能性も、十分にありそうです。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

フェイスブックのPortal後継デバイスは今秋登場か。名称はRipleyでTV連携も可能に?

1週 ago
米フェイスブックがスマートディスプレイ「Portal」の新モデルを今秋にも公開することが、海外報道により伝えられています。 これは海外テックメディアのThe VergeがRecodeのイベント「CodeCon」において、米フェイスブックのVR/AR部門でヴァイス・プレジデントを務めるAndrew Bosworth氏から伝えられた情報。彼によれば、「我々は今秋の後半により多くを公開する。それらには、新形状のPortalも含まれる」としているのです。 Portalは昨年11月にローンチされたスマートディスプレイで、ディスプレイサイズや本体デザインの異なる「Portal+」も登場。AIアシスタントの「Alexa」を搭載し、ユーザーからのさまざまな問いかけに答えることができます。さらに、本体に搭載したディスプレイではビデオ通過が可能です。 現時点では、次期Portalの詳細は判明していません。しかしTechCrunchによれば、このデバイスは「Ripley」と呼ばれる可能性があるとしています。さらに海外テックメディアのCheddarによれば、Ripleyはテレビセットの上部にカメラを設置し、ビデオチャット機能をバイパスすることができるというのです。 またBosworth氏は、Portalの売り上げについて具体的な数字には言及しなかったものの、「とても良かった」としています。このことから、フェイスブックは後継機種の開発を進めているようです。 フェイスブックといえば、プライバシー関連の問題でここ最近大いに批判されてきました。しかし幸いなことに、Portalでは特に目立ったセキュリティ上の問題は報告されていません。フェイスブックはPortalやその次期モデルで、顧客からの信頼を回復することができるのでしょうか。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

違約金1000円から5G、ファーウェイまで 熱狂のドコモ株主総会(石野純也)

1週 ago
NTTドコモは、6月18日に第28回定時株主総会を開催しました。総会では昨年度の実績に加えて、ドコモの目指す方向性が株主に対して説明されたのち、質疑応答の場が設けられます。誤解を恐れずに言えば、株主総会の意義はそこにあるでしょう。株主からの質問に対して経営陣が直接答える機会はなかなかないからです。 メディアを対象にした記者会見とは違い、予想を大幅に上回る質問が飛び出て、思わぬ回答が聞けるので筆者も毎年欠かさずに足を運んでいます。 今年の株主総会で真っ先に聞かれたのは、同会と同時に総務省が開催していた有識者会議に対するドコモの考えでした。有識者会議では、端末に対する割引の上限を2万円に定める案や、2年契約の解除料を1000円に引き下げる案などが検討されており、この議論をもって省令に落とし込まれることが予定されています。 ■関連記事 総務省、スマホ契約時の端末値引き「今後2年で根絶」の方針 携帯料金、競争もとめ劇薬投入 スマホ割引『上限2万円』の根拠は
石野純也 (Junya Ishino)

米人権団体「自動車のコンピューターは移動(モバイル)機器」、警察のアクセスには要令状と主張

1週 ago
米国自由人権協会(ACLU)が、近年の高度にデジタル化された自動車が保持している運転パフォーマンスに関するデータや電話番号、位置情報履歴といった情報は合衆国憲法修正第4条で保護されており、アクセスするには令状の取得が必要であると主張しています。 これは、ヴィクター・モブリー氏が起こした自動車事故において、警察が令状の取得なしにクルマの操縦履歴を記録したコンピューター通称「ブラックボックス」にアクセスしてデータをダウンロードしたことに関連します。
Munenori Taniguchi

Pixel 4は10月中旬以降に発表? 米キャリア情報が示唆

1週 ago
米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 4」が今年10月の中旬以降に登場するとの情報が、海外から伝えられています。 上は著名リークアカウントのEvan Blassが、米キャリア・ベライゾンのマーケティング向け資料だとして公開した画像です。情報の正確さは不明なものの、そこには10月の中旬〜下旬にかけてPixel 4がローンチされると記載されています。 また画像には、9月下旬に米アップルの次期iPhoneがローンチされ、8月下旬に韓国サムスンのGalaxy Note10が登場することも明記されています。これらのタイミングは過去のリリーススケジュールからも、予測できるものです。 Pixelシリーズでは初代PixelとPixel 2が10月に、そしてPixel 3が11月にリリースされました。また次期モデルのPixel 4については、グーグルが公式アカウントにてその製品名称と、背面のデザインを公開しています。製品発表を数ヶ月後に控えるタイミングで、これらの情報が明かされるのは異例のケースです。 Pixel 4では中国ファーウェイの「Mate 20シリーズ」のように、スクウェア形状のカメラバンプ(飛び出し)が背面に搭載されます。また物理ボタン廃止の噂もありますが、公開デザインを見るに一部の物理ボタンは残るようです。 Pixel 4では業界の最先端をいくカメラシステムや本体デザイン、機能が搭載されるのか、そして今後も情報公開があるのかが注目されます。
塚本直樹(Naoki Tsukamoto)

ドラクエウォークβ感想 ソシャゲのガチャ要素濃いがポケGOとは違う魅力も

1週 ago
スクウェア・エニックスは6月3日に、スマホゲーム「Dragon Quest Walk(ドラゴンクエストウォーク)」を2019年内に配信すると発表。6月11日から、関東圏でiOSとAndroidで各1万名ユーザーを対象としたβ版体験会を実施しました。 ■関連記事 ドラクエの位置ゲー「Dragon Quest Walk」発表、日本中がマップに 「ドラクエGO」ことドラクエウォーク、ベータ版11日より公開 発表時に公開された現実世界とドラクエが交差するイメージビデオを観て、「ポケモンは世代的にピンと来なかったけど、ドラクエは胸熱!」と感動。しかし、「早くプレイしたかったのに、β版体験会に参加できなかった〜〜」という方も多いのでは? Engadgetにも多数のゲーム関連の記事を寄稿している岡安学さんが幸運にもβ版体験会に参加しているようで、スクショをTwitterやInstagramに投稿しています。本記事では岡安さんの動向を紹介しつつ、「Dragon Quest Walk」がどんなゲームなのかを探っていきます。 どんな世界観なの? そういえば最初にキャラメイクができたんですけど、意外とパーツ少なかった。ローンチしたら増えるんですかね? もしかして課金で増えるとか? #DQウォーク #ドラクエ #ドラクエウォーク pic.twitter.com/SnOrfnJkIA - 岡安学「Ingressを一生遊ぶ!」 (@digiyas) 2019年6月12日 いわゆるミッションのようなクエストが用意されているんですが、その目的地を自分で決められるのは斬新。どこでもクエストができますね。#DQウォーク #ドラクエウォーク #ドラクエ pic.twitter.com/FhVrTj86vu - 岡安学「Ingressを一生遊ぶ!」 (@digiyas) 2019年6月12日 クエストをクリアして、仲間が増えました。MMO的なゲームでNPCの仲間っているのかな?戦力増強にはなりますが。#DQウォーク #ドラクエウォーク #ドラクエ pic.twitter.com/kILtO8DYit - 岡安学「Ingressを一生遊ぶ!」 (@digiyas) 2019年6月13日 まずはキャラメイク。男女の選択から髪型、髪色、肌の色などを選択可能。最初に操作できるキャラクターは1人のみですが、ゲームを進めるとNPCの仲間が増えてパーティーが賑やかになります。 武器や防具は「ふくびき」をすることで入手可能。レアリティは5段階あり、β版体験会では最高レアリティの「★5」装備は7.0%で提供されます。ふくびきを回すのに必要な「ふくびき補助券」は、ミッションをクリアしたり、ログインボーナスだったり、何かしらのボーナスで貰えます。岡安さんによるとβ版体験会では10連ふくびきに必要なふくびき補助券100枚は結構簡単にたまったそうです。 ふくびきは「ジェム」でも回すことができます。このジェムはゲームを進行することで貰えますが、購入することもできます。いわゆる課金の石ってことです。 ゲーム運営のキモとなる課金要素なので、正式版の提供率や福引きふくびき補助券の入手難度は正式ローンチ後どれほどの塩梅になるのか気になりますね。 また、工房で武器の強化も可能。レベルをあげると攻撃力が上がるだけでなく、スキルや呪文が使えるようになるそうです。 10連ふくびき動画 #DQウォーク #ドラクエウォーク #ドラクエ pic.twitter.com/EQ7dXrL9kn - 岡安学「Ingressを一生遊ぶ!」 (@digiyas) 2019年6月14日 ▲10連ふくびきの様子。ぴょこぴょこ移動するスライムの様子が超かわいいです
Engadget JP Staff

ファーウェイのスマホ出荷、約40%減少。「米制裁による被害がこれほど深刻とは予想外」

1週 ago
HECTOR RETAMAL via Getty Images ファーウェイCEOの任正非氏は、米政府により米企業との取引を禁止されたことによる影響で、先月だけでスマートフォンの出荷台数が40%減少したことを明らかにしました。また、今年と来年の総売上高が300億ドル(約3兆2600億円)程度減るとの見通しも語られています。
Kiyoshi Tane

ドコモ「おかえしプログラム」に存亡危機(石川温)

1週 ago
「なんでNTTドコモは新料金プランを始めちゃったのかねぇ」 6月18日、総務省による有識者会議が行われた。前回、密室で開催された会議を経て「解除料1000円」「端末割引2万円」がほぼ決定となった。 今秋に改正される電気通信事業法によって、施行日には「端末代金の割引等の禁止」「行き過ぎた期間拘束の是正」が適用されることになる。 ・携帯料金、競争もとめ劇薬投入 スマホ割引『上限2万円』の根拠は ・総務省、スマホ契約時の端末値引き「今後2年で根絶」の方針 ・携帯解約金「1000円」は官邸の横やり? 波乱巻き起こす『結論ありきの有識者会議』 これに頭を抱えることになるのが、NTTドコモとKDDIだ。 この2社は、すでに新料金プランを6月にサービスしたばかり。それらの通信料金は、解除料9500円を想定して設計されたものとなる。これからは解除料1000円が法律で決まってしまったら、新しい料金プランを作り直さなくてはならない。 6月に新料金プラン、10月にさらに新料金プランが出てくるとなっては、ショップやユーザーが混乱するのは間違いない。 そもそも、この混乱のもとは、NTTドコモが4月15日、KDDIが5月13日に新料金プランの記者会見をやったにもかかわらず、あとから急遽、総務省が「解除料1000円」だの「端末割引2万円」と言い出したことが発端だ。 有識者「なぜNTTドコモは新料金プランを始めたのか」 しかし、ある有識者は「なんでNTTドコモは新料金プランを始めちゃったのかねぇ。そもそも、去年の段階で『第1四半期に値下げする』と言っちゃったのが失敗だ。法改正の今年10月まで待てば良かったのに」と吐き捨てた。 去年8月、菅官房長官が「日本の携帯電話料金は高すぎる。4割値下げできる余地がある」という発言で始まった、昨今の値下げ議論。当時、料金プランの改定には消極的であったNTTドコモだが、10月31日の決算会見で突如「2019年度第1四半期に4割値下げプランを発表、提供開始する」と発表してしまった。 しかし、年が明けたころになると、今度は「電気通信事業法を改正する」という話が出てきた。今年2月に筆者のインタビューに答えた吉澤和弘社長は「第1四半期に新しい料金プランを改定するが、法改正の行方によっては、その後、修正する可能性もある」としていたのだ。 結果、4月15日に新料金プランを発表、6月1日からサービス開始となった。官邸の言うことを聞き、優等生的に振る舞った結果、まさかのはしごを外され、修正を余儀なくされるとはNTTドコモも思っていなかっただろう。 しかし、一方で、このNTTドコモの動きに引っ張られて墓穴を掘ったのがKDDIだ。 KDDIの高橋誠社長は、菅官房長官の発言を受けて「我々はすでに分離プランを導入するなど(官邸からの)宿題は終えている」としつつ、「NTTドコモの新料金プランがインパクトのあるものであれば対抗する」としていた。 NTTドコモの新料金プランはヘビーユーザー向けの「ギガホ」、ライトユーザー向けの「ギガライト」という他社の後追いでしかなかったが、NTTドコモの新料金プラン発表の一ヶ月後、KDDIは、データ容量制限のない実質使い放題となる「auデータMAXプラン」を投入して世間をあっと言わせた。 しかし、今回の有識者会議の結果を受けて、KDDIも新・新料金プランを練り直す必要が出てきそうだ。 ギガホやギガライト、auデータMAXプランなど、これまでの料金プランは「2年縛り」を前提にした設計になっている。「解除料9500円なら、安易には辞めないでしょ」という心理的なプレッシャーを与える一方で、割引された料金プランを提供している。 つまり、9500円が1000円になれば「すぐに辞める可能性があるなら、料金プランを値上げする」という理屈が成り立つことになる。 有識者からも「スイッチングコスト(解除料など)を低下させると、将来の設備投資や接続料の算定方法、利用者料金の原価など、色んな所に影響があるのではないか」という指摘があった。 総務省からのプレッシャーもあり「解除料が1000円になるから、通信料金をいまより値上げします」ということにはならないだろうが、10月スタートの解除料1000円を前提にした新・新料金プランをいくらに設定すべきか、両社は頭を悩ますことになりそうだ。 ドコモ「スマホおかえしプログラム」も規制対象に また、端末割引2万円については、総務省から、24回の支払い後「予見される市場端末価格との差額があればその差額は利益の提供に該当する」とあった。 つまり、NTTドコモが6月1日から提供している「スマホおかえしプログラム」も、2年後の市場での買取価格が著しく落ちていれば、2万円以上の利益の提供になってしまうため、規制の対象になることが予想されるのだ。 この点を踏まえて、有識者からは「NTTドコモはスマホおかえしプログラムを辞めざるを得ないのではないか」と指摘があった。 つまり、NTTドコモは、スマホおかえしプログラム自体を「おかえし」することになるかも知れない。 総務省の議論は、結果としてキャリアの料金担当者にとって頭痛のタネとなりそうだ。
石川温

Amazonセール速報6月18日夕版|「Fire HD 8」を2台まとめて買うと5000円OFF #セール #特価

1週 ago
数あるAmazonタイムセールのなかでも、Engadget編集部が気になったアイテムをお届けします。 今回ピックアップしたのは以下の9アイテム。お得に購入できるうちにカートに入れちゃいましょう。スマホでご覧の場合、右側にスクロールします。 【まとめ買いで5,000円OFF】Fire HD 8タブレット 特選タイムセール ¥ 3,984 - ¥ 6,384 【本日限定】4Kアクションカメラがお買い得 特選タイムセール ¥ 3,424 【本日限定】Bluetooth イヤホンがお買い得セール 特選タイムセール ¥ 2,319 - ¥ 2,799 【本日限定】スマートウォッチ 2019 最新版 がお買い得 特選タイムセール ¥ 31,794 - ¥ 35,554 【本日限定】人気の2Kテレビがお買い得 特選タイムセール ¥ 28,800 【本日限定】iRobot 642がお買い得 【6/24まで】音楽聴き放題サービス登録で半額。Echoシリーズ - 詳細はこちら ¥ 3,909 参考価格: ¥ 4,599 (15% OFF) Anker PowerCore 10000 PD(10000mAh PD対応最小... ¥ 2,124 - ¥ 2,464 【改善版】Anker SoundBuds Slim(カナル型 Bluetoothイヤホ... ※本記事のセール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況が変化する場合があります。
Engadgetオトク情報局

Apple TV、tvOS 13 beta 2でピクチャーインピクチャーをサポート

1週 ago
Appleが6月17日(現地時間)にリリースしたtvOS 13 beta 2の中で、ピクチャーインピクチャー機能を追加しています。この機能、6月初めに開催されたWWDCでも言及がなく、まったくのサプライズとなりました。 ピクチャーインピクチャーは、YouTubeなどでも利用できますが、再生中の動画を小さくし、他のコンテンツの上に重ねて表示するマルチタスク機能。動画を再生してから、他のアプリに切り替えたりした場合でも、サムネイル表示で動画を見続けられます。Apple製品としては、iPadにiOS 9で初めて導入されました。 tvOS 13 beta 2のピクチャーインピクチャーを実際に試した人がTwitterなどのその画像を投稿していますが、いまのところ、背面は静止コンテンツ(ホーム画面など)のみの様子。たとえば、iTunesで購入した映画をサムネイル表示しつつ、その後ろでApple TV+のストリーミング再生ができるのかは不明です。 pic.twitter.com/3bmJVQgFaD - Nikolaj Hansen-Turton (@nikolajht) 2019年6月17日 ただ、この機能を実際に試したというTechCrunchによると、動画の上での動画再生は可能なはずとのこと。また、ピクチャーインピクチャーをサポートするのはAppleが提供するコンテンツのみで、NetflixやHuluなどでは利用できないようです。 tvOS 13では、ほかにもXbox OneやPlayStation 4のコントローラーサポートや、マルチユーザーのサポートを追加すると発表済み。リリースは今秋の予定です。 関連記事: 【更新】Apple TV / iPhone / iPadがPS4 / Xbox One Sコントローラに対応。ゲームがさらに身近に #WWDC19
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

携帯料金、競争もとめ劇薬投入 スマホ割引『上限2万円』の根拠は

1週 ago
総務省は、携帯電話販売を巡る制度を検討する有識者会合にて、今後の携帯電話販売の動向を大きく左右する規制案を提案しました。 この提案は6月に成立した改正電気通信法に付随する省令案として出されたもの。スマートフォンなど携帯電話端末の販売にともなう値引きの上限を「2万円」とするほか、2年契約型のプランの解約金を上限を「1000円」に制限するなど、具体的な金額も提示されました。 関連記事: 総務省、スマホ契約時の端末値引き「今後2年で根絶」の方針 ■端末値引き"根絶"目指す総務省 携帯電話の料金制度を検証するこの有識者会合は、これまで15回に渡って開催されていますが、「2万円」や「1000円」という具体的な金額は、前回6月11日に非公開で開催された第14回会合にて初めて提示されたものです。出席した有識者からは、金額設定の根拠を問う意見が続出しました。 改正電気通信事業法では、「通信契約の継続を条件とした端末値引き」が禁止されています。禁止される値引きの具体案として総務省が示したものには「2年契約のプランを選んだ場合のみ端末を安くする」「通信サービスとセットでのみ端末を値引き販売し、単体販売は行わない」といった例も含まれます。こうした販売形態は現在の携帯電話販売の大部分において当てはまります。禁止はかなり踏み込んだ措置と言えるでしょう。 総務省の目的は携帯電話市場を競争市場にするという政策を進めることにあります。会合で配られた説明資料の冒頭では、「基本的な考え方」として、端末割引について「2年を目処に事実上『根絶』する」という強い言葉で方針を示しています。 ■見込み収益「3万円」より"一段階低い"割引上限 携帯電話端末の値引きについて、2年後の"根絶"までの移行措置として「上限2万円」という値引き上限額が提示されました。また、発売から24カ月を過ぎた製品は「在庫端末」として5割(半額)までの値引きを許容。さらに、製造が中止されて24カ月が経過した製品は8割までの値引きを認めるという、携帯キャリアの在庫処分への配慮を盛り込んでいます。 ただし、この「2万円」という金額の算定根拠は不明瞭で、有識者からの指摘が相次ぎました。総務省の試算では、現在キャリアが1人のユーザーにスマホを販売したときに得られる見込み利益について「3万円」と算出しています。 野村総合研究所の北俊一パートナーは「2万円の値引きは、いささか根拠が希薄だ」として、納得できる算定根拠を示すべきと指摘しました。 総務省は「2万円」の値引き上限について「3万円という試算は現在の市場を想定したもの。より厳しい規制によって市場の変革を促したい。2万円は競争市場へと確信するための"一段階下回る"金額として設定した」と説明しました。 また、前回の非公開会合で総務省側提示され、降ってわいたように提起された「解約金上限1000円」案について総務省は「スイッチングコストを低減(他社への乗り換えをしやすく)し、競争市場への抜本的な改革を促すという私たちの意思を示したもの」と説明。その根拠として、ユーザーアンケートで「8割のユーザーが納得する金額」として1000円を提示したとします。そして、2年契約のプランと契約期間無しのプランの料金差についても「月あたり170円」を上限とするよう定めています。 これはつまり、総務省は政策的に「2年縛りを無くしていく」というスタンスを明確にしたということ。「2年契約を実質的に禁止する」という施策にほかなりません。 情報通信政策論の専門家である慶應義塾大学 大学院の黒坂達也特任准教授は「エビデンスに基づいた政策形成が求められる中で、今回の総務省の施策決定のあり方には課題があることを指摘せざるを得ない」と、政策決定プロセスの不透明さを批判しました。 ■「長期ユーザーへの特典」も規制対象に? 総務省はあわせて、「長期ユーザーへの値引き」も規制対象とする方針を示しています。これは大手キャリアなどで実施されているもので、たとえば2年契約の更新時に3000円相当をポイント還元するプログラムなどが存在します。 大手キャリアはこれらのプログラムを長期ユーザーへの還元策として導入していますが、総務省は「2年維持なら9500円還元、といった形になると、転出への抑止策になる」と、キャリアの"逸脱行為"を懸念しました。この規制の是非を巡っては有識者からの意見が別れています。 競争法を専門とする中央大学の西村暢史教授は「還元は消費者にとっても有益なこと」として政策の理念に沿っているかを実体的に判断する必要性を示しました。 慶応大学の黒坂特任准教授は「MNO(大手キャリア)とMVNOの長期割引の内容は明らかに異なる。MNOのみなさんが(還元を)頑張りすぎているところも見受けられる」と長期利用者向け割引に格差があることを指摘しつつ、「MNOとMVNOは、必ずしも同じ市場で競争しているわけではない」として、規制する必要性については疑問を呈しました。これはつまり、「料金が安いからMVNOから選ぶ」「充実したサポートが必要だから大手キャリアを選ぶ」といったように、それぞれのユーザーが必要なサービスを絞りこむなかで、長期割引は必ずしも大きな足止め要因になっているとは言えないという指摘です。 電気通信分野を専門とする弁護士の森亮二氏は、長期ユーザーへの還元について「拘束的効果が行きすぎると良くないというのはその通りだが、"拘束の是正"は究極の目標ではない。"消費者保護"を実現するという目標に沿って判断すべき」と言及。総務省が料金を下げることを要請しながら長期ユーザーへの還元を規制を検討している状態を「アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるようなもの」として批判しました。 関連記事: 携帯解約金「1000円」は官邸の横やり? 波乱巻き起こす『結論ありきの有識者会議』(石川温) 「みんなiPhone」は平成まで? アナタの知らない『分離プラン』後の世界 菅官房長官「スマホ本体もいずれ安くなる」、値引き規制に見解
石井徹(TORU ISHII)

米ドミノピザ、自動運転ロボットカーで無人配達開始へ。オンライン注文、PINコードで受け取り

1週 ago
期間限定メニューの「ニューヨーカー1kgウルトラチーズ」が話題のドミノピザですが、米国では2017年の段階でピザ配達に自動運転車(ドライバー付き)を導入するなどハイテク活用にも熱心な企業です。米ドミノピザは今回、ソフトバンクも出資するNuroの自動運転車R2を使ったデリバリーを行う計画を明らかにしました。
Munenori Taniguchi

Google、Androidユーザーに次世代メッセージサービスRCSを直接提供へ。英仏でまもなく開始

1週 ago
Googleは、SMSやMMSに代わる次世代メッセージサービスRCS(Rich Communication Service)を、キャリアに依存せず自身でコントロールする準備ができたようです。 英国とフランスのAndroidユーザーに対して、6月後半からキャリアに関係なくRCSサービスの提供を開始するとThe Vergeが伝えています。 RCSは、SMSやMMSを大幅に拡張したもので、テキストメッセージのほかファイル転送や動画・音声メッセージの送信などにも対応しているのが特徴です。 通信業界団体のGSMAにより標準化されており、利用するには端末(アプリ)側の対応のほか、通信キャリアがRCSをサポートする必要がありました。2018年初めの発表時点では43キャリアがRCSをサポートしていましたが、現在は世界76キャリアまでに拡大。日本では2018年5月に、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクが「+メッセージ」として提供を開始しています。 関連記事: Android「メッセージ」アプリにiMessage的な「Chat」機能追加へ。RCS対応、世界55キャリアがサポート 速報:LINE対抗のチャットアプリ「+メッセージ」、3キャリアが5月9日配信 iPhone向け「+メッセージ」が公開 3キャリア共通のチャットアプリ 今回、英国とフランスにおいては、Googleが自前でサービスを提供することによって、キャリアに関係なくAndroid端末でRCSが利用可能になります。 ただし、AppleのiMessageのように専用サーバーでiMassageが利用可能なユーザーを管理しているわけではありません。このため、MessaggesからPingを送信し、相手がRCSをサポートしているかどうかを確認する仕組みになるとのこと。また、エンドツーエンドの暗号化にも未対応ですが、メッセージの配信と同時に、Googleのバックエンドサービスからメッセージを削除するとしています。 なお、通信キャリアがRCSをサポートしている場合には、従来通り、そちらに処理を任せます。これは独占禁止法違反などを避けるために処置でしょう。ちなみに、英国ではVodafone、フランスではSFRとFree MobileがRCSに対応済みです。 RCSの普及を促進する意味でも、キャリアがサポートするまではGoogle自身がサービスを行い、キャリアの準備ができたたそちらに任せるのは理にかなっていると言えそうです。 今のところ対応予定が明らかなのは英国とフランスのみですが、Android Messagesの製品管理者Sanaz Ahari氏は「適切なエクスペリエンスを確実に提供するために、少数の市場から開始する」とThe Vergeに答えており、今後、他の国でも展開される可能性はありそうです。 MVNOではRCSが使えないという状態が改善しそうなだけに、日本での展開も期待したいところです。 なお、これらはすべてAndroidでの話。2019年初め、iOSがRCSのサポートを検討しているという噂がありましたが、その続報はありません。 関連記事: iPhoneに「+メッセージ」同等サービス?アップルがiOSにRCS統合を検討中とのうわさ
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
Checked
1時間 12 分 ago
Engadget Japanese
Engadget Japanese
Engadget Japanese フィード を購読