WIRED.jp

『ブレードランナー2049』の魅惑的な視覚効果は、こうしてつくられた──ホログラムの「彼女」ができるまで

3ヶ月 2週 ago
2018年のアカデミー賞視覚効果部門にもノミネートされた映画『ブレードランナー2049』。その視覚効果のなかでも印象的なのが、ヒロインと位置づけられている「ジョイ」の姿と、2049年のロサンゼルスの退廃的な光景だ。彼女をいかにホログラムに仕立てたのか。未来の街は、いかに描かれたのか──。視覚効果を担当した制作会社、ダブル・ネガティヴの担当者が秘密を明かした。

映画『ブラックパンサー』の世界は「アフリカ×未来」でつくられている──その背景をデザイナーが語った

3ヶ月 2週 ago
全米で大ヒットを記録している映画『ブラックパンサー』の衣装やデザインは、女性ばかりの制作担当者が生み出したものだ。デザインのテーマである「未来のアフリカ」に基づいて、いかに衣装から武器、交通機関、言語などがつくられていったのか。その舞台裏をデザイナーたちが語った。

ネットワークの「中立度」をチェックできるプロジェクト「Wehe」は、FCCの規則撤廃に対抗できるか

3ヶ月 2週 ago
米連邦通信委員会(FCC)による「ネット中立性」に関する規則が、正式に撤廃される日が近づいてきた。こうしたなか、ユーザーの通信が“差別”されていないか、どれだけ「中立」であるかをチェックできるプロジェクトが注目されている。ノースイースタン大学による「Wehe」は、通信事業者の動きをどこまで追いかけることができるのか。

映画『ブレードランナー 2049』の「空飛ぶクルマ」を描いた男──アーティスト・田島光二が語る制作の舞台裏

3ヶ月 2週 ago
荒唐無稽すぎず、リアリティも感じさせ、かつ、見入ってしまう造形……。映画が「未来」を描くとき、センスと想像力を試されるのが空飛ぶクルマの存在だ。映画『ブレードランナー 2049』において、その難題に挑んだ偉才のコンセプトアーティストが田島光二である。空飛ぶクルマ「スピナー」のデザインコンセプトを、彼はいかにつくりあげたのか。舞台裏を訊いた。(雑誌『WIRED』日本版 VOL.30別冊「Future Mobility」より転載)

記憶の世界へ潜り込む奇妙なゲーム『All Our Asias』──瞑想的な「旅」がフィクションの観念を打ち破る

3ヶ月 2週 ago
ゲームクリエイターであるショーン・ハン・タニが発表した『All Our Asias』は、少々奇妙なPCゲームだ。通常は裏側に隠れているはずのつくり手が出てきてゲームについて語りだし、操作画面はゲーム世界への没入をこれでもかと拒んでくる。しかし、こうした奇妙な操作によってハン・タニはふたつの世界を描くことに成功している。

【ネタバレ注意】映画『ブラックパンサー』は、米国社会に新しい「スーパーヒーロー」像をもたらした:『WIRED』US版レヴュー

3ヶ月 2週 ago
日本でも公開された映画『ブラックパンサー』が、米国で爆発的なヒットを記録している。主役であるスーパーヒーローだけでなく、脚本、監督、メインキャストの大半も黒人が務める。新たな「アメリカンヒーロー」はハリウッドが象徴するクリエイティヴ業界と米国にどんな希望を与えるのか。『WIRED』US版による、ネタバレ注意のレヴュー。

ロボットを「完璧」なものにするために、いま何をなすべきか──研究者たちが提唱した「10の課題」

3ヶ月 2週 ago
SF世界の住人だったロボットたちが日常に浸透しつつあり、安全かつ快適に協働するために人と「親密な関係」を築けるロボットの開発が進んでいる。雑誌『Science Robotics』に提示された「10の課題」から見える、人とロボットがともに働く未来予想図とは。

土星の衛星「エンケラドゥス」に生命が存在するなら、日本近海の微生物に似ているかもしれない:研究結果

3ヶ月 2週 ago
土星探査機「カッシーニ」の調査により、生命が存在する可能性を指摘されている土星の衛星・エンケラドゥス。そこに本当に生命体が存在するとしたら、日本近海の深い海に生息する微生物と似ているかもしれない──。そんな研究結果を、ウィーン大学の研究チームが発表した。

F1ドライヴァーの命を守る新しい機構「Halo」──安全と引き換えに見えた多くの「課題」とチームの苦悩

3ヶ月 2週 ago
F1マシンのドライヴァーを事故から守るための安全装置として、新たに義務づけられた機構が「Halo(ハロ)」と呼ばれる金属の柵だ。コックピットを取り囲むように装着されたハロは、安全と引き換えにさまざまな新たな“悩み”をF1チームにもたらしている。

アメリカには、もっと「光ファイバー」が必要だ──来るべき「5G」時代のイノヴェイションと中国の思惑

3ヶ月 2週 ago
圧倒的なスピードで「5Gネットワーク」の構築を進める中国に、後塵を拝している米国。このままでは大容量のインターネット接続を生かした新たなサーヴィスは中国から生まれることになるだろう。今後もイノヴェイションを起こし続けるにはどうすればいいのか──。通信政策の専門家であるハーヴァード大学法科大学院教授のスーザン・クロフォードによる現状考察と提言。

ビーチは誰のもの? テックマネーが狙う砂浜の「独占」と、カリフォルニアのサーフカルチャーとの闘い

3ヶ月 2週 ago
カリフォルニア州にある美しいマーティンズビーチで、砂浜への一般のアクセスを巡る裁判が勃発した。その主役は、サン・マイクロシステムズの共同設立者でヴェンチャーキャピタリストのヴィノッド・コースラだ。ビーチに面した約36億円の豪邸を購入した彼は、果たして人々に使われてきた小道を封鎖する権利を有するのか。テックマネーvs.サーフカルチャーの戦いが始まった。
チェック済
1時間 58 分 ago
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。
WIRED.jp フィード を購読