R グラフを画像として保存する

estis2018/02/20 (火) 14:30 に投稿

予め保存したい画像ファイルフォーマットコマンドで、
ファイル名やサイズを指定する。

bmp()
jpeg()
png()
tiff()
が、利用できる。

dev.off()
して、保存される。

 

実例

png("mydata.png", width=800, height=600)
plot(mydata, type = "l", ylim = c(50,200), yaxt = "n")
axis(2, at = c(50, 100, 200, 150), labels = c(50, "☆", 200, 1000))
dev.off()

R plot() の ylim と、axis() の at, labels

estis2018/02/20 (火) 14:17 に投稿

まずは、実例を。

mydata <- c(100,  30,  70,  60, 140)
plot(mydata, type = "l", ylim = c(50,200), yaxt = "n")
axis(2, at = c(50, 100, 200, 150), labels = c(50, "☆", 200, 1000))

としたときのグラフが、これ。

グラフ

plot() の ylim は、グラフの縦軸の範囲。
この場合だと、50以上なので、2番目のデータ「30」が、表示されていない。

axis() の at は、縦軸のどの位置に、ラベルを表示するかの指定。
ylim で指定された値で、縦軸は既に位置づけがされている。

R 文字化け対策

estis2018/02/20 (火) 14:08 に投稿

グラフで、日本語が化ける時の対策。
par() で、family を適切に設定すれば対応できるが、
~/.Rprofile に、「オマジナイ」を記述することでもできると、ネットの情報にあった。

いろいろなサイトの情報を参考に、「オマジナイ」は、以下の内容になった。

2018/01/03-3 LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門 シーズン1-2 後篇

estis2018/01/03 (水) 00:00 に投稿

2017年2月4日(土)
PG12

監督:小池健
原作:モンキー・パンチ
脚本:高橋悠也
音楽:ジェイムス下地
声の出演:栗田貫一/小林清志/浪川大輔/沢城みゆき/山寺宏一/

http://www.lupin-3rd.net/goemon-ishikawa/

石川五ェ門の若き時代が舞台。
ルパンとは、出会って間もない感じ。
修行シーンは、アニメーションならではの描写で、実写だと受け入れられないと思うのは、アニメーションは記号であることを前提にしているのに、実写だと「意識」しないとそう思わないからか。無意識に演出された映像空間であることを刷り込むことが、映画の「ヌケ」には、必要なんだろう。
『LUPIN THE ⅢRD』シリーズの中では、今のところ一番おもしろい。

2018/01/03-1 他人のSEXで生きてる人々 シーズン1-9 ピンク映画AV女優編

estis2018/01/03 (水) 00:00 に投稿

2014年2月9日(日)

出演:天津木村/みづきあかり
ゲスト:大槻ひびき/星野ゆず/早乙女らぶ/加藤ツバキ/菊川麻里

ピンク映画は、アフレコ。キスの音は、自分の指や腕をしゃぶって、出す。

2018/01/02 ラ・モント Saison 1-1 第1話

estis2018/01/02 (火) 00:00 に投稿

LA MANTE
2017年

出演:キャロル・ブーケ/フレッド・テスト/パスカル・ドゥモロン/マノン・アゼム/フレデリック・ベル/エロディー・ナヴァール/ジャック・ウェベール/

https://www.netflix.com/jp/title/80208337

MANTE は、カマキリのこと。
コピーキャットの解決にオリジナルが協力する。但し条件があって、刑事になった息子を捜査に加えろというところが、他の作品と異なるところか。これから、違いがどう出てくるか。

2018/01/01-4 ブレードランナー オリジナル版

estis2018/01/01 (月) 00:00 に投稿

Blade Runner
1982年6月25日(金) アメリカ公開

監督:リドリー・スコット
脚本:ハンプトン・ファンチャー/デヴィッド・ピープルズ
原作:フィリップ・K・ディック
音楽:ヴァンゲリス
出演:ハリソン・フォード/ルトガー・ハウアー/ショーン・ヤング/

1982年7月3日(土)に日本公開されたものとは、異なる。(暴力シーンがカットされているらしい)
『ブレードランナー 2049』公開に合わせ、Hulu で配信された。

今見ると、『エイリアン:コヴェナント』の芽を感じる。

2018/01/01-3 ブレードランナー2049

estis2018/01/01 (月) 00:00 に投稿

Blade Runner 2049
2017年10月27日(金) 日本公開

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ハンプトン・ファンチャー/マイケル・グリーン
撮影:ロジャー・ディーキンス
出演:ライアン・ゴズリング/ハリソン・フォード/アナ・デ・アルマス/シルヴィア・フークス/ロビン・ライト/カーラ・ジュリ/ショーン・ヤング/

http://bladerunnermovie.com/
http://www.bladerunner2049.jp

『ブレードランナー』の続編。
映像は美しく、つまらない映画ではないけれど、物語の終わりは、そうなるところへ収まったという感じ。
続編としてはこれで充分だけど、このテーマを語るには、「それは許されない」と考える側の物語を描く方がいいのだと思う。