WPScan ヘルプ

estis2018/03/17 (土) 11:23 に投稿
$ wpscan -h
_______________________________________________________________
        __          _______   _____                  
        \ \        / /  __ \ / ____|                 
         \ \  /\  / /| |__) | (___   ___  __ _ _ __ ®
          \ \/  \/ / |  ___/ \___ \ / __|/ _` | '_ \ 
           \  /\  /  | |     ____) | (__| (_| | | | |
            \/  \/   |_|    |_____/ \___|\__,_|_| |_|

        WordPress Security Scanner by the WPScan Team 
                       Version 2.9.3
          Sponsored by Sucuri - https://sucuri.net

R グラフを画像として保存する

estis2018/02/20 (火) 14:30 に投稿

予め保存したい画像ファイルフォーマットコマンドで、
ファイル名やサイズを指定する。

bmp()
jpeg()
png()
tiff()
が、利用できる。

dev.off()
して、保存される。

 

実例

png("mydata.png", width=800, height=600)
plot(mydata, type = "l", ylim = c(50,200), yaxt = "n")
axis(2, at = c(50, 100, 200, 150), labels = c(50, "☆", 200, 1000))
dev.off()

R plot() の ylim と、axis() の at, labels

estis2018/02/20 (火) 14:17 に投稿

まずは、実例を。

mydata <- c(100,  30,  70,  60, 140)
plot(mydata, type = "l", ylim = c(50,200), yaxt = "n")
axis(2, at = c(50, 100, 200, 150), labels = c(50, "☆", 200, 1000))

としたときのグラフが、これ。

グラフ

plot() の ylim は、グラフの縦軸の範囲。
この場合だと、50以上なので、2番目のデータ「30」が、表示されていない。

axis() の at は、縦軸のどの位置に、ラベルを表示するかの指定。
ylim で指定された値で、縦軸は既に位置づけがされている。

R 文字化け対策

estis2018/02/20 (火) 14:08 に投稿

グラフで、日本語が化ける時の対策。
par() で、family を適切に設定すれば対応できるが、
~/.Rprofile に、「オマジナイ」を記述することでもできると、ネットの情報にあった。

いろいろなサイトの情報を参考に、「オマジナイ」は、以下の内容になった。