WIRED.jp

通信用の光ファイバー網が、高精度な地震センサーになる

3ヶ月 2週 ago
通信用に敷設された光ファイバーのネットワークを地震の検知に活用できることが、ドイツの研究チームの実験から明らかになった。既存の光ファイバーを利用できる新しい手法は、低コストで高精度、かつ素早い地震警報システムの構築に役立つ可能性がある。

スマートシティのシステムに大量の脆弱性、これをハッカーが乗っ取ればどうなる?

3ヶ月 2週 ago
スマートシティの中枢を支える大手メーカーなどのシステムに多くの脆弱性が潜んでいることが、IBMの調査によって判明した。計17の脆弱性の一部は、数年前からハッカーに知れ渡っていたとされる。ハッキングのリスクが高まるなか、緊急のセキュリティ対策が求められている。

体脂肪が体重を減らす? 新たな減量のメカニズム、米大学の研究チームが発見

3ヶ月 2週 ago
ある種の脂肪を蓄えている人は、人間の体にある分子を活性化させることで体重を減らせるかもしれない──。そんな研究結果を、米ハーヴァード大学の研究チームが発表した。マウスでの実験では、ある物質を与えて脂肪の大幅な減少や肥満や糖尿病指数の上昇を防ぐ効果が確認されたという。果たしてこの研究結果は、わたしたち人間にも適用できるのか?

シリコンヴァレーで加速する「カースト制度」の真実

3ヶ月 2週 ago
多くのスタートアップが集中する米西海岸のサンフランシスコ。テクノロジー産業に従事する人々が多数を占めるこの湾岸都市は、その成長に伴って社会経済のカースト化が進んでいるという。その実態はどれほどのものなのか? そしてサンフランシスコの「外側」にも広がっていくのか──。創業初期のフェイスブックで活躍した起業家で、ベストセラー作家でもあるアントニオ・ガルシア・マルティネスによる考察。

あのカラシニコフがEVや電動バイクを考えると、デザインはこうなる

3ヶ月 2週 ago
自動小銃「AK-47」で有名なロシアのカラシニコフが、電気自動車(EV)のコンセプトモデルを発表した。レトロなデザインの中身は「スーパーカー並み」だというが、果たして実現可能性はあるのか。同時に発表した電動バイクや小型EV、アラブ首長国連邦(UAE)との覚書などを見るに、どうやらカラシニコフは“本気”のようだ。

Nintendo Switch初のポケモンゲームには、楽しい仕掛けが満載だ:『WIRED』 UK版レヴュー

3ヶ月 2週 ago
任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」向けとして初めてのポケモンゲーム「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ」と「ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ」が、2018年11月に発売される。開発版を試してみたところ、新コントローラー「モンスターボール Plus」やスマートフォンゲーム「ポケモンGO」との連携が楽しめそうだ。『WIRED』UK版によるレヴュー。

香港の「屋上」の風変わりな日常風景から、人々の生活のいまが見えてくる

3ヶ月 2週 ago
香港の九龍地区は極めて人口密度が高く、住居となるビルがひしめき合うことで知られている。そんな環境のなかで、人々は活動の場を「屋上」へと移した。犬を散歩させたり、自転車に乗ったり、縄跳びをしたり──。思い思いのやり方で屋上を活用する人々の様子を“覗き見”した写真の数々をから、香港の人々の風変わりな日常が見えてくる。

ヘリコプターは全自動でも飛ばせるか? 難航を極める自律飛行への挑戦

3ヶ月 2週 ago
ジェット機やドローンとは異なり、実はヘリコプターを完全自動で飛ばすためのハードルは多い。操作が極めて複雑で、パイロットは難しい判断を求められる場面が多いからだ。こうした条件下で、メーカーはいかに人工知能を取り込みながら、ヘリコプターの自律飛行を実現させようとしているのか。

Twitterは「健全なコミュニティ」になれるのか? “偽アカウント”大量追放の余波

3ヶ月 2週 ago
Twitterが偽と思われるアカウントの大量削除に取り組むなど、「健全なコミュニティ」の構築に本腰を入れ始めた。アカウントによってフォロワー数が激減し、株価が下落するなど大きな反響があった。こうした取り組みを継続することは、果たしてツイッターにとって吉と出るのか。

人工知能vs.プロゲーマーの闘い、人間が制する──その戦術から見えたAIの「弱点」と可能性

3ヶ月 2週 ago
ゲームのeスポーツ界で最高峰のプロチームvs.世界最高峰のアルゴリズム──。そんな最高峰同士の試合が、ゲーム「Dota 2」の国際大会で行われた。その初戦、ブラジルのプロチームとの試合は52分の闘いの末に人間の勝利に終わった。その敗北からは、ゲームに最適化されたAIであるボットが現時点で抱える大きな課題と、今後のAIの進化の可能性が見えた。

ミニチュアセットが生み出したリアルでシュールな日常風景・15選

3ヶ月 2週 ago
生ゴミ収集箱と合体したアップライトピアノ。プールの底にある新聞販売店。雲の上に浮かぶ地下鉄のプラットフォーム──。一見リアルなのにどれも非現実的な風景の数々は、フランク・クナートがつくり出した精巧なミニチュアだ。こうした彼の作品には、馬鹿げた現実に対処するためのユーモアが満ちている。

『M:I』最新作のトム・クルーズに挑戦!? ヘリコプターの超絶スタント訓練を追体験してみた

3ヶ月 2週 ago
映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』で、主演のトム・クルーズはヘリコプターによる危険なスタントを自らこなしている。記録的なスピードでヘリの免許を取得したという彼は、一体どんな訓練を受けたのか。『WIRED』US版はエアバスのヘリコプター飛行訓練所に潜入し、その訓練を追体験してみた。

出遅れたFaceTimeの代わりに? グループ対応のヴィデオ通話アプリ7選

3ヶ月 2週 ago
アップルの「iOS」の「FaceTime」に搭載される予定だったグループでのヴィデオチャット機能が、先送りされそうだ。年内のアップデートで追加されるようだが、新機能を楽しみにしていた人たちにとっては残念なニュースとなる。では、それまで別のアプリを使ってみるのはどうだろうか? グループでのヴィデオ通話機能をもつメッセージアプリ7本を紹介しよう。

実録:「昆虫食」だけで2週間を過ごしてみた

3ヶ月 2週 ago
いまや有名レストランや球場のメニューにも登場している「食用昆虫」。そうはいっても、虫を食べることに抵抗感をもつ人はまだ多い。そのひとりである『WIRED』US版ライターが、なんと昆虫食だけで2週間を過ごした。昆虫食にトラウマのあった筆者が、2週間で3食すべて昆虫を食べられるようになった理由とは?

米国発の人工肉は、当局の“お墨付き”を得て世界を目指す:インポッシブル・バーガーの挑戦

3ヶ月 2週 ago
完全に植物由来の「肉」でありながらも、味や見た目まで牛肉そっくりと話題の人工肉に、米食品医薬品局(FDA)が「何も懸案はない」として“お墨付き”を与えた。この人工肉を使ったハンバーガー「インポッシブル・バーガー」の販売は拡大し、開発した企業は世界を目指そうとしている。世界中の規制当局との闘いが予想されるなか、「2035年までに獣肉を置き換える」という野望にどこまで近づけるのか。

イーロン・マスクを追い詰めたのは、いったい誰なのか

3ヶ月 2週 ago
テスラのCEOであるイーロン・マスクが迷走している。同社の株式非公開化をほのめかすツイート、そして8月16日付の『ニューヨーク・タイムズ』に掲載されたインタヴューで吐露した心情。賞賛と批判の嵐に耐えられなくなったのか。相次ぐ問題発言によって注目されているマスクは、いったいなぜここまで追い詰められてしまったのか。
チェック済
1時間 17 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読