WIRED.jp

日本が失った天才、金子勇の光と影

3ヶ月 1週 ago
とあるソフトウェアエンジニアが42歳という若さでこの世を去り、5年が経とうとしている。31歳でブロックチェーンの先駆けたるP2P技術を実現し、34歳で京都府警に逮捕された。無罪を勝ち取るまでに7年かかり、カムバック後、心臓の病であっという間に天国へ。もしも生前の彼が、いかんなく能力を発揮していたら? あるいは彼がいまも生きていたら…。仮想通貨に一喜一憂する日本のIT業界に、ぽっかり空いた「金子勇」という穴。その大きさを語り告ぐために、若きフォロワーが奮闘している。

ザッカーバーグは「夢追い人を追え」と言った:WIRED ICONが選ぶ「次」の先駆者たち(5)

3ヶ月 1週 ago
『WIRED』US版が1993年に創刊されてから25年。その時代を築いた象徴(ICON)たる先駆者たちは、これからの時代をどんな人々が担うと考えているのか。WIRED ICONが次世代を担う人々を紹介する短期連載の第5弾は、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグが、夢を追う不法移民の若者たちについて語る。

『WIRED』リブート号を語り尽くす! 東京・京都・大阪で発売記念イヴェントを開催 #WIREDreboot

3ヶ月 1週 ago
『WIRED』日本版のリブート号となるVOL.31の発売記念イヴェントを、東京・京都・大阪で開催することが決まった。発売日となる11月13日(火)の銀座 蔦屋書店を皮切りに、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI、京都 岡崎蔦屋書店、梅田 蔦屋書店、代官山 蔦屋書店で、『WIRED』日本版をエンドースする多彩なゲストとトークセッションを繰り広げる。『WIRED』日本版がリブートされるその瞬間を、あなたもぜひ目撃していただきたい。

古い自動車エンジンを分解再生、その早回し動画という魅惑的な世界(動画あり)

3ヶ月 1週 ago
クラシックカーのエンジンを完全分解し、まるで新品のように修理再生する作業の早回し動画が人気だ。汚れた古い機械の塊が完全にバラバラにされ、部品を修理したり交換したりして、磨かれて新品のようになっていく様子が早回しになっている様子は圧巻だ。ついつい次々に観てしまう魅惑的な動画の世界を、まずはご覧あれ。

ジャック・ドーシーが語る、未来の実験的メディア:WIRED ICONが選ぶ「次」の先駆者たち(4)

3ヶ月 1週 ago
『WIRED』US版が1993年に創刊されてから25年。その時代を築いた象徴(ICON)たる先駆者たちは、これからの時代をどんな人々が担うと考えているのか。WIRED ICONが次世代を担う人々を紹介する短期連載の第4弾は、ツイッター共同創業者のジャック・ドーシーが、Twitterを利用した非営利の調査報道団体「プロパブリカ」について語る。

Twitterの出現、それは「アウェアネスの時代」の前触れだった:アフター『WIRED』の25年(4)2008-2013

3ヶ月 1週 ago
雑誌『WIRED』日本版VOL.31が11月13日に発売される。リブート号であり、US版創刊25周年を記念した特大号でもあるVOL.31では、過去25年を5年ずつに区切り、その時代ごとの大きなテーマについての歴代『WIRED』編集メンバーたちのエッセイを掲載。第4回は、Twitterの登場がもたらした社会の変容について、『WIRED』US版のコラムニストが考察する。

「絵を描いて遊んでいる」と言われた。 それでも研究者のプライドがあった。──西田友是

3ヶ月 1週 ago
わたしたちが当たり前のように使っているスマートフォンやゲーム機には、コンピューターグラフィックス(CG)が駆使されている。その表現技法を世界に先駆けて切り開いていったのが、日本人であることをご存知だろうか。1970年、広島大学の学生だった西田友是が、まだ「計算機」と呼ばれていたコンピューターで絵を描き始めてから半世紀。西田は陰口にも権威主義にも負けずに、いかに「ラジオシティ法」に代表される数々のCGの技法を生み出していったのか。

ゲーム開発スタジオが閉鎖されたとき、目を向けるべきは「作品の行方」ではない

3ヶ月 1週 ago
ゲーム開発スタジオが閉鎖されるというニュースを、この1年で何度も目にしてきた。そんなとき、ゲームファンの多くが真っ先に気にするのは作品のことだろう。しかし、開発中のタイトルの行方より目を向けるべきことがある。あなたが愛する作品を支えてきた人々のことだ。

リアリティをリメイクする男:WIRED ICONが選ぶ「次」の先駆者たち(3)

3ヶ月 1週 ago
『WIRED』US版が1993年に創刊されてから25年。その時代を築いた象徴(ICON)たる先駆者たちは、これからの時代をどんな人々が担うと考えているのか。WIRED ICONが次世代を担う人々を紹介する短期連載の第3弾は、ピーター・ティールが出資したOculusやAndurilの創業者であるパーマー・ラッキー。Oculusをフェイスブックに売却後、彼はどんな未来を思い描いているのか。『WIRED』US版編集長のニコラス・トンプソンが訊いた。

US版の副編集長は、そこにティッピングポイントを感じた:アフター『WIRED』の25年(3)2003-2008

3ヶ月 1週 ago
雑誌『WIRED』日本版VOL.31が11月13日に発売される。リブート号であり、US版創刊25周年を記念した特大号でもあるVOL.31では、過去25年を5年ずつに区切り、その時代ごとの大きなテーマについての歴代『WIRED』編集メンバーたちのエッセイを掲載。第3回は、テクノロジーが社会のすべてを飲み込んだ時代の葛藤を、US版副編集長が語る。

米中間選挙後は「反テック」の勢力が活発に? ねじれ現象はシリコンヴァレーに何をもたらすか

3ヶ月 1週 ago
米国の中間選挙は下院の過半数を民主党が確保し、今後2年間はトランプ政権を監視する役割を果たすことになる。だが、上院は共和党が手綱を握る“ねじれ”現象が生じたほか、反テック勢力ともいえる議員の当選も相次いだ。こうした選挙結果は、シリコンヴァレーの未来にどのような影響をもたらすのか?

サムスンの「折り畳み端末」は、スマートフォンの新時代を切り拓く

3ヶ月 1週 ago
サムスン電子が、折り畳みできる有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンのコンセプトモデルを発表した。グーグルが折り畳み画面をAndroidでサポートすることを表明するなど、これを機に同様のコンセプトが広がる可能性も出ている。ベゼルレスやファブレットといった新しい付加価値でスマートフォン市場を切り拓いてきたサムスンは、今度も消費者を引きつけることができるのか。

そこは未来が始まる場所──MINIが「都市特化型」のアクセラレーターで目指すもの

3ヶ月 1週 ago
BMWグループ傘下のMINIが、ヴェンチャーファンドUrban.USと組んで始めたアクセラレーター「URBAN-X」。選出企業10社に技術からビジネス構築、資金まであらゆる面で手厚いサポートを提供するこのプログラムは、全世界から「都市イノヴェイション」を実現させるスタートアップを募っている。彼らはなぜいま「都市」にこだわるのか。その理由を探った。

グーグルの画像認識AIは、専門家にも見えない腫瘍の変異を識別できる:研究結果

3ヶ月 1週 ago
グーグルの画像認識アルゴリズムを応用することで、主要な2種類の肺がんを97パーセントの精度で判別できるようになったという研究結果が発表された。しかも、人間の病理学者では困難だった腫瘍の遺伝子変異まで識別できるようになったという。この結果から見えてきたのは、病理学者が人工知能(AI)と協働する未来だ。

充実するフロントエンドの便利ツール、むしろエンジニアの新たな「悩みの種」に?

3ヶ月 1週 ago
フロントエンドエンジニアはこれまで、仕事に使うプログラミング言語はJavaScriptくらいしかなく、バックエンドエンジニアに比べて使えるツールの選択肢が少なかった。しかし最近、状況が変わり、フロントエンドエンジニアのために開発されたツールが爆発的に増えた。その結果、思いもよらない「仕事」と「悩み」が生じている。

アップルは「マス市場」を捨て、高級ブランドになろうとしている

3ヶ月 1週 ago
この8月に時価総額が1兆ドル(約113兆円)を超えたアップルは、その戦略の軸足を市場シェアの拡大から、ハイエンド製品の展開へと移しつつある。この方向転換は莫大な利益をもたらす可能性が高いが、イノヴェイターではなくなりつつあることは何を意味するのか──。作家で投資家のザカリー・カラベルによる考察。

ブロックチェーンは銀行の味方か、それとも独裁の味方か?:WIRED ICONが選ぶ「次」の先駆者たち(2)

3ヶ月 1週 ago
『WIRED』US版が1993年に創刊されてから25年。その時代を築いた象徴(ICON)たる先駆者たちは、これからの時代をどんな人々が担うと考えているのか。WIRED ICONが次世代を担う人々を紹介する短期連載の第2弾は、金融システムにおける変革の展望について、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長の伊藤穰一が分散型デジタル通貨の研究者であるネーハ・ナルラと語った。

ケヴィン・ケリーが見た、「ボトムの台頭」という時代:アフター『WIRED』の25年(2)1998-2003

3ヶ月 1週 ago
雑誌『WIRED』日本版VOL.31の発売が11月13日に決まった。リブート号であり、US版創刊25周年を記念した特大号でもあるVOL.31では、過去25年を5年ずつに区切り、その時代ごとの大きなテーマについての歴代『WIRED』編集メンバーたちのエッセイを掲載する。第2回は、創刊時のエグゼクティヴエディターであるケヴィン・ケリー。インターネットの急速な浸透によって人々がビットの世界へと大挙して押し寄せた「ボトムの台頭」という時代を、彼はどう見たのか。

ブロックチェーンは電力取引にも使える? エストニアでの実証実験で見えた課題と限界

3ヶ月 1週 ago
ブロックチェーン技術を再生可能エネルギーの取り引きに応用する実証実験が、このほどエストニアで実施された。電力の「トークン化」のような仕組みを通じてクリーンな電力の取り引きを促すのが狙いだが、そこからはブロックチェーンならではの課題と限界も見えてきた。
チェック済
2時間 17 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読